スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこん 第12話 「ついにしちゃう?」

ぎりぎりに挑戦してきたこの作品もついに最終回です。
最後まで…いつも通りでした(笑)

海水浴でしそこねた告白への返事を耕太はどうするのか…。
あかねを助けたことで、たゆらは、あかねとのデートにこぎ付ける。
寸止めラブコメの結末は…?


▼ 第12話 『ついにしちゃう?』

あかねが選んだデートは美術展巡り。
いや委員長らしいね(笑)
絵画の勉強までして涙ぐましい努力のたゆら。
ちずるの弟だけにLOVEへの努力は惜しまないと(笑)

そんなたゆらを見つつ、なかなか返事を返してくれない耕太にちずるは苛立つ。
焦らしプレイじゃないと思うよ(^^;

耕太も返事をしようとするけど…晩生だしなかなか言い出せない。
告白しようとしても、チャンスをことごとく逸します。

原作の話を何か飛ばした?
双子はちずるをママと慕うようになってるし(^^;
何があったのか気になる(笑)

なかなか言ってくれない耕太に、ちずるも押してだめなら待ってみる。
それでもダメでもう待ってられないと…。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

かのこん 第11話 「もう濡れちゃう?」

意外にもなかった水着回(笑)
妖怪のための常夏のリゾート地に来たちずるたち…。
こんな孤島に海の家が!?
と思ったら玉の湯の玉藻さんの店でした(笑)

海で水着でってことで予想の範囲の展開かな(^^;

▼ 第11話 『もう濡れちゃう?』

誰も来ない島なので、更衣室もなく。
岩の向こうで着替えるちずるたち…。

って、望の水着ってバンソウコだけ!?(汗)
ツルペタだからできる荒業だけど、そりゃ不許可です(^^;

幸い玉藻さんの開く海の家『玉の屋』があったので。
望も水着ゲットです。

海の家の料理は微妙な味…とムダに再現してる玉藻さん(^^;
お気に入りの耕太にラーメンを食べさせてとえちぃです(笑)

泳ぐ前には、日焼け止めを塗るのは当然。
お約束で耕太に濡らせるちずるですが…。
望がサンオイルをまいて3人でぬりぬりプレイ(^^;
もう、あかねも呆れ気味。
 

続きを読む »

かのこん 第10話 「遠慮しちゃう?」

失われたちずるの胸復活のために世界をめぐり食材集めに奔走するたゆら。
いっぽう耕太も、復活のためのクルセイダーな献身を?(違)
その姿に蓮と藍は、ちずるは凶悪な妖怪じゃないんじゃと思い出す…。

クルセイダー(十字軍)も名称をこんなのに使われ泣きそうですね(^^;

▼ 第10話 『遠慮しちゃう?』

命かけでたゆらの集めた食材も、耕太の献身行為…なの?も効果なく。
とりあえず、元気をだすため、ちずるの奢りでファミレスに行くことに。

望に見つかって蓮と藍もいっしょにファミレス。
いつもパンの耳の双子だから、ただのファミレスメニューでも感激です(^^;

奢ってもらった蓮と藍は、ちずるは悪い妖怪でないと判断…それでいいのかな(笑)
美乃里にちずるの討伐任務を断り行く。
でも美乃里は、もう用済みと双子をお払い箱に…ひどい扱い(汗)

美乃里は、前回解放していた魔物の群れを薫風高校に侵攻させる。
結界をはって人間は眠らせ、防衛戦を行う妖怪な生徒たち…こんなにいたんだ(笑)
ちずると耕太は、そんなの関係無くあいかわらず何してるのか…。

美乃里の側近ぬえが攻撃に加わり耕太を狙う。
胸とともに妖狐の力も無くしてるちずるでは、 耕太を守れない…。
 

続きを読む »

かのこん 第9話 「感じすぎちゃう?」

パンが無ければケーキを食べれば…。
そっちにふりますか(^^;

謎だった貧乏双子がついに動く回なのですけど。
そんなのどうでもよくなるような展開に…。
もう普通にCS放送してもいいのかってレベルです(汗)

▼ 第9話 『感じすぎちゃう?』

膝枕ならぬ胸枕って(^^;
なんだかんだ言いつつも、言いなりな耕太。
ホントにどんどんダメになってく…

耕太を兄と呼ぶ謎の少女・三珠 美乃里。
ちずるから耕太を取り戻すと動き出す…。

サバイバルな暮しぶりの謎だった双子、蓮と藍。
その正体は、妖怪ハンター? どっちかというとドジっこ忍者な気が(ぇ)

美乃里から、ちずるが九尾の大妖狐の娘と教えられ。
退治を依頼された双子ちゃん。
依頼料の大金見ても、パンの耳に換算って悲しい生活(^^;

引きうけたけど、ドジっ子属性で自爆で失敗。
で、美乃里から渡された薬をちずるに飲ませると…。
ちずるが、つるぺたに(汗)
 

続きを読む »

かのこん 第8話 「一緒に入っちゃう?」

とうとうネット配信中止になったこの作品。
前回のがヤバかったせいでしょうね…話題となったし計画通り(?)

ちずると耕太が試練に受かって実家に報告ってことなんですけど。
山奥の秘湯「玉の湯」がちずるの実家。
そこの女将がちずるの母親・玉藻さん。
名前の通り有名な九尾の狐の大妖怪なんだけど(^^;

▼ 第8話 『一緒に入っちゃう?』

なぜか、いつものメンバーもついて来てますけど(笑)
玉藻は、さすがにちずるの母…スタイルがいいってか何歳なの?

ナイスバディで、耕太に背中流すと迫る玉藻。
やっぱり親子です(^^;
結界を張ってしようとするのに、ちずるが破って止めに入ると(笑)

いっぽう、たゆらは、あかね目当てに女湯を見に崖を登ってまで(^^;
でも別の露天でしたってオチで残念賞(笑)

似た親子みたいですが、ちずるもたゆらも玉藻の本当の子供ではないそうです。
縁あって400年前に引き取ったそうですけど。どんな理由なんでしょうね。

玉藻は、どんなつもりか、ホレ薬の九尾湯(くびとう)を耕太たちに飲ませ。
耕太は初めに見た望にホレてしまう(笑)
ちずるを放って二人きりになろうとするのを、ちずるが追いまわすと(^^;
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。