スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Myself ; Yourself 第13話 「きずな」

むかしのままのみんなに会えれば――。
甦った火事の夜の記憶…。
菜々香の出生の秘密――それが悲劇となった。
佐菜は菜々香を支え、自分が桜乃杜町に帰ってきた理由を話す…。

…佐菜に贈ると約束した菜々香の曲が完成する。
それまでの話でしたとさ。
ただ淡々と最終回。サプライズも無くほぼ想定通りの結末(笑)

▼ #13(最終回) 『きずな』

菜々香が思い出した火事の記憶。

バイオリンの教師をしてくれた桜庭香。
菜々香の父と母の高校からの友達だったが、菜々香が中学の時、病死してしまう。
死の前に桜庭が、菜々香が自分の娘だと告白したことが悲劇のトリガーとなる。

菜々香は結婚前に身ごもっていてそれを隠し生んだ…。
裏切られたことが許せずに、菜々香の父は妻を手にかけ、家に放火した…。
髪がほどけたシルエットが叔父さんに似てたというミスリード(^^;

ショックの菜々香は、リストカットして自殺を図る。
佐菜がそれを見つけ、菜々香は、一命を取り止める。

佐菜は腕時計を取り、自分のリストカットの傷を見せ、自分も自殺しようとしたことを話す。
転校先でいじめに会い…高校になっても引篭もり。
それで、桜乃杜町に戻れば昔の自分に戻れるのではと帰ってきたことを。
むかしのままのみんなに会えれば――。

続きを読む »

スポンサーサイト

Myself ; Yourself 第12話 「赤い記憶」

菜々香たちを元気つけようと、佐菜は前に行った川にまた行こうと企画。
しかし、麻緒衣は気を効かせて二人だけに行かせる。自分はお姉さんだから…。
それがあんなことになるなんて思いもせずに…(違)

フツーなら主人公が二人きりになれば、ラブラブなイベントなのですが…。
この作品+闇を抱えた菜々香では事件が起きるとしか思えません(あせ)
予想通りの鬱ENDに進んでくのか…。

▼ #12 『赤い記憶』

修輔と朱里がいなくなり、すっかり沈みこんだ日々…。
ムードメーカーで、キャラも立ってた二人がいないとこの作品は辛い…。

麻緒衣が重箱のお弁当を作ったりしても、佐菜・菜々香のダウナーペアはダメですね。
柚希先生も落ち込み、佐菜から逆に頑張ってるご褒美のドリンクを貰ってるし。
先生ルートもフラグ消滅と…

修輔から釣竿が届き、また小槌川に行こうと思い立った佐菜。
麻緒衣も誘われたけど、一番落ち込んでる菜々香のために、佐菜と二人で行かせます。
自分は年上のお姉さんだから…そんな慣れないことしては…。
最後のムードメーカー麻緒衣がいないとどんなことになるか(ぇ)

佐菜は釣りをしても予想通り一匹も釣れず…。
そんなこともあろうかと麻緒衣は、菜々香に二人ぶん、おかずを作ってくよう言ってました。
計画通り(違) 菜々香の作ってきたのは、卵焼きと…クッキー(笑)
それでも菜々香の手作りなら佐菜も喜びます。
 

続きを読む »

Myself ; Yourself 第11話 「告白

ずっといっしょにいてあげる…か――。
キング・オブ・フラグクラッシャーの綽名は伊達じゃない!
あさみが黒いキャラっての予想してましたが…。
そう来るか(笑) 予想の斜め向こう行く展開(^^;
OPみたいな結末は迎えれるのか…どこまで遠回りすれば。

サブタイの告白って巧くつけてると感心(笑)
アイキャッチまで全員鬱モードです(^^;

▼ #11 『告白』

見舞いに来た佐菜に、あさみは思いがけない告白をする。
いや佐菜が好きってのじゃなく、好きだったのは朱里だったことを!

あさみは自分の本性を隠し、いい子のふりしてる自分がイヤだった。
ありのままの朱里に憧れ、告白…。

朱里は断ったが、友達でいようねと言い、それからも普通に接してくれた。
でも、それが自分の気持ちもなかったものにされたみたいだと憎んでしまった…。
それでも友達でいたくて…そう思いだしていた。
あの遊園地での朱里と修輔の深い結びつきを見るまでは…。

初めて見た朱里の顔に、修輔との仲を嫉妬して。
あさみは、二人を陥れる密告の手紙を出し、黒板にあいあい傘の落書きをした。
苦しむ朱里を見てゾクソクした…どS過ぎる(^^;
 

続きを読む »

Myself ; Yourself 第10話 「桜のために」

朱里と修輔、母の命日すら二人だけで墓参りの双子。
二人を中傷する手紙、気晴らしに行った桜の杜総合病院にはヤンデレの老婆が…。
なにこの超展開…。

麻緒衣@金朋さんの出番は冒頭のあらすじのみ!
本編は今までの負の伏線が同時発動な展開(^^;

▼ #10 『桜のために』

議員である父目当て入った後妻。本当にろくでもない人間でした…
そんなのを後妻にする父親も、選挙のことしか頭にない。
朱里と修輔は、お互いだけを頼りにする兄弟になったんでしょう。

二人が母の命日に墓参りに行った翌日、差出人不明で朱里たちを中傷する手紙が届く。
それを真に受けた学校は、朱里たちの家に連絡。
己の選挙しか頭にない父は、修輔を殴るばかり…こんなの議員にするな。。

学校でも噂となり、朱里は気晴らし(?)に、佐菜やあさみと桜の杜総合病院へ。
入院した梶井のおばーさんの見舞なのですが…そのまま退場すれば事件も起きなかったのに(ぇ)

不器用にりんごを剥く朱里がナイフで手に怪我。
ナイフの血を見た佐菜はトラウマ発動(?) 
…身の方が多いりんごの皮見てかと最初思った(^^;
 

続きを読む »

Myself ; Yourself 第9話 「がんばれ! アニメンジャー!」

国語教師とは仮の姿…
その正体はアニメライフの敵・電波将軍!!(違)
若本さんの声にしたいだけで今回シナリオ作ったでしょ?(笑)
ネタ展開以外も重要な伏線もあったのにそれで飛びましたー。

佐菜に謝るのにどーするか考える菜々香。
キャラが違うって(笑) 結局顔を見たらツンなんですが…。

▼ 第9話 『がんばれ! アニメンジャー!』

若本さん演じる国語教師がすでに伏線なのですが(違)
最近出過ぎですよね…。

Aパート何気に重要な菜々香の記憶の断片が…。
火事の記憶には叔父さんの姿が…犯人なのか?
思い出さなくていいと叔父さんが止めるのは、菜々香を庇ってるのか。。

麻緒衣に誘われ、雛子といっしょに佐菜たちは遊園地に行くことに。
そしてどこでもいるのか…星野さん登場(^^; さすがフラグクラッシャー(笑)

それでも、おばけ屋敷では、菜々香とおいしいシチュエーションな佐菜(ぇ)
ツンデレキャラは怖がりなのがデフォですね(笑)

そしてお待ちかね!若本さん登場のヒーローショータイム☆
電波将軍はなぜアニメを敵にするのか(^^;
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。