スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

僕達の愛も、僕達の罰もみんな分け合うんだ――。
ピングドラムを巡る運命の輪の物語も終幕に…。
呪われた子供たちは やはり何者にもなれないのか?


▼ 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

見終わった段階では 正直 完全に理解したとは言いがたいです(^^;
分らないけれど それでいいんだという感想(笑)
幾原監督らしい、監督の作家性のでた作品でした♪

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」

すべての個人は箱に入れられた存在でそこから出ることはできない。
それが眞利にとっての世界観。
つまり 世間や周りの人から見て 個々人はどういう存在かと規定されてしまう。
本人が思ってる「自分」でなく 外から見た「あなた」として。
それを「箱」と言ってると理解していいのかな?


▼ 輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」

努力と才能とチャンスを生かして、「自分」を実現させていけた人は成功者ですね。
芸能人、アスリート、芸術家、政治家… 認められた存在になれれば。
そうなれず、世界そのものを変えてしまえという存在も出てくる時がある。
必要ない世界なら壊せばいい、そうまで言い切る亡霊・眞利はそうして生まれたのでしょうか。

続きを読む »

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

輪るピングドラム 第22話 「美しい棺」

陽毬を救うために 眞悧の呪いに従うしかない冠葉。
本当の妹である真砂子は冠葉を止めようとするが…。
陽毬は冠葉にしてもらってきたことを返すために命を賭そうとしていた。


▼ 輪るピングドラム 第22話 「美しい棺」 

眞悧はすでに亡者なんでしょうかね。
望むのは世界の破壊? 関わった子らの破滅なのか。
いまだに眞悧の存在と目的はミステリアス(^^;

続きを読む »

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

輪るピングドラム 第21話 「僕たちが選ぶ運命のドア」

生存戦略、もう引き返せない――。
ついに高倉家の最後となってしまう今回…。
幼い冠葉と晶馬が ミカちゃんハウス風にした家。
陽毬はとても大事にされていたんですね。


▼ 輪るピングドラム 第21話 「僕たちが選ぶ運命のドア」 

高倉家崩壊のきっかけは、かつての事件を追う記者の出現から。
あのペンギンの腕時計って、組織のことを知ってるって意味でしてたのか。
記者も操っていた黒幕がいるってことを指してる気もしますね。

続きを読む »

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」

この世界は選ばれるか選ばれないか――。
それがこの作中世界の歪みのようです。
個人を誰かが傍に居て欲しいって選んでくれるのは嬉しいことですよね。
でも それが 自分(たち)だけは選ばれたとか言い出すと うそ寒くなるのが不思議(苦笑)


▼ 輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」 

剣山たちは優しい世界だかを目指してテロを行ったようですが。
演説シーンを見ると すっごく胡散臭い集団にしか見えないのね。
個々人が自由な世界とかを訴えると正しく見えるけど。
集団になるほどに理想から離れ不純になっていくんでしょうかね…。


続きを読む »

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。