スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD -クラナド- 第23話 「夏休みの出来事」

ボーナストラックって感じで番外編です。
付き合うことになったけど、今だに手も繋げない渚と朋也。
そこに仲を取り持つべく降臨する白い魔王(違)
ひさびさ登場の芽衣が、渚にアドバイスしてデート作戦!

最後の最後でアフター製作発表!
焦らせすぎです(笑)

▼ 第23話 『夏休みの出来事』

夏休みも補習。
登校中、手を繋ごうとする渚と朋也。
杏がスクーターで邪魔するけど…はじめの頃は、よくひかれてたね(笑)

今だ手も握ってないと訊き春原も呆れる。
そこに、カワイイ子が会いに来たと春原は喜ぶけど。
妹の芽衣でした(笑)

また渚の家に泊まることになり。
翌日は補習休みの渚と朋也いっしょに店番です。

とても美味しそうでした♪
早苗さんのパンにもナイスな感想な芽衣(笑)
なかなかの知恵者のようで…
 

続きを読む »

スポンサーサイト

CLANNAD -クラナド- 第22話 「影二つ」

二人の夢を犠牲にして自分だけ夢を叶えようとしてる…
罪悪感にうちひしがれる渚。
ここで渚がくじけたら、今までのみんなが作りあげたものも無為になる。
朋也が言うが、渚の気持ちは沈んだまま…。

ついに渚の夢見た舞台に。
託された夢は叶うのか――。

▼ 最終回(第22話) 『影二つ』

朋也は、渚を励ますために、露天を見まわるけど途中ではぐれてしまう。
見つけた時、渚は資料室で、秋生の演劇コンクールのビデオを見ていた。

夢である演劇を続けると叫んでいた秋生。
すっかり落ち込んだ渚を朋也は諭すけど。
お前はお前だ。
今のお前にできることをやるしかないだろ…そうだろ?
その言葉でも渚の顔は晴れない。

みんなに励まされ舞台にあがる渚だけど…。
立ち尽くしたまま無言。
朋也はそれでも、渚は大丈夫と信じ続けさせる…。

演劇最高と叫んでいた秋生を思い出し泣きだす渚。
その時、夢を叶えろ! 走り込んできた秋生が叫ぶ。
 

続きを読む »

CLANNAD -クラナド- 第21話 「学園祭に向けて」

演劇の準備が進む中、衝撃の事実が…。
渚って演劇見たことなかったって(^^;

朋也は秋生は、渚の話の絵本を倉庫で探すが見つからず。
代わりに秋生は何かを見つける…それが秋生たちの諦めた夢?
渚に見られたらまずいと思いつつ捨てられない夢の欠片。

▼ 第21回 『学園祭に向けて』

それぞれ役割を分担、衣装は早苗さんが引きうけてくれます。
秋生の見せた演劇のビデオから歌を入れようと渚は思いつく。

自分が好きなようにすればいい。
お前の作った、お前の舞台だから…。
朋也はそう言って渚の背中をおす。

音楽は仁科さんがいいものを見つけてくれる。
ラベルのラメールロア――マザーグースの曲で幻想的。

智代が様子を見に来るけど、メガネ?
視力悪かったのにムリしてたようです
…似合わないから、いやキャラデザ全員目が大きいからメガネのサイズが(ぉ)

渚で良かったと言っていく智代。
朋也が選んだのが渚ならってことで。
 

続きを読む »

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」

世界にたったひとり残された女の子の話――とても哀しい、冬の日の幻想物語。
渚がやりたい話は、やはりあの幻想世界の話。
朋也が物置を調べるのを止める秋生は、渚の忘れた冬の日のことを話す…。

渚ルート一本となりヒロインズは出番が激減(^^;
代わっていい味だしてるのが、秋生と春原(笑)
いい脇役ですね!

▼ 第20回 『秘められた過去』

渚が子供のころ見た話だといい物置を探す朋也たち。
秋生は探してほしくなそうですが…何か見つけて渚に話すなと朋也に釘をさす。

朋也も、渚の話す幻想世界の話に覚えがあるんですが…。
また話して訊かせたのが朋也とかじゃないでしょうね。
都合悪いことはなぜか記憶が無くなる主人公だしね(^^;

「お前にレインボー!!」
早苗さんの作った七色に輝くパン(笑) 何をどうしたらそんなパンが(^^;
秋生でも食べれそうにない色かなと(あせ)

おちゃらけてばかりの秋生ですが、渚を思う気持ちはとても強く…。
朋也に10年前にあったことを話す。渚にはまだ教えられない過去を…。

当時、早苗さんは教師として、秋生も自分の夢が叶いかけて忙しかった。
冬の日、渚が風邪を引くが、熱も引いたので少しの時間置いて行ってしまった。
しかし、渚は二人が留守の間に寒い外にでてしまい命を失いかけた…。
 

続きを読む »

CLANNAD -クラナド- 第19話 「新しい生活」

もうずっと家族じゃない…。
朋也と父親の不仲を心配した渚は、しばらく私の家に来ますか?
距離を置いてみれば関係を見直すかもしれないからと…。

と言うことで朋也は渚の家にやっかいになることに。
朋也は始めて暖かい家庭というものを感じる…。
サブタイの樹の光も5つ目が光って最終章かな?

▼ 第19回 『新しい生活』

演劇部は、生徒会長になった智代の承認で部と認められる。
とても嬉しそうな渚♪
杏たちは、朋也のことはあるけど今まで通り応援してくれてます。
いい子たちだな。

進路のことで担任は朋也の家に行くというが、逃亡するし…。
渚に捕まえられ観念して家に(^^;
でも父親が不在でまたも逃亡…で、またも渚に捕まる(笑)

ずっと朋也と距離を追いてる父親…。
しばらく距離を置けばいいのではと、渚は自分の家に朋也を泊めることに。
さよなら、父さん…もう帰ってきそうにない朋也(^^;

秋生はハーレムがといやそうですが(笑)
渚の家で新しい生活がはじまります。
賑やかな食卓、朝も送り出す言葉かある…。
もうすでに世話女房な渚もいるしと(笑)

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。