スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

堂上は精神的ショックで入院。
玄田は重症…。
死傷者が出たことで図書隊を叩く世論が吹き荒れる…。

数話前のラブコメ展開がウソのようなシリアス展開な最終回。
なかなかよい纏めじゃないかな。


▼ 第12話 『図書館ハ誰ガタメニ』

意識を戻した玄田さんに、後事を託し稲嶺司令は辞任。
多くの図書隊員に見送られて去って行く。
稲嶺が図書隊を作った意志はしっかり受け継がれたようですね。

毎日、堂上を見舞に行く郁がマスコミの取材に狙われる。
堂上の大事な本が踏まれたが、冷静になれという堂上の言葉を思い出す。

自分たちが、図書隊が戦う意義をどうどうと宣言。

「間違ったルールを疑うこともせず、ただ従って生きてるなんて…
 生きてるとはいえないと思います!
 …守るべきものを守り通します!!」


郁の言葉は、図書隊に味方する世論も作りだし。
手塚兄も反図書隊の世論を消すために動いたり…ただの腹黒い人じゃなかったんだ(^^;
 

続きを読む »

スポンサーサイト

図書館戦争 第11話 「死闘!茨城県展警備」

良化隊がメンツを賭けて攻めてくる…。
激戦が予想される茨城県展警備。
初めての戦いを前に郁は、堂上に決意を語るが――。

まさに死闘。今まで一番戦闘描写も迫力です。
それだけに戦ってる理由がよけいに滑稽に思えてきます(^^;


▼ 第11話 『死闘!茨城県展警備』

温室に咲くカミツレを見せる郁。
苦難のなかの力…。
戦いへの決意を話すが、堂上は、自分の命を守ることを優先しろと。
フラグ立ってきました(笑)

買い出しに行った小牧は、いつかの戦った良化隊員と再会。
良化隊はしがらみで戦ってるだけで、別に理想で戦ってるわけじゃない。
ただこんどの展示品はメンツを汚されたと思い本気で攻めるだろうと注意してくれる。

その言葉通り、良化隊は被害をものともせず攻撃を賭けて来た。
恐怖を覚えながらも郁も、銃を手に防衛を。

防衛戦は終了。
相手を撃ったことに慄く郁に優しい言葉をかける堂上。
いい雰囲気…
 

続きを読む »

図書館戦争 第10話 「里帰リ、勃発」

故郷の茨城での警備に行くことになった郁たち。
そこの図書館長は無抵抗主義で防衛部を邪険にしていた…。
郁も女子館員のいやがらせにあうはめに…。

アバンは郁ですが、座学以前に…漢字読めないってまともに本読めない気がする(^^;

▼ 第10話 『里帰リ、勃発』

茨城行きがいやで、宅配便で帰して~と郁(^^;

柴崎は、茨城図書館の異常を手塚に警告。
フラグゲットの機会に気付かない鈍すぎな手塚…。

無抵抗主義の図書館長はワンマンで防衛部を押さえ込んでいた。
上がそんなのだから、部下も業務部が防衛部を下に見るって陰湿な状態。

女子高か!みたいないじめにさらされる郁。
近くに両親がいることが知られて、郁がタスクフォースだとバレてしまう。

辞めろと引かない母親に、郁も猛反発。
堂上が父親も呼んで正面からむきあえとアドバイス。

郁の事情を知っていた父親は郁の味方をし。
母親も、郁を思うあまり心配してただけとわかり、郁も和解。

…ってか岩で頭を打ってよく無事だったよね郁は。
ただちょっと後遺症であほっ子になったかも(ぇ)
 

続きを読む »

図書館戦争 第9話 「昇任試験、来タル」

堂上が憧れの王子と知りパニックな郁。
そんな中、迫る昇進試験!
堂上は、うっかり娘な郁の筆記を見ようとしてくれるけど…。
郁は堂上と顔を合わせるも恥ずかしいと(笑)

見てる方もはずい展開ですけど(^^;

▼ 第9話 『昇任試験、来タル』

てんぱった郁はいつも以上にめちゃめちゃです(汗)
慧からの手紙を見られそうになり、堂上を投げ飛ばしてダウンさせるし。

これで完全に嫌われたと郁は落ち込み。
見かねた小牧が郁から話を訊く…。
てっきり小牧が郁の話を言いふらすのかと思いましたけど(ぉ)
小牧はいい人で、話を訊くだけでしたか(^^;

堂上が郁の王子を悪く言ったのは、昔の自分を誉められ照れたから…。
確かにそうですね。堂上はツンデレだし尚更(笑)

で、堂上の方も、郁のために試験対策のノートを作ってるけど。
小牧に見つかっても万が一のためとか誤魔化すと…
避けられてるので嫌われたと思ってるし、郁と似たものどうしな堂上(笑)

どうしても堂上と顔をあわせるのがはずい。
郁はもう実家に帰ると寮を出ようとする。
そこにこっそりノートを置いてことしてた堂上と出くわすと。
堂上の優しさに郁も涙です^^
 

続きを読む »

図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」

査問に召喚されピンチな山猿…もとい郁(汗)
図書隊からも白い目で見られ孤立する…。
辛くなったら必ず俺に言え――堂上頼りになりますね!

手塚は兄が自分を取り込むために郁を罠にかけたと言うのだけど…。

▼ 第8話 『策動セシハ手塚慧』

いくらなんでもそりゃ自意識過剰かと思ったら…。
ホントに慧は、弟を自分の派閥に取り込もうとしてやってたと。
なんだそれ(笑)

巻き込まれた郁は散々でした。
でも堂上に優しい言葉をかけられたりで甘い展開?(笑)

慧に呼び出された郁を連れ戻しに走ってきた堂上!
堂上に助けられホッとして涙ぐむ郁。
頑張ったと頭を撫でたい堂上だけど、郁がヒールで届かず(苦笑)

柴崎は利用した朝比奈を完全に振りました。
朝比奈はフラグあったみたいだけど…そりゃダメでしょう。

朝比奈が慧の手のものと教えたのは手塚。
今度の一件で兄に見切りをつけたようですが…ブラコンがそう治るかなと。
何か朝比奈と手塚にフラグが立ったみたいですけど(笑)
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。