スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルマギカ「魔法使いの妹」

ひさびさのレンマギは短編集。
タイトルの通り、いつきの義妹・勇花がついに登場♪
夏のお話なので表紙もさわやか系でいいね(笑)


第2部2年生編も次で最終章になるみたいで、その前に一休み?な感じの4編。
と言いつつ、ちょこちょこ伏線はってきてますね(^^;

レンタルマギカ 「魔法使いの妹」(三田誠)

・魔法使いと家庭訪問

みかんの担任が家庭訪問にアストラルを強襲。
猫屋敷がいないので、いつきたちがフォローにどたばたする楽しい展開^^

・魔法使いの告白

いつきの義妹・勇花が襲来!(笑)
いろんな意味で最強な妹です(^^;
勇花の依頼が、意外な展開になっていきます…。
いつきの妖精眼の変化とかも重要な伏線ですね。

・魔法使いの夏休み

いつきの勉強はとりあえず終わったと、穂波が夏休みをとる。
懐かしいキャラが総登場♪
そして、評価のあがったアストラルは各方面の注目をあつめ。
アストラルに変化をもらして行くのか。

・魔法使いと盲目の蛇

妖都の魔法使い後の、オピオンたちのことが描かれます。
次の巻とかへの伏線になってそう。
登場したゲストキャラとかが日本にも来るんでしょうね。


次は冬刊行の長編、2年生編の終わりになるのかな。
その後3年生編まで行くと完結?
それとも大学生編とかつづいたりして(笑)

スポンサーサイト

スレイヤーズすまっしゅ。1『獅子の試練を乗り越えて』

新シリーズ? と思ったら短編集のタイトルが変わっただけ(笑)
アニメの『すまっしゅ』ヒット祈願で変更とか(マテ)

『すぺしゃる』は通巻で30巻にもなったので巻数をリセットしたかったと(^^;
表紙イラストも表紙全面サイズに変更…なんかいつもと違う色使い?
長編のリニュ版イラストで疲れてるんですね(汗)


中身は今までの『すぺしゃる』と同じ感じ、ナーガももちろ出るよ!

▼ スレイヤーズすまっしゅ。1 『獅子の試練を乗り越えて』(神坂一)

表題作にもなってるお話は、試練を受ける男の護衛をリナが頼まれる話。
結婚前に試練を課すという村の慣習。
村人が試練を課すんだけど、この世界らしく本気にあぶない試練(^^;
村最強の7奥様のムダにすごくてくだらないスキルが(笑)

書き下ろしの話にも、7奥様が登場するほどキャラが濃いです(^^;

2編目は、ヅラとヤギの宅急便なお話。
これもゲストのキャラが濃いです(笑)

3つ目はナーガも登場する話。
美味しい銘菓の材料を求めて森に向ったリナたちは、見えない(?)敵の襲撃を受ける。
意外な敵の生態…と言うか、よくそんなこと考えつくかなと(^^;

いまいちナーガ成分が足りないのが物足りない感じ?(ぉ)


月刊から隔月刊行に成り下がった、ドラゴンマガジン(汗)
こっちでもタイトルが『すまっしゅ』にもなってますね。
〆切り2ヶ月だし、今まで前後編分割だったから一挙掲載になってるですよね? きっと(笑)

 

神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン

表紙のトルバス神曲学院の制服を着たコーティがいいですね♪
赤ポリは90%ジャケ買いなのでこれはいい(笑)

前巻から1年ぶりの新刊は、前後編の前編だけで400頁のボリューム。
多ければいいってもんじゃない(^^;
500頁にして1冊に纏めましょうよセンセイ(ぇ)


神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン (榊一郎)

「トルバス・スピリット・フェスタ」が行われることになり。
フォロンは、母校のトルバス神曲学院の生徒と演奏することになります。

学園側はフォロンとコーティがメインで生徒はおまけってつもりでしたが。
フォロンは生徒たちにも神曲のよさを見出して欲しいと思い指導。

でも生徒の中に、精霊を嫌い、精霊を害するために学園に入ったクガノがいた。
クガノの不協和音に他の生徒の苛立ちが募る…。

なんとかフォローしようとするフォロンは人が良すぎですね。

いっぽう、反精霊のテログループが、精霊を強制する奏始曲の楽譜を手にいれテロを画策していた。
その実行犯はクガノの祖父の書いた本に影響を受けていて…。

反精霊の人の理由の記述もあるのですが…正直ぴんときませんね。
クガノは両親の死に精霊が関係しそうですが…そのへんは後編かな。

テロに狙われたフロートにいたフォロンとコーティが事件をとりあえず鎮めるまでで前編は終了。
しかし奏始曲の楽譜がまだあり…と後編につづきます。



詳細に記述してボリュームアップしたんでしょうけど。
なんか冗長すぎな感じで、むしろシェイプした方が良かった感じです。
後編は来月なので、あまり待たないでいいのはいいですけどね(笑)

世界平和は一家団欒のあとに (5)

タイトル長すぎるので略して、セカダン
1巻で終わりだと思ったシリーズも5巻目。世の中油断できません(笑)

サブタイトル『追いかけてマイダーリン』と恥ずかしい(^^;
元お姫様の母が実家に帰ると家出したことが事件の始まり…。


実家って…異世界に??

▼ 『世界平和は一家団欒のあとに5 追いかけてマイダーリン』(橋本和也)
 

続きを読む »

黒乙女

タイトルと表紙で読んじゃいました(笑)
ファンタジア文庫はリニュで表紙絵がカバー全体絵になりました。
タイトル文字も作品ごとに違うようになっていい感じです。

…ただカラー頁は4枚のまま。
ずいぶん、ちっさい『REVOLUTION』ですね(^^;
電撃文庫に巻きかえす日は遠そうです…。

▼ 『黒乙女―シュヴァルツ・メイデン― 黒き森の契約者』 (玖野暮弥)
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。