スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魍魎の匣 第13話 『魍魎の匣、あるいは人の事』

人を止めてしまえばいいのさ――。
京極堂によって解かれる真実…。
久保を狂気に走らせたものとは――。

年の最後までひっぱった謎もやっとスッキリ答えが。
これで安心して年が越せます(笑)


(第13話)第十三話「魍魎の匣、あるいは人の事」

久保の意識が今この研究所に宿っている!
なぜそんなことに…?

京極堂は順を追って話していきますが…
関口さんがヤンでいってヤヴァイです(汗)
作家だけにあまりにリアクションが良すぎるんですね(^^;


久保は列車で箱に入った加菜子の首を見て美しいと思ってしまった。
それが狂気の原因。

箱を持ち出していたのは、須崎ではなく、雨宮。
雨宮は陽子でなく加菜子を愛していて…。
加菜子を生かしつづけることにも反対だった。


遺産受け取るための証拠以外の腕は、雨宮が受け取り水葬にした…。
相模湖で見つかったバラバラ遺体はこれでした。

で、あの日、持ち出された箱に入った加菜子の頭部を見てしまった雨宮。
すっかり憑かれてしまい、須崎を殺し逃亡…。
そして列車でその箱を久保に見せてしまった。


久保はすっかり箱の少女に魅せられ…。
同じものを作ろうとして…それが連続殺人となった。
頼子と会って、美馬坂のことを知り研究所へ。
望んで久保は自らも実験台に――。

美馬坂の歪んだ実験が起こしてきた一連の事件。
不死の実験を行った美馬坂は病んだ妻を厭い…。
美馬坂の娘の陽子は、父を想い…生まれたのが加菜子。


木場さんショック(汗)

逃走を計った美馬坂と陽子でしたが…。
美馬坂は、匣の魍魎に噛まれ最期を…まさに屍をくらう魍魎。


捕り物はあなたが得意のはずだったのに…。
陽子に手錠をかける木場さんは悲痛ですね。

こうして事件は終わりをつげる…。
加菜子の匣を持ったまま今も雨宮はどこかにいる…。

「京極堂、雨宮は今も幸せなんだろうか?」(関口)

「そりゃそうだろうよ…。
 幸せになることは簡単なんだ、人を止めてしまえばいいのさ――」(京極堂)


関口さんは、それでも雨宮が羨ましいって…ヤンデルよ(^^;


謎もすごいけど、演出が良かったですね。
見てる方もだんだん魍魎に憑かれそうな狂気をはらんだ幻想的な雰囲気が。

今回は公式HPのあらすじにすごく助けられました(笑)
あれがなければ速攻挫けてましたね(^^;
キャラ紹介とかもよくできた公式HP。
作品本体だけでなくサイトにまで気を使った制作に感謝♪


・TB先・

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

魍魎の匣 第12話 『脳髄の事』

木場が美馬坂に引き金を引く直前…関口らは到着。
美馬坂が自分の父親だと陽子は叫ぶ…。
榎木津のパンチで木場も動きを止める。
そして、京極堂が到着する…。
物語を終わらせるものが――。

さぁ、謎解きの時間です(笑)
…予想もできない真相が(^^;


(第12話)第十ニ話「脳髄の事」

増岡たちも集結して京極堂の謎解きが始まる…。

武蔵小金井駅の加菜子を突き落とした犯人は頼子。
加菜子を神聖視していたのに失望したから…。
頼子が犯人だと言った黒ずくめは京極堂本人。
関口の小説を読んだ影響で犯行に…。


そして加菜子の事件について。
加菜子の生命維持には膨大な資金がいる。
それで陽子は柴田の遺産を相続すると言い出し…。

加菜子を誘拐するって脅迫状は、陽子が作った架空のもの。
脅迫状の文字は台本を切ったもの。


遺産の詐取を計画した須崎に丸め込まれ、陽子は加菜子を美馬坂の施設へ…。
美馬坂の生命維持方法…それは人体の代わりを機械で行うもので。
そのサイズは巨大となり、研究所そのもののサイズとまでなった!?


そして…加菜子が消えたあの時。
須崎が加菜子を持ち去っていた…小さな箱に入った脳髄だけになった加菜子を!
…そんな答え誰もわからないから!!(笑)

逃げた久保はどこに行ったのか…。
京極堂はここにいるのだと言い放つ…。

「ここは、久保の中なんだよ――」

とんでもないとこで続きます(笑)
魍魎の匣の最後の蓋を開き、京極堂はどう魍魎を退治するのか…次回解決です。

次回 第13話(最終話)「魍魎の匣、あるいは人の事」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

魍魎の匣 第11話 『魔窟の事』

いよいよ本当の終りとしよう――。
バラバラ連続殺人事件と断定された久保が殺された。
榎木津に質され、京極堂はようやく美馬坂と旧知であったことを明かす…。
戦時中、別件だったが京極堂も陸軍の研究所だった例の箱型の建物にいたと。


あんまり京極堂たちが話さないから、木場さんが暴走。
美馬坂研究所へつっこみます…。
いよいよ最終局面?

(第11話)第十一話「魔窟の事」

魔窟っていうのは、久保の部屋を見た青木刑事の感想。
あんな部屋にいたら気がおかしくなりバラバラ連続殺人をしてしまうだろうと。
そんな部屋の主だから久保が犯人って断定。

木場は旧軍の軍服になり、拳銃を片手に美馬坂研究所へ。
陽子を訪ね彼女が加菜子に代わって巨額な遺産を相続すると知り。
加菜子の治療費のために陽子は相続したようです…。


それで研究所に木場は乗り込むんですが…何か勘違いしたのか理由がいまいちわかりません(^^;
加菜子を生かすために、他の娘たちの臓器を使った…。
研究所に乗り込んだ木場は、美馬坂を問いただす。
美馬坂が否定するのに木場は拳銃を向ける――。

木場の暴走を知った京極堂は、関口や榎木津を急いで向わせる。
自身は車に乗らずに何かするようです。


榎木津は先に陽子を拾っていきます。
陽子を乗せるために京極堂は車に乗らなかったのか?

陽子が話さなかった真相が木場に誤解を与え暴走させたってことかな。
役所も揃い、最終局面へ。


木場って直情の人だったんですね。キレた軍服姿が似合います(ぉ)

事件の真相は…と次回最終回です。
予告の京極堂がやけにカッコイイんですが(笑)


次回 第12話「脳髄の事」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

魍魎の匣 第10話 『鬼の事』

ご心配なく、僕は本物です――。
京極堂は御筥様の道場に乗り込み、教主・寺田兵衛と対決。
次々と寺田の虚偽を暴いていきます。
流石、本物(笑)

バラバラ連続殺人事件の被害者の家庭が、御筥様の帳簿に載っていて。
久保の作品には御筥様の祈祷などに影響がある。
これらから久保が犯人と京極堂は断定。
猟奇的な小説の内容は、想像の産物でなく実際の出来事を日記風にまとめたもの…。


(第10話)第十話「鬼の事」

御筥様の道場に乗り込み、寺田の偽物を暴きたてる京極堂。
道場にある御神体の箱の中の紙…。
あれは祖母が千里眼の実験された時の「魍魎」と書かれた紙。
ここで福来博士の実験との繋がりがわかりました…ただの薀蓄話じゃなかったんだ(笑)


こうして関係なさそうだった話が繋がってくとこが快感ですね!

穢れを受けたものは鬼になる…。
京極堂の脅しに寺田涙目(笑)
そして最後の止めに、本物の御神体の箱の中に、息子・久保の指が入っていると言い当てる。
寺田…完敗。


一昨年、現れた久保に、箱の中の指のことを言われて寺田はいいなりとなり…。
京極堂は、バラバラ連続殺人事件は終結したと言うが。
加菜子の事件の真相は今更暴く必要はないと話を終わらせる。
まだ何かありそうですが?

久保のアトリエに踏み込んだ木下と青木は、襲ってきた久保に逃げられ。
無数の箱が壁を埋め尽くす部屋の内部で、頼子の頭部と体がきれいに収められた箱を見つける。


そして…。
逃げた久保本人もバラバラ死体で発見される!?
事件は再び振り出しに戻る…

最後にまたどんでん返し(笑)
本当の答えはまた別にあったようです(^^;
京極堂が言及したがらなかった事件の真相は?


次回 第11話「魔窟の事」

・TB先・

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

魍魎の匣 第9話 『娘人形の事』

榎木津流探偵術は直感のみで動くこと(ぇ)
君枝が留守で喫茶店に入った榎木津たち。
榎木津はその場にいた久保竣公に、加菜子を知ってるかって尋ねる。
知らないと答える久保だが、写真を見ると動揺…ビンゴ?


榎木津の千里眼って相手の思ってることを読む力かな?
まだ知らないことは読めないから…頼子を止めれず悲劇が…。


(第9話)第九話「娘人形の事」

いつも手袋をしているらしい久保。何本かの指を欠損してる?

久保と別れもう一度、君枝宅に向うと、頼子と出合う。
で前回の会話のシーンに。
頼子が行ってしまい…その後のことを考えると何で止めなかったのか(汗)

いきなり榎木津はドアを蹴破り、家の中へ。
いままさに首吊りしようとしてる君枝を発見。
錯乱してる君枝を言葉巧みに誘導し話を聞き出す榎木津。

榎木津は相手が話したいよう仕向けるのが上手いですね。
君枝は娘を大事に思っていて、それが御筥様なんてものに走らせた。


正気を戻した君枝に、自分たちは御亀様だって名乗る榎木津(笑)
頼子の安全に気をつけろって注意してきますけど…もう遅いよ…。
 

続きを読む »

テーマ : 魍魎の匣 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。