スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第26話 「約束の空へ」

大切なものを守るために、真っ直ぐ前を見つめるために…
この事件を、悲しみと後悔で終わらせないように…
私達は今、助けに行きます――。

最終回、ひさびさにアバンを引用(笑)
…作品を見終わった人が、悲しみや後悔で終わらないように(^^;
うん。『最終回』はいい最終回でしたね。

▼ 第26話(最終回) 『約束の空へ』

次元航空隊が軌道上に到着。
クロノくん間に合ったー!(出番に)

なのはさんも体力は0で、歩いて脱出しようとするが隔壁が閉じ脱出不能に!
はやてちゃん、ここで何とかできそうですが…。それだとルーキーの活躍とるしね(笑)

フェイトは崩壊を止めようと必死。
残るポッドの中にはルーテシアママたちもいるから…。

ゼスト&レジアスは仲良く遺体を並べられ…

主ゼストを亡くし涙するアギト。
シグナムにどうするか訊かれ、
「あんたは旦那を殺した。 だけど騎士として誇りある最期をくれた。
 旦那はあんたにあたしを託した。 
 だから、あんたと行く!  傍にいて見極めてやる!
 あんたがもし旦那の言葉を裏切るような真似をしたら――」

「その時は、お前が私を焼き殺せ」

ここに真紅のユニゾン、シグナム+アギト誕生!
…ごめん、4つの炎を背中から出してる姿は蚊トンボにしか見えない(笑)
もっとカッコイイ炎にしてあげてください(涙)
 

続きを読む »

スポンサーサイト

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイナル・リミット」

強くなるって約束したから――。

守りたいものを守るために、強くなろとしてきた…。
大事な仲間を、友達を、愛するものを――。
育み守られたものは、次に繋がる絆となっていく…。
そして、いつか約束の空へ――。

セミファイナル。
最後の魔法少女ヴィータの出番がやっときました(^^;
残る敵はクアットロのみ!
なのはは、ヴィヴィオを助けることができるのか…

▼ 第25話 『ファイナル・リミット』

次元航行部隊到着までに、聖王のゆりかごは軌道ポイントに到達してしまう…。
はやてちゃん、ついに突入することを決意!
アルトがリインを連れてくので待ったコールがかかり、ちょっとタイム。

なのははブラスターを使い、ヴィヴィオを拘束し結界に封じるが、次々に破られる。
ブラスターは、術者の限界を超えブーストさせるもの。
使えば使うほど、術者もデバイスも消耗していく。

一撃必殺を撃てる状況でもないなら問題ないと分析するクアットロ。
どんどん使わせて消耗させる気です。

クアットロの中にスカリエッティのコピーがいるので。
元のスカリエッティはもう用無しと、ラボの自爆装置を作動させる。
閉じ込められフェイトちゃんたちもピンチ!
 

続きを読む »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第24話「雷光」

だけど、変われるんだ。きっかけ1つ、想い1つで――。

フェイトの育てた二人――キャロ&エリオ 。
孤独だった子供たちは、同じ寂しさに震える少女に手を差し伸べる。
道具として使われるのでなく、自分で道を選んでと…。

ライトニングのフェイト、キャロ&エリオのターン。
挿入歌『Pray』はいい曲! それだけが今回一番言いたいこと(笑)

▼ 第24話 『雷光』

レジアスは、無力なミッド地上部隊を立てなおしたくて精力的に働いていた。
同僚のゼストもそれには力を貸すことを厭わなかった。

次元犯罪を追う本局に優秀な魔道師や戦力を取られていたこと。
それがレジアスの本局嫌いの原因となった。

しかし最高評議会メンバーと接したことでレジアスは変わってしまった。
信じる正義のために、より強い力を得るためにスカリエッティの研究に手を貸した…。
戦闘機人事件を追うゼストに警告したのも、スカリエッティの関するものだったから。

そして、ゼストと部下のクイントとアルビーノは、戦闘機人との戦闘で命を失うことに…。
チンクとの戦いでゼストは戦死。チンクの目はゼストがつぶしたようす。

その後、ゼストとアルビーノとその娘ルーテシアは人造魔道師素体にされ、
スバルたちの母クイントの死…これが事件の真相。
 

続きを読む »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第23話「Stars Strike」

なのは指揮の機動6課スターズ。
分断され、それぞれ孤独な戦いを強いられる…。
ティアナとスバルは、諦めず立ち上がる。
積み重ねてきた時間を、信じた未来を…
夢のままで終わらせないために――。

スターズがメインとなる今回…あれ? ヴィータはまた除け者ですか…

▼ 第23話 『Stars Strike』

ヴィヴィオに一直線に突き進む暴走なのはママ!
ディエチは、なのはをヴィヴィオの母と思うけど命令には逆らえず迎撃しようとする…

「ブラスターシステム:リミット1、リリース!!
 ブラスト・シューートっっ!!」
容赦なく問答無用ななのはの魔法にあっさり敗北。

「…こいつ本当に人間か?」
魔王ですから(笑)
いいキャラぽかったディエチはなのはに捕捉されて退場おつ…。

玉座の間に到着したなのはに、クアットロは各地の様子を見せたり余裕ぷり。
仲間がたいへん…確かにどこも作画崩壊で終わってる(違)

怒ったなのはさんは、クアットロを攻撃するけど、それは幻。
陰険なクアットロらしく、さらになのはを兆発。
 

続きを読む »

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第22話「Pain to Pain」

どう生きるか、どう戦うか選ぶのはお前だ――。

立向かう痛み、立向かえない痛み――消せない過去とそれぞれの傷跡。
倒れた戦士は再び立ちあがり、過去と向きあうため戦場に戻る…。

ヴィータぴんちの気になるとこで終わった前回。
つづきは完全にスルーですか(^^;
退場していたヴァイス&ザフィーラに復帰の予感。
フェイトにも危機が迫ります――。

▼ 第22話「Pain to Pain」

同じナンバーズでも考え方にずれがあるようで。
小さいヴィヴィオすら利用するのに疑問なディエチ。
それでも仲間のために命令されたことはする…

クアットロは、ディエチの考えを侮蔑する。
命なんて利用するだけのものと考えていて、まさしくスカリエッティの後継者ですね…。

入院してたヴァイス&ザフィーラ。
6課襲撃から1週間ぶりに起きたヴァイスを、眼帯の少女が見舞いにくる。
ヴァイスがミスして目に傷を負わせた妹のラグナ。
もう眼帯もとれ、傷も消えたからと兄を励まします。

ラグナが避難してヴァイスは、ザフィーラに妹を傷つけたことで弱音を吐く。
「いまだに向き合えてねぇからまたしくじって…
 なんにも吹っ切れてねぇから、オレはまだラグナの目を見れねぇ…。
 あいつを…ストームレイダーを手に取れねぇ」

「どう生きるか、どう戦うか選ぶのはお前だ」
アルトに言われて残っていたザフィーラは、ヴァイスが起きたのでもう行くと立ちあがる…
「やらねばならぬことがある」と告げ、傷だらけの体で戦場へ。
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。