スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱家族日記 第13話 「千花の憂鬱」

ごきげんよう。お姉さま…(?)
千花は女子高で慕われている…番長として(笑)
生徒が家にこもり出てこないという相談を受ける。
超常現象対策局も動いてるとフツーの引きこもりじゃない?


▼ 第13話 『千花の憂鬱』
事件は千花が通学し始めてから起きたもの。
対策局は千花を捕まえようとするが、ピエール…がってよりサルが助けてくれました(笑)

家族作戦反対派が対策局でも発現力を持ち出しているらしい。

偽の狂乱家族…。
無力でクラスメイトの力にもなれないと落ち込む千花。


「娘」だから助けると凶華。
ってことで、猫さんは、千花を助けに行動開始(^^;
…単に面白いからじゃない?

帝架は、花山副局長と出会う。

休んだ桃草に会いに…むりやり潜入な凶華たち。
なぜか極道屋さんの桃草の家には地下室が。
でもって、桃草は猫ちゃんの姿にに…ぇぇぇ(汗)
 

続きを読む »

スポンサーサイト

狂乱家族日記 第12話 「月曜日に猫を拾う」

雨の日に猫を拾ったら…。
次の朝、ネコミミ娘になっていた(笑)
また展開の読めない番外編来た…(^^;

愉快なフラグ発生に苦悩する平凡な大学生・林道。
…ゲームのしすぎだと思う(汗)


▼ 第12話 『月曜日に猫を拾う』

学校帰ると隣のお姉(兄)さんが料理作って待ってた(笑)
お隣の銀一さん、ネコ娘にお兄さんと呼ぶように教えないように(^^;

なし崩しに猫との暮しが始まりました。
順応早っ!(笑)
しかし猫を追う部隊の登場に、楽しい(?)生活は終わりとなる…。

って、自分は大学生じゃないとカミングアウトする林道。
偽学生だったのね。
それでも認めてくれる教授たちの助けもあって、猫とともに脱出。


車で助けに来る銀一さんカッコイイ!
妖怪を追う部隊から猫は逃げてきたのね。

神聖合衆国から来た猫・ミルカトピ。
病気の母の薬のためにお金がいる。
 

続きを読む »

狂乱家族日記 第11話 「雹霞の初恋」

科学的(?)に復活したDrゲボック。
雹霞を作った一人で、試しに来たらしいけど…。
そんなのどうでもよく、雹霞が出会った少女に恋する話(?)

ゲボックの襲撃にあった時、雹霞は出会った娘さんに恋をする…。

▼ 第11話 『雹霞の初恋』

「ぱちんこ屋」というパン屋を一人で守る娘さん。

我慢してたらいつか元通りになる――。
そう言っていつも励ましてくれた姉ゆいこの帰りを待っているという…。

頭に痛みを感じる雹霞は、娘さんを守らないとと感じる。
ここまででもう先は読めました…

姉のゆいこは、雹霞を殺人兵器にするための最初の犠牲だった…。
その怒りで雹霞は暴走し、Drゲボックたちも一度は倒された。

今度は娘さんを犠牲にしようとするゲボック。
雹霞は、娘さんを守りゲボックを退けるが…。

娘さんに嫌われたと落ち込む雹霞。
「どうすれば許されるの
 僕を許して…  僕を嫌わないで…」

 

続きを読む »

狂乱家族日記 第10話 「無邪気海賊ムジャッキー」

いつかの南の島にきてる凶華たち一家。
その前に脈絡もなく海賊船が(笑)
もう好きなように展開してください(^^;

だれにでも好かれる海賊って…魚を運んできたのね。
もはや海賊でもなんでもない(笑)
番外編なのでいつも以上にフリーダム!!

▼ 第10話 『無邪気海賊ムジャッキー』

海賊の頭領ムジャッキーはちびっ子でした。
…この海賊みんなロリ?(ぇ)

裏切った海賊ドゴーンも登場。
先代の残した宝の地図を渡せと…。
なんかレギュラー無視で話が進行していきます(疲)
これが番外編ってものですか?

凶華が宝の地図をねこばば、泥棒猫はドゴーンに捕まった(^^;
でもって、月香を残して一家は、ムジャッキーの船で猫さんを助けに出発です。
もうここまでで、疲れてきた(笑)

船から足?が生えて加速…この作者の脳はどうなってるのか(^^;
ドゴーンの船を先回り。
 

続きを読む »

狂乱家族日記 第9話 「神と死神の宴」

死神三番を操っていたのは、凶華の妹・オデッサ。
明かされる凶華の正体は…。
てっきりネコミミ族がいるんだと思ってましたが(^^;

喧嘩するほど仲がいい?
反目する死神三番と凶華ですが、危機になれば力をあわせる。
神と死神の宴――。

▼ 第9話 『神と死神の宴』

今回もかなり短縮した感じですね。

凶華は地下帝国の神に祭られていたが、その前の記憶がなく出自を悩んでいた。

実は、凶華は肉体を持たない精神寄生体の魔族の女王。
でも人間になりたくて、罪となっても人となり記憶を無くして放逐って感じでしょうか。

後を継いだ妹のオデッサだったが、姉を超えれず。
そこで姉越えのために凶華を狙った。

オデッサの罠で絶対絶命となった死神三番と凶華。
死を覚悟する死神三番に凶華は体を貸せと言い放つ。
何があっても家族の元に帰ると!

凶華が憑依することで、死神三番は潜在力全開で罠を突破!
でもまたオデッサに憑依されてしまう。
死神三番を殺したくなく戦えない凶華。
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。