スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳コイル 第26話「ヤサコとイサコ」

サヨナラが言えたよ――。
ひとの心の痛みから生まれた影が、イリーガルだったのか知れない。
さよならできなくて…そんな思いが生み出した存在たち。
それでも子供たちは、明日に歩いていかなくてはいけない。
痛みを感じる方向に出口があるから…。

最終回、最後まで素晴らしいです^^

▼ 第26話(最終回) 『ヤサコとイサコ』

4423はイサコの患者ナンバー。
事故で兄が死んだショックでのイサコを治療するために生みだされた空間4423。
そこに兄の姿をした者4423がいた…それがヤサコの会った相手でした。

イサコは治療が終わって4423の役目も終わり別れるはずだった。
しかし、治療空間に入ってきたヤサコが4423とキスしたのを見た時の嫉妬が、ミチコを生み出した。

幼いヤサコの会った4423を探すイリーガル。
イサコの治療にそちらの空間に入ったままになっていたヤサコの祖父でした。
ヤサコに会ったことで自我を戻し、イサコを現実に送り返した…。

そしてそのまま治療空間は消えるはずだった…。
嫉妬から生まれたミチコによって空間は異質なものに変わり存在しつづけた…。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

電脳コイル 第25話「金沢市はざま交差点」

痛みの先に答えがある――。
金沢市に帰ったヤサコは、はざま交差点からコイルドメインへ。
胸の痛みが指し示す先にイサコがいる…。
イサコと4423、ミチコとの関係――コイルドメインができた理由は。

いよいよラスト2話。ここにきて予想外な事実が…。
4423とは、果たして何者なのか。ヤサコはイサコを連れ戻せるのか。

▼ 第25話 『金沢市はざま交差点』

再会したマユミに、はざま交差点の場所を訊くヤサコでしたが…。
マユミはもうヤサコを友達と思わず教えません。

ミチコを呼び出したと噂されたマユミと距離を取ってしまったヤサコ。
友達に裏切られたとどんなに傷ついたか…
ヤサコが友達の命がかかってると頼んでも、それって本当に友達?とマユミは冷たく言うだけ。
友達のふりをしてるだけと言い捨て、自分で探せばと突き放す。

金沢でのことがヤサコの心の傷になってましたが…
マユミとの関係はもう修復不可能なことでした。
一度は友達を捨て逃げた…だから今度はイサコを取り帰そうとヤサコは必死なのでしょう。

なんとか自力で、はざま交差点を見つけると、ヌルによってヤサコはあっちの世界へ。
ヌルとは元々はコイルスが作った、人を電脳世界に運ぶ乗り物キャリアー。
それが野生となってヌルの暴走が事件を起こしてきた…。
 

続きを読む »

電脳コイル 第24話「メガネを捨てる子供たち」

手で振れられないものは、本物じゃないの――?
イサコがその身を犠牲に異界の扉を閉じ事件は解決したかにみえた。
失われたもの――デンスケの死が本当だと感じれないヤサコ。
事件によって子供たちはメガネを取り上げられてしまう…。

全編にあるのは深い喪失の哀しみ。
その哀しみは、ただのデータなんかじゃなく本物。
子供たちは、痛みを感じる方向に、本物の何かを求め動き出す…。

▼ 第24話 『メガネを捨てる子供たち』

デンスケはヤサコを守り、死んでしまった。
電脳体を無くしたイサコのことは階段から落ちた事故とされた。
メガネをしていたための事故…そのことで子供たちはメガネを取り上げられる。

事故の噂を流したのは猫目たち。
タマコは、表向き協力的な態度を取る猫目をマークし始める。
そしてイサコの眠る4423の病室を見付ける。
イサコの叔父から、イサコと兄が事故に会い、イサコだけが助かったことを聞く。
その治療をしたのが、ヤサコの祖父。兄はやはり死んでいたんですね…。

猫目は父親の名誉のためにしてる行動だと言うけど、どういうことなのか?
カンナはイマーゴを持っていたために、猫目たちの開いた通路の犠牲になった。
それすらただの不幸な事故という猫目。
 

続きを読む »

電脳コイル 第23話「かなえられた願い」

デンスケを助けるためにコイルスの空間を目指すヤサコたち。
猫目はイサコに兄の存在をほのめかし、デンスケをコイルドメインに繋がせようとする…。
向こうへの扉を開くために――。

電脳世界と関わったために起きた数々の悲劇…。
総集編を挟み、ひとつの結末へと物語は展開します。
つらすぎる結末へ…。

▼ 第23話 『かなえられた願い』

ダイチの活躍(?)でデンスケと京子は救出。
ヤサコとイサコにデンスケは回収される。

前回ヤサコに現れた暗号路は、ハラケンを助ける際にキラバグを転送したとき出来たもの。
これによりイサコのように思考と直結して電脳攻撃が可能になった。
反面、物理フォーマットを浴びると危険な状態…。

コイルノードのデンスケを助ける方法は、コイルスの旧い空間コイルドメインにあるらしい。
コイルスがマガマスに買収される時に、イマーゴやイリーガルを封じた場所…。
そこに行くには迷路のような道を進まないと行けない。

イサコに、兄ノブヒコは生きていると猫目は言い。
コイルドメインにデンスケ(コイルノード)をもって行かそうとする。
その目的は向こうへの通路を開かせること。
 

続きを読む »

電脳コイル 総復習

2クールで総集編2回目(^^;
あの完成度を維持するためなら休止もしょうがないかな。
残り4話。見てしまうと終わりなので、楽しみが先にのびたと思いましょう(笑)
今回は1話からのおさらいです…当然30分では、まともな復習になりません。

肝心のここ最近の部分がスルーされてるし。説明欲しい部分なのに(^^;

ヤサコが引っ越してきてコイル探偵局入りしたのが始まり。
8番がヤサコなのであと7人出ると思ってましたが、タマコおばさん入れても全部で4人だけ。
残りメンバーは引退したのか、4年前の事件で消えたとかなのか?
…メガばぁがぼけて番号飛ばした可能性も大きいけど(ぇ

前回まで、イサコ関連の謎は解決されていて。
残るは、デンスケとコイルス社の関係。ヤサコの体にある暗号路…。
4423は何者なのか、あっちの世界が何なのか。

猫目を動かしてるものが何かも不明です。
メガマスと違う意思で動いてるようですが…。

…まだ謎が多いけどあと4話で回収できるのかな(^^;
まだまだ怒涛の展開が待ってそうです(笑)

次回のサブタイ。叶えられたのは誰の願いなのか?
気になる次回へ(笑)

次回 第23話 『かなえられた願い』

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。