スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!

私にもずっと続いて欲しいって夢が出来たんです。ひとひらって夢が――。

麦の声を野乃が訊いたことから始まった話も最終幕。
卒業していく野乃たち、残る麦たち、それぞれの道に歩き出す…
野乃と美麗の夢。麦たちの夢――
ひとひらの夢の舞台はつづいていく…

▼ 第12幕 『ありがとう…ございました!』

野乃先輩になにかしたいと考える麦。
何も考えつかないまま卒業式が近づいていく…

演劇部主催で合格祝賀会が開かれ、野乃や麦たちも呼ばれる。
まだ合格してない理咲には秘密です(笑)

そこで野乃は、演劇部を二つに割ってしまったことを謝罪する。
演劇部の誰も野乃を怒ってなどなく、野乃も許してもらえたと安堵。
「これで心残りは無いわ。安心して卒業出来る」

その様子に泣きそうになったの席を外す桂木。
ちとせは後を追い想いを告白…そして玉砕…
それでも会場に戻るまでには立ち直るちとせは強いな。

どこで聞いたのか理咲もやってきて祝賀会は盛況に終わり。
桂木は遠まわしな告白を野乃にするけどスルーされ…最後まで報われない(^^;
 

続きを読む »

スポンサーサイト

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

去っていく人は、泣く事もできないのよ。背中しか見せないの――。

いつも応援してくれた佳代。
麦はその笑顔が大好きだった…。
その笑顔を曇らせたくない…そう思ってもお別れが言えなくて――。

麦と佳代、お別れの時。
麦は佳代を見送ることができるのか…

▼ 第11幕「笑顔が… 好き!!」

佳代との別れが受け入れられない麦。
そんな麦に話しかけようとする佳代だが、麦は避けるばかり。

ちとせは、麦と佳代を放っておけず。
麦を捕まえ説得にでる。
自分も桂木に告白するから…。言わないと思いは伝わらないと。

それは麦も分かてるけど、ぜったい無理…
泣き出す麦に佳代も打つ手なし(^^; 
そんな麦を4年間操った佳代はすごい(笑)
一人でダメならと佳代は、甲斐に協力を求める。

麦は、衣装部屋で美麗さんに出会う。
美麗が見てたのは、入学当初に麦が憧れた衣装…
麦に別れ際、美麗さんは一言。

「涙で今は何も見えないでしょうけど…
 去っていく人は、泣く事もできないのよ。背中しか見せないの…」
 

続きを読む »

ひとひら 第10話「ずっと… 一緒…」

いつかはみんな出て行くのよ。この橋を渡って――。

演劇研究会も解散し、もとの学園生活を送る麦。
佳代や、ちとせたちの日々…それがずっと続くと思っていた。
だが、カメラマンを目指す佳代は留学することを決めていた…
ずっと友達だった佳代にさよならの言えない麦――。

麦を見守るポジションだった佳代が自分の道を歩き出す。
本当の意味で麦が一人だちするための試練に…

▼ 第10幕 『ずっと…一緒…』

ちとせの提案で、先輩たちも誘ってクリスマス会をするこになる。
もちろん、ちとせは桂木目当て。
桂木といれるのも後わずか、なんとか告白するつもり。

「行動するかしないかだったら 私はする方を選ぶよ。
 何もしないままの後悔だけはしたくないもんね」
意気込みを語るちとせの言葉に、佳代は考えぶかげ…

クリスマス会の会場が演劇部の部室。
休みにした後輩たちに嘆く美麗さん(^^;
クリスマスくらい休ませてあげてください…

ちとせは、結局告白できず。それでも卒業式まではすると意気込む。
桂木も野乃さんに思いを伝えられてないしね。

2年になってクラスが替わっても仲良くという麦に、佳代は言えずにいた留学のことを話す。
「写真の勉強しに留学することに決めたの…。だから、一緒に2年生になれない」
 

続きを読む »

ひとひら 第9話「この日を忘れない!」

それは、ひとひらの夢でした――。

麦の声が、劇の空気を変えた。
ただ自然に…。だから涙も言葉も自然にでる…
それは麦自身の物語。
舞台は終わり、ひとつの夢は終わる…

麦の初舞台、そしてみんなでする最後の舞台でした。
今期で最高評価の回です^^

▼ 第9幕『この日を忘れない!』

麦が本来の声を発し、舞台の空気は一変。
ただそのままに演じる麦たち。
いつしか観客も舞台に魅了されていきます。

そして、カーテンコール――。
わきおこる拍手。舞台は成功に終わりました^^

ずっと見守っていた、ちとせは涙ながして喜んでるし。
佳代も麦の成長に感動。美麗さんも拍手を贈る…

しかし、部の存続の投票は、演劇研究会の負け…

最後の演劇研究会の会合。
桂木と理咲が研究会に入ったいきさつが話される。
 

続きを読む »

ひとひら 第8話「一人じゃない」

演劇研究会の存続を賭けた運命の舞台。
麦は緊張で声が出せず…
そんな麦を一人じゃないと同じ舞台にたつ研究会のみんな。
しかし、最悪の事態が起きてしまう…

今回も最高です^^
見ていて思わず本当に応援してました(笑)

▼ 第8幕 『一人じゃない』

文化祭、麦のクラスはメイド喫茶。
メイドコスで客引きするけど、客にかこまれあわあわな麦。
甲斐がそれをかばってくれる。

そこに猫のキグルミの野乃さんと魔女コスの理咲さんが現れる。
野乃さんたちのクラスは仮装団子屋さん(^^;
麦たちを演劇部の舞台を見せに拉致していきます。

舞台では美麗とちとせが役を演じている。
麦は自分も同じ舞台で演じることを恐れだす…
あまりの恐怖に、控え室で気絶してしまう(汗)

ここで逃げたら、今までのことが全部いやな思い出になる。
そんな理咲の言葉が麦を引き止める。
野乃さんも励ましの言葉をかける。
「精一杯やったという事実さえあれば、辛かった思い出も全て楽しい思い出に変わるのよ」

いままでの半年を無駄にしたくない――麦もそう言葉にする。
舞台では一人じゃない、みんなが励まし、麦も元気を取り戻す。
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。