スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリズム・アーク 第12話「騎士たちの閃光」

最終回もまた…なんたるソードマスター・ハヤウェイ(^^;
いきなり卒業式。
プリーシアの告白する真実。そして脅威の超展開へ…。

なんかゲームのはじめのチュートリアルが終わって本編開始みたいな?(笑)
1話で先にクライマックスの展開を見せたり、凝った作りでちょっと期待したのに。
ざんねんな終わりですね。

▼ EPISODE-12 『騎士たちの閃光(アーク)」(最終回)

卒業の主席・ロイヤルナイトを賭けた戦いはプリーシアの勝利に。
そして卒業式、それぞれの部署に配属される生徒たち。

プリーシアは、ハヤウェイに隠してきた真実を告白。

国王と王妃が行方不明となって混乱する国内を静めるため。
プリーシアは王女の影武者となったキザーロフの娘。
そして次期女王として名乗りをあげないといけない。
そうなれば、ハヤウェイともう恋愛できない。

ハヤウェイは全てを知ってもプリーシアを好きだと告白。
プリーシアを守る騎士となると宣言。

そんな時、暗黒騎士の率いる天使の大軍が攻め込んでくる!
しかけたのは、騎士団に身をやつすジュダス。
その正体は、帝国に天使を与えて戦いのバランスをとっている勢力の一員。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

プリズム・アーク 第11話「騎士たちの演舞」

PPPの称号を巡り、壮絶なバトルが始まる(笑)
ラス2話なのにギャグ展開…この作品らしい(^^;
全編こんな学園ドタバタものにした方がよかったかもしれない…かも。

食べ物狙いで、神楽やブリジットまで参戦。
劇でハヤウェイとキスするためプリーシアもなりふり構いません(あせ)

▼ EPISODE-11 『騎士たちの演舞』

壮絶にして、くだらない戦いの末…。
PPP間近まで迫ったプリーシアとハヤウェイ。
最後に邪魔が入り、何時の間にかちゃっかりプリーシアと入れ替わったフィーリア(笑)

そして劇になるのですが、直前でフィーリアはヒロイン役をプリーシアに譲ります。
眠れる白雪ツンデレ姫となったプリーシア。

王子に会いに城に忍び込み(^^;
衛兵を倒したり、ガラスの靴でなく金のブレストアーマを剥がされたり…
悪い継母に、眠らされてと…カオスな展開(笑)

ハヤウェイ扮する王子の口付けで目覚めるんですけど。
おでこにチューでは観客もプリーシアも納得しません(笑)

プリーシアに気持ちを問われて告白するハヤウェイ。
そしてキス! これで公認カップルになった二人(?)
 

続きを読む »

プリズム・アーク 第10話「騎士たちの剣魂」

騎士試験を前に開かれる学園祭「プリズム・ナイト・パーティー」(PNP)。
PNPで一番輝いている男女(PPP)の称号ゲットに盛りあがる生徒たち。
騎士は絶望組のオルツィとか気合入りまくり(笑)
そしてスタッフは風呂シーンだけ気合い入りまくり…

世の中には先行最終回なるもが流行しているのでしょうか。
この作品も第1話が最終回だったようです(^^;
前回シスターヘルの登場で盛りあがるのかと思ったら、学園祭ネタって。

EPISODE-10 『騎士たちの剣魂(ハート)』

ハヤウェイとプリーシアに進展があるのか訊くアクティたち。
キスしたのかって話しになるけど、『キスなんか』ありえないと否定するハヤウェイ。
それを訊いていたプリーシアは再びツンツンモードへ。

学園祭でのPPPになろうと燃える生徒たち。
景品の食事1年分とかにひかれてる巫女も約1名(笑)

プリーシアが怒ってる理由がわからず、ぽーっとするハヤウェイ。
夜、プリズムの自主訓練をするが怪我で巧くできない。
そこに怪我させたことで謝ろうとプリーシアが来る。

でも素直になれないプリーシア…なぜか決闘するはめに。
それならばと、どっかから出てきたキザーロフ。
PPPを演劇対決でするのでそれで決着をつけよと提案。
 

続きを読む »

プリズム・アーク 第9話「再会する騎士たち」

プリーシアの出会った廃教会に住むテレサ。
3年前に起こった事件の首謀者なのか?
テンペルリッターの華鈴との再会がテレサに漆黒の装束を纏わす…。
サブルム帝国と戦争、国王夫妻の消息、ハヤウェイの出自…。
それらには影から操る何者かの意志が――。

終盤となって一気に謎の解明って展開になってきました。
解説役として前王妃のエコーさん登場。

▼ EPISODE-09 『再会する騎士たち』

キザーロフは前王妃のエコーさんと会う。
なんと帝国に潜入していたってどんな王族ですか(^^;
ましてや皇帝の傍まで行き、油断してるので、あやうく暗殺しかけた☆って(笑)

エコーさんは、帝国との戦いの裏に何者かの邪悪な意志があると気付いていた。
国王マイステルと王妃プリンセアの攫われた青き月事件。
その同じ日に、カプセルで落ちてきたハヤウェイと天使を斬る剣。
帝国に天使を、王国には天使を斬る剣…双方を戦わせるかのように…。

そして3年前に起きた事件。
帝国に孤児を送っていた教会をテンペルリッターが成敗した事件。
その時の主犯がテレサだというが…真相は?
エコーは、キザーロフにテンペルリッター総長ジュダスに気をつけろ警告する…。
 

続きを読む »

プリズム・アーク 第8話「彷徨う騎士たち」

最悪の結果に終わった初陣。
多くのものが傷つきハヤウェイも負傷。
ただ希望もあった――天使を斬ったハヤウェイの剣。
それが王位継承者の証?

ハヤウィは騎士としての命はない…
華鈴教官が冗談で言ったのを誤解したプリーシア。
学園を飛び出し街を彷徨う…。

▼ EPISODE-08 『彷徨う騎士たち』

ぼろぼろなプリーシアはゴロツキに捕まりピンチに。
姫のピンチだといつかの店の客引きが、ヒーローぽく登場!
おおっ強いのか?と思ったら自滅…なんだそれ(笑)

代りに登場のメガネの美人さんが、悪漢を文字通り一蹴!
助けた美人さんは、教会で野菜を育てるテレサさん。

助けられたプリーシアは、食べさせもらったトマトも気に入り畑を手伝います。
しかしプリーシアには上手くトマトが作れない。

トマトは自身で育つ力がある…構いすぎずに適切に世話をするもの。
それは人も同じで強い力ばかりに頼ってはトマトの力にも気付かない…。
プリーシアは逃避のためにしてるだけでトマトのために世話をしていない。
「野菜を愛せない人に、野菜を育てる資格はない」
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。