スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装錬金 第26話(最終話)「ピリオド」

第26話(最終話)「ピリオド」

ここにある核鉄はこれからずっと斗貴子さんと一緒だから――。

パピヨンとの決着をのぞむ斗貴子。
その時、月面にサンライトイエローの光が輝く!
カズキは生きていた!?

完全無欠の大団円^^ 
パピヨンはニューヒーローになる(笑)


カズキの代わりなどいない、誰にもなれないとパピヨン。
それは斗貴子にもわかっているけど、それでもカズキが果たせなかった、パピヨンとの決着を果たそうとする。

パピヨン特性のフラスコが何かのカウントダウンを開始!?
世界を焼き尽くすためのものと思いフラスコを攻撃する斗貴子さん。
「カズキがいなくても、カズキが命を賭けて守った世界だ!!」

パピヨンは身を呈してフラスコを守る。
カウントダウンが切れ開いたフラスコ。その中身は白い核鉄だった。
フラスコは、パピヨンがこの1ヵ月諦めずに作った白い核鉄の生成を迅速かつ安定して進めるためのデバイス。

でも、カズキはもう…斗貴子さんがつぶやいた時、天空の月にサンライトイエローの光が輝く!
それはカズキの生きている証――。
喜んだ斗貴子さんを、千歳さんが来てバロンのところに拉致していきます。

大戦士長達は、バスターバロンでカズキのいる月面に行く準備をしていた。
斗貴子さんも乗せられバスターバロンは月に向かってリフトオフ!
バスターバロンは何でもありだね(^^;
 

続きを読む »

スポンサーサイト

武装錬金 第25話「代わりなどいない」

第25話「代わりなどいない」

カズキ、私は君に何が出来る――。

ヴィクターの脅威より世界は救われた…
カズキの犠牲で。
残された…、虚しい日々を過ごす斗貴子。


ヴィクターとカズキが月に去り、世界の危機は回避された…
残されたものに、やりきれない思いを残し。

「不条理なんだよ、世の中ってやつはよ…」

吐き捨てる火渡に、大戦士長は言う。
どんな悲しみがあろうとも、日々は何事もなかったの如く続いていく…

「割り切れない結果に思い悩むよりも、これから何をすべきか考える。
 それが残された者の責務です。」

ブラボーによって、まひろたちはカズキの運命を知る…
泣き崩れるまひろ…

カズキのない世界には何もない――月を見上げつぶやくパピヨン。

入院した斗貴子は、カズキを失ってずっと言葉の失ったいた。
早坂姉弟の励ましも、届かない。

カズキなら諦めない――何か自分たちにもできるはずと動きだす早坂姉弟。
二人はカズキと会ったことで成長したんですね。

退院の日、斗貴子さんに声をかけようとするブラボーだが…
思いつめた斗貴子に何も言えず…
きっと自らの手で答えを見つけ出せるはず――。
千歳に言われブラボーはかつての教え子を見守ることに。
 

続きを読む »

武装錬金 第24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」

第24話「キミが死ぬ時が私が死ぬ時」

ごめん、斗貴子さん。その約束、守れない――。

カズキの出した選択…
それは白い核鉄をヴィクターに使うこと。
そして新たな白い核鉄の完成まで自分を仮死状態にすること…
カズキは、白い核鉄をヴィクターに打ちこみ――

ヴィクターの決戦。ファイナル編!


パピヨンや桜花先輩に選択を伝えたカズキ。
上手くいけば皆助かるらしいが、二人とも驚く内容?
でも、望む条件でカズキとの決着をつける見かえりに、パピヨンもそれを承諾。

そのころ、バスターバロンとヴィクターの決戦はまだ継続中。
サポート部隊もほぼ壊滅し、残りの戦力ではもう決着まで時間をかけられない…
バスターバロンとカズキの白い核鉄だけが頼りだが。

夏祭りで待ち合わせしたけど、集合時間に着いたのは、カズキと斗貴子さんだけ。
カズキが余裕そうなだという斗貴子さんに、勇気を分けてもらったからと余裕なカズキ。
「この間、分けてもらった勇気、少し返そうか?」

キスのお返しをしようとするカズキ(笑) 
斗貴子さん照れまくりで立場逆転してるな~
でも、まひろが来てキスは中止、残念。カズキは見られても平気なんだけどね。

そこに向かえのヘリが到着し、カズキはまひろたちに別れを告げる。
「今度は少し長いお別れになるけど、必ず帰ってくるから心配するな。皆によろしくな…」
 

続きを読む »

武装錬金 第23話「BOY MEETS BATTLE GIRL」

第23話「BOY MEETS BATTLE GIRL」

私も君と未来を見てみたい――。

白い核鉄によって人間に戻れるのは一人だけ。
究極の選択を迫られたカズキ…
斗貴子とともにカズキは、最高の友達たちと最後の時間を過ごす…
答えを決めたが不安なカズキに斗貴子は――。

ラスト直前の最後のイベントって感じです。
カズキの選ぶ未来は?


白い核鉄の完成まで時間がまだかかる…。
選択を出すまでの最後の時間――、カズキは斗貴子とともに登校日の学校に来る。

久しぶりの再会を喜ぶ仲間たちと、他愛もない会話を楽しむ。
まひろに、任務は終ってと嘘をつくカズキ。

まだ何も終っていない…ただ今日だけは仲間と普通にすごす…
カズキたちは遊園地に行くことになる。

いっぽう、ヴィクター討伐部隊の秋水は、火渡からカズキの再殺を聞かされる。
ヴィクターの後は、改めてカズキを再殺――それはもう決まったことと。

秋水は、今はヴィクター殲滅だけを考えカズキのことは後で考えると言う。
決してカズキのことを諦めないと――。
 

続きを読む »

武装錬金 第22話「決断を要す」

第22話「決断を要す」

あなたの運命、教えてあげる――。

錬金戦団によるヴィクター総攻撃が始るが、ヴィクターは最終段階に変化。
いっぽう、カズキたちはニュートンアップル女学院でヴィクター化解除の術を得るが…
解除するための『白い核金』はただひとつ。
人に戻せるのは、ヴィクターかカズキか一人だけ――

もうなんでもありな武装錬金(笑)
潜水艦の次はミサイルに、巨大ロボ(違)!!

ヴィクターに総攻撃を開始する錬金戦団。
まずはミサイルランチャーの武装錬金『ジェノサイドサーカス』!?
ただのミサイル?? 効かないのを承知で撃ってるぽい…
とりあえず島の追いつめて、火渡たちのチームで勝負って作戦。

それを見ぬいたヴィクターは、わざと策に乗って島に赴き、火渡たちと戦闘突入!

ヴィクターを向かえ撃つ火渡は、ヴィクターさえ倒せば世界は救えると言葉を受け。
「判りやすくていいじゃねぇか。不条理でも何でもねえ。
 あいつを倒せば、俺達が正真正銘この世界の救世主だ!」

…なんかキャラが主人公ぽく変ってない?(^^;

前回、バラバラに攻撃され返り撃ちにあったので集団で攻撃をかけるけど…
やっぱりザコはザコ(涙) 時間稼ぎにもなりません…
フェイタルアトラクションの重力操作にあっさり敗退な部下に、火渡の出番。
 

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。