スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ C ]  第11話 「CONTROL (未来)」

守りたいものがあって戦ってきた公麿と三國。
同じものなのに見え方が違ってしまったのか…。
今と未来を守るために二人は激突!


▼ [ C ]  第11話 「CONTROL (未来)」  

最後のディール戦描写は鬼気せまるものありましたね!
縦横無尽に飛び回るシーンが気持ちいいです。
ついには公麿と三國が素で殴りあうシーンは線画になっちゃうし。
結局はディールとは情念のぶつかり合いなのですね
。 

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

[ C ]  第10話 「COLLISION (衝突)」

未来がお前なんだよ――。
公麿が守りたかったのは未来そのものである真朱でした。
近くにいる親しいものを守りたい…
至ってシンプルで、でも大事な思考ですね。


▼ [ C ]  第10話 「COLLISION (衝突)」

回避したCはアメリカにより跳ね返され、再び日本へ!
FRBにアントレが居たのね。 北米は金融街でも優秀なアントレが多いでしょうねw
三國は再び輪転機を動かそうとするが…。

続きを読む »

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

[ C ] 第9話 「COLLAPSE (破綻)」

真坂木ぜったい許さない!w
東南アジア金融街が破綻し消滅。
波及するCを防ぐために三國は未来と引き換えにミダス輪転機を動かす。
今を守ることが出来たが、その決済は…!?
 

▼ [ C ] 第9話 「COLLAPSE (破綻)」 

ミダス銀行というシステムは 人の未来を食い尽くすもので。
真坂木はそのための破綻の種子をまく存在といったところですね。
キュウベェみたいな(^^;

続きを読む »

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

[ C ]  第8話 「confidence(信用)」

未来の方が信じられる――!
まったくそれを言えないのが今の日本の現状なのですけどね(^^;
東南アジア金融街の破綻が急速に迫り、三國は〝C〟に備えるよう通達。
今を守るためにもう現実への影響も気にしてられないって…。


▼ [ C ]  第8話 「confidence(信用)」  

すごく急展開ですw 公麿もまわりの現実も急速に悪化。
金融街の破綻は国すらも消滅させてしまうほど深刻。
あのリーマンショックではカリブにあった共和国が海にって…。

続きを読む »

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

[ C ]  第7話 「COMPOSITION (組成)」

今しかない。 今がずっと続けばいいのに――。
三國の過去、ギルドを作るに至った理由。
そしてアセットである真朱の心の変化…。
二つが同じ話で語られたことには意味があるのでしょうね。


▼ [ C ]  第7話 「COMPOSITION (組成)」  

三國には病気の妹・貴子が居ましたが、非情な父は会社のために彼女に手術をさせなかった。
意識不明なる前に貴子が言った胸の内が、三國の金融街への姿勢になった。
明日の命も分らない貴子には今しかない…今がずっと続けばいいのに。
 

続きを読む »

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。