スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄のラインバレル 第24話 「鋼鉄の華」

必要なのは力じゃない。何かしたいって強く思う力なんだ――!
絵美の死をトリガーに、浩一の激情がラインバレルのマキナ殺しを発動させる。
しかし怒りのエグゼキューターもマサキに打ち消される…。
その時、絵美の幻影が浩一を激励する。

「あなたは最低です」
絵美の優しい最低って言葉が浩一を再び奮起させる!

第24話「鋼鉄の華」

正しいクライマックスですね(笑)
浩一意外にもそれぞれ魅せばがあるし。
復活した浩一が敵の群を斬りすてながら突っ込んでくとこは燃えますね。

どこぞのただ特攻してくる敵じゃあね(失笑)

マサキの巨大マキナは一刀両断されるが…。
あちらとこちらの世界が量子レベルで崩壊して混ざり合うという危機が…。

浩一は帰れないのを覚悟で時空のはざまをつぶすと。

「力がないから何もできない。俺はずっとそう思って何もせずに生きてきた。
 けど、必要なのは力じゃない。
 何かしたいって強く思う力なんだ! 
 俺はこの世界を守りたい。ここに住むすべての人たちを守りたい。
 だから、俺は行く! それが俺の正義なんだ!!」


森次さんの指示でファイナルフェイズが実行される。
すべてのDソイルをラインバレルに集めるというもの…。
ファクターの命を賭けたエネルギーが、森次を媒介にラインバレルへ。

世界は救われるたが…ラインバレルはシグナルロスト。
ファクターの反応も消失…。


で、時空のはざまに飲まれたラインバレル。
ラインバレルの最後の力で絵美は復活。

すれ違ったもう1機のラインバレル? 別世界の絵美と浩一かな?
その力があったのか浩一たちは元の次元に帰還です♪


何かわからないけどファクターも復活。
大気圏に落ちる森次さんも山下くんに救われました(笑)

地球に帰還するラインバレルで、ラブラブな絵美と浩一(笑)
最後も、あなた、最低ですvで締め(笑)



ベタベタだけど最後盛りあがったからいいかな(^^;
これで某00の終わりへのハードルはあがりましたね。
と言うかもう超えれない壁?(ぇ) 傾向が違うから比べてもしょうがないけど。

この作品がそれなりの着地点で終われたのは。
主人公が最低だったり、サービスばかりで展開がお馬鹿だったりしたからかな。


某作品は変に真面目な設定で始めたのに、、だんだんルーズな展開になってるんだよね。
最低ですだろうと作品のテーマは最後まで貫かないとね(^^;
スポンサーサイト

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」

本当の正義の味方になってください――。
JUDAと加藤機関、各国の総力をつぎこんだ防衛戦。
しかし向こうの世界からの軍勢は圧倒的…。

マサキはマキナ人間の正体を現しシャングリラが炎に包まれる。
加藤は最後の命令を発しシャングリラで進路を切開く。


「理想の未来を想像し、それを必ず実現せよ!」

第23話 「死に方が決める生き方」

最期の謝罪して逝った加藤に絵美の悲痛な叫び。
フラッグも轟沈、絵美は浩一に救われます。

加藤が命賭け道を切開くが、戦況は絶望的。
しかし浩一はマキナ人間になんかならないと叫ぶ。


「俺は守りたいから守る!それだけだ!」
かっこいいからだそうです(笑)

その意気は良かったですが…。
マサキの攻撃は絵美を…。

「早瀬くん…、本当の正義の味方になってください――」

浩一の咆哮…。ラインバレルが真の姿に覚醒する。


これで敵に突っ込んで「完」って出ても不思議ないラストですね(ぉ)
それじゃ打ち切りエンドですよ(^^;


自己犠牲とお約束のフェスティバル♪
熱い展開は嫌いじゃないですよ。
このまま勢いでラストまで突っ走ってみせてください!

次回 第24話「鋼鉄の華」

・TB先・

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」

とりあえず…社長が一番最低だったと言っておきます(笑)
浩一と対決する森次さんでしたが、まるで浩一の力を引き出すためのよう…。
それもそのはず全ては浩一の、ラインバレルの力を解放するのが目的。
そして加藤機関の目的も別次元からの侵略と戦うための力を作るためだった。


はいはい。どんでん返しです(ぉ)

▼ 第22話 「鬼を喰らうモノ」

世の中には憎まれ役を買ってでる損な生き方を選ぶ者もいますが。
加藤や森次さんがそういう人でしたか。


全ての人間がマキナかされ統一されるもう一つの世界。
加藤は父を手にかけて信用を得てまで侵略の先遣隊となり…。
抵抗する力を生み出すべく加藤機関を作った。
目的のためなら鬼ですね…。悲しい鬼。

社長も加藤の目的を知ってたけど。
あまりに血が流れるからJUDAを作ったと。
で、フラッグの起動には誰かが一つにならないといけないので命を絶った…。
森次さんがその汚れ役を受けたんですね…。


双方納得しかねることが多いけど。
とりあえず世界を守るために、浩一は加藤機関との共闘を選びます。

と言うことで、まさかの共闘で最終決戦へ。
理沙子はフラッグを去り際、しっかり浩一にフラグを(笑)
絵美は父の意思でなく世界を守るってことでしょうか。


戦いの切り札はラインバレルとフラッグ・シャングリラでしょうか。
盛りあがって…きてるんでしょうか?(苦笑)

次回 第23話「死に方が決める生き方」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第21話 「狂気の翼」

やっと森次さんの裏切りの理由が明かされる…。
森次さんのターンなんですけど、ぜんぜん理解できないし。
出番多くても嬉しくもなんとないですが(^^;
声さえ聴ければヤフーな声優ファンでもないですから(苦笑)

いきなり批判的な書き出しになりましたが…。
原作未読でこれですから、原作ファンはどんな感想なんでしょうね。


▼ 第21話 「狂気の翼」

長めのアバンで森次さんと桐山の過去話。
痛みを感じない森次さんは、喧嘩三昧な毎日。
それは神が正義をなすために与えて体だと…歪んだ正義を持っていて。


間違った正義がもたらしたのは、唯一の肉親の姉の死…。
自らも死に瀕した時、出会った加藤に傾倒したってね。

桐山だけは森次さんの味方でいるって誓った。
そんだけしか言及ないので…二人の心の繋がりって希薄な感じしか。


で、空気を明るくするためか謎のギャグ展開Aパート。
ラインバレルモードBで異常がないか浩一は検査を強制され。
美海たちに脱がされると…これサービス? 必要ある展開なんですかね(失笑)

今回のメインとなる森次さんと山下くんの対決。
手紙は単に呼出す手紙でしたと肩透かしもいいとこ。


山下くんは、浩一のラインバレルを誘き出すための餌にされた感じかな。
本気で山下くんを味方にする気だったらどうしよう(笑)

一方、またも出た再生キャラ。
桐山はフラッグを襲撃するが、Dソイル活性率が暴走し自滅。
速水さんの狂気な演技は良かったけどさ。
なんだこれな末路…


森次さんを妄信した桐山と、決別した山下くんの対比ってことでOK?

なんだかなー。
これ、作画とかもダメダメだったら…
あの「ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 」並にどうしようもないトンデモ展開だよ?
大事なとこはきちんと描かないとさ。


ネタ作品と割り切って楽しむのが良策かしら(笑)
もうちょっとフォローしきれない…。

次回 第22話「鬼を喰らうもの」

・TB先・

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

鉄のラインバレル 第20話 「運命の男」

ザ・脇役回かな?(ぉ)
サービス担当以外は影薄い美海の当番回。
そういうキャラって出番来たら死亡フラグですか…果たして?(^^;

美海は事故で両親を亡くした。
何もできず助けられなかったことが悔いとなり。
正義の味方=浩一に憧れてるってとこ。


第20話「運命の男」

前回マサキにマキナを使いこなせていないと言われ。
美海はDソイルが低下…。
ペインキラーは戦力外とされる。

また考えなしの発言をして注意されてる浩一…それでこそかな浩一かな(笑)
美海はそんな浩一をかばって。
暴走ぷりにみんなに引かれ…また来週って何?(^^;


国連に加藤機関の次元侵略を訴えたが信じてもらえず。
逆に国連軍は加藤機関の手伝いましでして双子やジャックがピンチに。
ジャックは味方になって弱くなるとお約束(^^;

助けに向う浩一に、不調の美海も出撃しますが…。
国連軍がいるので全力で戦えず窮地に…。

宗美に加藤の侵略を許すのかと浩一は問うけど。
こんな世界は守る価値もないって宗美。
なんか大事な人を亡くして絶望したのを…とかってちっさい理由。


そして、逆転のために美海はDソイルを暴走させ宗美と自爆しようとする。
えと…脇役同士での対決ですか?(ぉ)
どっちも戦う理由が弱いのでなんとも…。

でも、正義の味方・浩一さまが気合でラインバレル・モードBを発動。
美海を助けて、しょぼい敵役宗美は真っ二つで退場です。


戦いの終わったとこに、起動に成功したフラッグが到着。
社長の天晴れの映像がウザイんですけど(笑)

美海は生き残ってしまいました(笑)
サービス要員として残り話数もがんばってください(^^;


山下くんが森次さん貰った手紙は裏切るような指示かな。

次回 第21話「狂気の翼」

・TB先・

テーマ : 鉄のラインバレル - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。