スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第27話「天の光はすべて星」

シモンの物語、ここに完結。
ずっとナレで繰り返し語られたようにこれはシモンの生き様の物語でした。
無理をぶっ飛ばし、天を突くドリルを持った男の戦いの…。

見事な最終回でした! 完全燃焼&完全決着。
とことんまで熱く燃えて、やがて静かなエピローグ。

▼ 第27話(最終話)『天の光はすべて星』

囚われたニアを救出したシモン! 
グレン団メンバーも出現し、アンチスパイラルに最終宣戦!

シモンだけでなく、ヨーコもニアやヴィラルまで変化し一つになる…
そして完成する銀河を超えるサイズの究極のグレンラガン――天元突破グレンラガン!!
これがOPに出てた最後のグレンラガン(笑)
認識がすべての多元宇宙なので、ロージェノムも肉体を得て一人の戦士としてともに戦う。

アンチスパイラルは同様の姿となり、グレンラガンと対決。
どちらも銀河サイズとムチャなスケールだけど、戦いはシンプルに一気撃ち。
アンチスパイラルも元は螺旋族だけに、戦いの本能は同じかな。

進化の果ての破滅を防ぐため、肉体も進化も封じたのがアンチスパイラルの信念。
信じるものをかけた意地のぶつかりあい。
 

続きを読む »

スポンサーサイト

天元突破グレンラガン 第6話(DVD解放版) 「見てえものは見てえんだ!!」

放送では差し変えられた第6話の完全版!
DVD3には、放送バージョンと両方収録なので見比べることも可。
戦闘で、なぜカミナがあんなテンション高かったかがこっちので判りました(笑)
この巻だけ売上数が増えるかも(^^;

大筋は放送版と同じで、ガンメンの帰頭ポイントを探して温泉宿に来てしまう。
この回からココ爺さんも登場し、ロシウの苦労もこの話からなんですね(笑)

 ・放送版のレビュー → 第6話 『てめぇら全員湯あたりしやがれ!』

▼ 第6話(DVD解放版) 『見てえものは見てえんだ!!』

宿に案内され、温泉に喜ぶカミナ兄貴だけど、男湯と女湯に分かれててぶーたれる。

露天風呂で月を見上げ、いつか月まで行こうと言うカミナ。
放送版ではカッコいいシーンでしたが…
直後、女湯の会話に、耳が釘付けになり、いいセリフも台無し(笑)

なんとか覗こうと、シモンに肩車されても届かず。
穴を探せと言われたギミーは、シモンの穴を突き(^^;
飛びあがったシモンは一瞬見えた?

ギミーは呼ばれ女湯へ。
で、カミナはさらにヒートアップ! 「ドリルだシモン!」ってカミナ(^^;
 

続きを読む »

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

お前のドリルは、何のためにある――?

超銀河グレンラガンは、確率を無効とする攻撃すらも撥ね退ける。
しかし、それを動かすのは人間。心あるゆえに、多元宇宙の夢の罠に囚われる…。
それぞれが望んだ夢…偽りの幸福の世界。
夢に囚われたシモンの前にあの男が現れる…いつもその背を追い続けてきた兄貴――カミナが。

最後にシモンの背を押すのは、やっぱり兄貴!
最強に熱い男です。

▼ 第26話 『いくぜ ダチ公』

圧倒的な力を見せる超銀河グレンラガン。
もう理屈も何も無くただただ無敵(笑)

アンチスパイラルは、螺旋の進化が宇宙を無に帰す未来をシモンに見せる。
それを真実と悟るシモンに、ニアが信じて待つのも真実と諭すロージェノム。
その言葉がシモンを突き動かす。

「まだ見ぬ明日に怯えて、今を後悔したくねぇ。それがオレたち大グレン団だっ!」

確率も時間も無効にする攻撃すら、跳ね返す超銀河グレンラガン!
しかし、螺旋の力は心の力。
心あるゆえに、多元宇宙の夢の罠にシモンたちは囚われる。
 

続きを読む »

天元突破グレンラガン 第25話「お前の遺志は受け取った!」

人間の力、見せてやるぜ――!

幾千幾万の螺旋の魂を飲み込んできた絶望の海。
超銀河ダイグレンも沈みいく…。
その身を捨て罠を打ち破る男がいた。
友の遺志を受け取り、超銀河グレンラガンは変形する…。

カミナじゃないけど、これこそ魂の変形!
一人の男の生き様を見ました。

▼ 第25話 『お前の遺志は受け取った!』

超銀河ダイグレンの沈められた宇宙の海。
それは螺旋力を吸い込むデススパイラルフィールドで作られた高密度の海。
永劫からつづく戦いで幾千幾万の螺旋の戦士の遺志を飲み込んできた。

「オレたちのパワーは無敵だ。 折れない心がある限り!」
心の力で海を脱しようと叫ぶシモン。

超銀河ダイグレンを沈めようと群がるアンチスパイラルマシン。
キタンは傷ついた機体でも迎撃に出る。
死ぬのが怖い人間なんていない。それでもこの生き方しかない…
不器用な男キタン。
ギミーとダリーも恐怖を抑え出撃。

沈降は止まらず、銀河螺旋海溝の深部に…。
シモンは海を作り出す最深部のデススパイラルマシンを打ち破る作戦にでる。
「こんなとことろで終わってたまるか!」
 

続きを読む »

天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」

アンチスパイラルの本拠宇宙に向かったシモンたち。
そこに待っていたのは想像を絶する巨大な敵、敵、敵…。
対向できるのは超銀河大グレンだけ――。
変形の時間を稼ぐ大グレン団は、後を託し次々と散っていく…。

予想以上のスケールの戦い、早過ぎる別離。
30分が刹那に過ぎていました。
一分一秒、全部クライマックスって(笑)

▼ 第24話 『忘れるものか この一分一秒を』

ニアの指輪を辿りシモンは、超銀河大グレンをワープさせる。
辿りついた宇宙には、冗談ぽい宇宙スケールのニアの立体映像。
解析され苦しむニアに怒るシモン。

しかしアンチスパイラルが作り出した因果宇宙では、宇宙そのもが敵!
ワープを繰り返してもニアには辿りつけず。

無限大数のアンチスパイラルの大軍が出現。
超銀河大グレンの生産力で作られた巨大化した機体で大グレン団も出撃。

敵の抵抗は少なく優勢に戦闘を進めるが…
アークグレンでも敵母艦のシールドを破れない。
もっとでっかいドリルが必要!? なんでもドリルですか(笑)

超銀河大グレンのドリルなら貫ける!
そのための螺旋力を持つのはシモンだけ。
シモンが超銀河大グレンを変形させる間、大グレン団で戦線を支えないといけない。
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。