スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結界師 第18話 「末っ子利守の日々」

第十八話 「末っ子利守の日々」

墨村家の三兄弟の末っ子・利守。
上二人と違ってフツーないい子ですね。
今回の主役なので提供コールまで利守だし(笑)

マッタリ~な回なので、式神ちゃんも出番なし残念…

繁守じーちゃんは町内の御長寿会でピクニックにルンルンでかけ(笑)
父も小説の打ち合せに行き、良守と利守で留守番に。

夜の勤めがあるとはいえ、利守に起こされ学校に行く良守…
どっちが兄かわからないって。

しっかりものの利守は、言動もなんか小学生じゃないよね。
そんな利守は、クラスメイトに頼られ、家で課題を手伝うことに。

家で暴れさせないために、良守を怖い兄だと脅す。
…嘘じゃないけどそれはあんまりだ(笑)

でも、お菓子作り中の良守が家にいたので、良守の作戦はもろくも挫折(^^;
予想通り、屋敷の広さに暴れだすクラスメイト。
温厚な小学生(?)利守も切れて、おもわず結界術を使用。

結界で転んで気絶したクラスメイトに慌てる利守。
良守は心配ないと慰める。
よく結界術で転ばしたってそれもどうかと思うけど(^^;

夕飯に時音がカレーを届に来たけど、台所に黒い悪魔出現!
パニクって転んだ時音を助けようと良守ダイブ~
時音だけを助けるの必死で、結界術を使うことも考え付かずカレーまみれに…

せっかくの時音のカレーを食べそこね凹むけど、出前のカツ丼にすぐ復活。
良守、立ち直り早すぎ(笑)
 

続きを読む »

スポンサーサイト

結界師 第17話「それは神の領域」

第十七話「それは神の領域」

ウロ様の寝床直しに向かった良守。
神の領域では、人の精神は長時間は持たない…

50年前、時子が戻らず心配したことを思い出す繁守。
若い時の二人って、良守と時音みたいだ(笑)
なんであんな老人になっちゃったのかな(^^;

ウロ様の空間に入る時、忘れなたくないことを手に書くけど。
良守が書いたのは、『時音』(笑) いいな~

修復するウロ様の寝床はマリモみたいなの?
聞いた通りに直そうとするけど意外に難しい。

50年前も時音の祖母・時子も苦労したみたい。
時子は、今の時音みたいで若い繁守を手のかかる弟みたいに見てた。同じだし(笑)

なんとか寝床の修復も終り、ウロ様が入ることで神の領域は結界となる。
結界から拒絶されるのに、良守は烏森の事を聞こうとする。
ウロ様の答えは、森を譲ってくれと言った人間は泣いて頼んでいた…とそれだけ?

意識を飲まれそうになる良守を救ったのは、時音の呼ぶ声。
声に従って出された腕につかまって助け出される…
泣きながら抱きつく良守…
 

続きを読む »

結界師 第16話「無色沼のウロ様」

第十六話「無色沼のウロ様」

グルメな神ウロ様登場~。
…どこかで見たような神様ですが(^^;
まぁ森の神様なので親戚なんですきっと(笑)

学校で次々と食べ物の消える事件が発生。
その犯人の妖?を見つける時音。
中等部の方に行くと、霊感を持ってる百合奈が出迎える。
百合奈はすっかり時音を良守の姉と勘違いしてるし(笑)

良守も、弁当のおかずが次々に消えて妖?を探し始める。

職員室では黒須先生の机が苔だらけになり、デザートの大福1ダースが消えた。
って1ダースも食べる気だったのか(^^;

良守は、つまみ食い?の犯人の妖を発見。
悪そうでもないので出て行くように言ったけど。
それが妖でなく、烏森の土地神のウロ様だった。

いつもは隣町の無色沼に棲んでいて、寝床が壊れた時に修繕するのも結界師の役割らしい。
ウロ様を歓迎し、ごちそうを出すけどあっという間に完食(笑)

良守が作っていたドーナツまで欲しがって食べてしまう。
味の感想はフツーだって(^^;

ドーナツを食べたウロ様は、良守に訊かれて烏森について教えてくれる。
 

続きを読む »

結界師 第15話「良守の野望」

第十五話「良守の野望」

前回なかったので今回は式神大量登場?
正守の式神は、持ち主に似てカッコイイかも。
でも、式神はやっぱりチンマリしたのがカワイクていいかな。
式神は、使い手によって形が違うようで鳥型もあるのか。

烏森を狙う術者の放った、鳥の式神。
『黒姫』を使って町全体をカバーして探索した正守は、これを見つけ排除。
式を放った術者は逃げるが、妖の気を出していたのを感じる。

正守が、烏森に帰ったのは、烏森を狙う集団の情報を得たため。

烏森の現状を調べた正守は、烏森の力が増していることに脅威する。
ずっと烏森にいた時音も、烏森がわからず怖くなったと感じている…。

良守は、全ての元凶である烏森を永遠に封印することを考えていた。

「俺はもっともっと強くなって、
 この訳解んねえ烏森の力も、くだらねえ柵も、全部俺が捻じ伏せる!
 この烏森ごと全部だ!! いつか必ず!!」

良守の宣言を聞いた正守は、また烏森を去る。

良守は『夜行』の頭領として裏会に食いこんでいくつもりのよう。
それは自分の才を磨くためか、あるいは…。

家を出る良守に、正守は『鋼夜』の遺髪(?)を渡し供養を頼む。
優しいなと笑って良守はそれを引きうける。

去って行く良守の背に、いつか追い抜くと正守は心に誓う…


烏森を狙う集団の登場、いよいよ緊迫感出てきました。
でもまた次回はユルユル展開(?) それが結界師クォリティ(笑)
良守の力に一端も見れたけど、またしばらく出てこないのか…。

次回 第16話「無色沼のウロ様」

続きを読む »

結界師 第14話「正守のたくらみ」

第十四話「正守のたくらみ」

突然帰ってきた良守の兄・正守。
正守は、良守と烏森の力を試そうとたくらむ…

力つくだけではダメと正守に説教されても。
良守は真っ向勝負、力で対抗!
それも良守の中に眠る力の大きさがあってだけど(^^;

正守が帰ったことでイライラな良守。
それというのも、子供のころから時音が正守ばかり見てたから。
正守は知ってて時音のことで良守をからかう。
なかなかいい性格な兄(ぇ

それでも兄として良守にお説教。
力任せだけでなく使い方を考えろと諭す。

烏森を狙う敵の能力は不明でも、守る結界師のことはバレている。
だから考えて行動しないといけない。
自分なら、烏森を一晩で落とせると豪語する正守。

正統継承者として自覚を持てと言われても反発するだけの良守。

その夜、烏森の校庭を覆いつくす植物の妖が出現。
それは、良守と烏森の力を試すため正守がしかけたものだった。

力づくで倒そうとする良守を叱り、時音は樹の妖の弱点を探す。
どうやら根元だけが再生する仕組みと見破る。

実際、森のように広がって見ても本体は中央の1本の樹。
そこに張った成長を促す呪符をつぶせば倒せる。
ただし、烏森の力がどんな進化をもたらすかが問題。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。