スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奏光のストレイン 第13話「ラスト・ワルツ」

STEP 13(最終回)「ラスト・ワルツ」

もう、あなたに誰も殺させやしない――!

互いの思いを賭け、セーラとラルフ最後の戦いが始る。
亜光速のラスト・ワルツ――。
セーラとラルフ――兄妹の物語の結末。

ストレインもついに最終回です。
1クールながらきっちりまとまって最後まで楽しめました^^

大量のトゥモール相手に奮戦するリベルタッド。
撃退には成功するが、可動するストレインもわずかになってしまう。

いっぽう、セーラとラルフの対決は激戦となり。
セーラの機体が激しく損壊、ロッティの助けで一時リベルタッドに撤退。

ラルフの方はもう体が限界のようで追撃できず…

帰還したセーラのストレインは、仲間たちに迎えられる。
孤立していたセーラが戦いの中得た大事な仲間たち…

ロッティは手作りサンドをセーラに渡します。
…味はどうだったのか(笑) エミリィの種族には美味のようです(^^;

リベルタッドで会ってからのことを話すセーラとロッティ。
そして、出撃するセーラにロッティが贈る言葉。

「死んでも生きていろ! わかったな、根性女…」

はい…女王さまとセーラも答えます(笑)

いっしょに行くと望んだエミリィとともに出撃するセーラ。
それをロッティたちが見送る。

続きを読む »

スポンサーサイト

奏光のストレイン 第12話「リベルタッドの攻防」

STEP 12「リベルタッドの攻防」

だから、全てを終わらせる。 いまここで――!

滅ぼされた種のため、復讐に縛られたラルフ。
しかし、それはエミリィたちが望んものではなく。
妄執に憑かれた兄を止めるため、セーラは最後の戦いに挑む。

いよいよ最終ステージ。
焦点は、セーラとラルフの兄妹対決に!

リベルタッドに迫るクンルーン。
その前に立ち塞がるトゥモールの大群!
それを向かえうつロッティたち。

フォーメーションを駆使し第1陣は殲滅に成功。
が、隙をつかれロッティが窮地に…
セーラが駆けつけて、それを助けます。

セーラも参戦し新たなフォーメーションを組み直す。
でも、多勢に無勢…
クンルーンがリベルタッドに追突するのを防ぐことはできなかった。

進入したトゥモールに壊乱するリベルタッド艦内。
ラルフも自ら出撃してくる。
ロッティは自分で討ちたい気持ちを抑え、セーラに行かせる。
「今日でケリをつけて来い!」

続きを読む »

奏光のストレイン 第11話「狂宴の幕開け」

STEP 11「狂宴の幕開け」

兄さんは必ず来る、来なきゃいけないの――!

エミリィには、ミミック開発のため滅ぼされた異星人の脳が使われていた。
滅びし種の意識とシンクロしたことがラルフを、人類殲滅へと突き動かす…

ラルフの裏切りの理由とエミリィたちの過去がセーラによって語られます。
理解し難かったラルフの過去の記憶が整理されました(^^;

惑星ブレグマに到着したリベルタット。
だが、合流予定の艦隊は、ディーグの大規模侵攻を迎え撃つべく移動した後だった。

セーラは、人形エミリィとのリンクで知ったラルフとエミリィの記憶を語る。
ラルフは滅ぼされたエミリィたちの復讐のため必ずくる。
「兄さんは必ず来る、来なきゃいけないの!」

背負った思い罪悪感に動かされるラルフは、すでに敵味方の区別もなくしていた。
メドロック以外のクルーを皆殺しにし、クンルーンの操鑑を掌握。
しかし、ラルフは体を蝕まれ倒れる。
その隙をつき、メドロックはラルフのエミリィを連れ脱出し、リベルタットに投降。

追撃してきたラルフに、ロッティは残りわずかとなった仲間を連れ出撃。
ラルフの過去を知ったロッティは、セーラへのわだかまりと解き言い放つ。

「だからどうした! 
 誰の妹だろうと構わん。今のセーラは空間機甲科の一員だ。
 わたしの命を預けるに足る仲間だ!」

ロッティの言葉に他の機甲科員もセーラをふたたび仲間と認める。

再びストレインに乗り出撃するセーラ。 兄を止めるために!

「兄さんが何を見て、何を思ったのかわたしは知ったわ。
 でも、それでも…、わたしは兄さんを止める! なんとしても!!」

ほとんどセーラの語りの総集編みたいでしたが、ひさびさ放送なので内容の整理になりました(笑)
これであと残り2回は、最後の対決となっていくのでしょう♪
はたして、どんな結末に…てか誰が生き残れるのか(^^;

次回 第12話「リベルタッドの攻防」

続きを読む »

奏光のストレイン 第9話「目の前の自分」

STEP 9「目の前の自分」

私が、この手で兄さんを殺す――

ロッティがセーラに同じと感じたもの。
失った兄への思い――。
ロッティは、兄の復讐のために。
セーラは、兄にこれ以上の罪を犯させないために。
はじめてセーラを認めたロッティはセーラと対立することに…

兄ラルフに対するセーラの決意が語られる。
…ってか次回まで3週間開くって。。

裏切り者ラルフの妹である素性が知られたセーラは尋問を受ける。
しかし、黙して語らないセーラ。
危うい立場から他の生徒と隔離されることに。

練習艦リベルタットは、ラルフに狙われるいる…グォール空間補給廠から立ち退きを勧告される。
リベルタットは修復も終わらぬまま演習合流ポイント・惑星ブレグマに向けて出航。
艦内ではセーラを敵視する雰囲気に…。

セーラが兄の仇ラルフの妹だと知ったロッティは、セーラに好意を持っていただけに激しく憎悪を抱く。
セーラの隔離された部屋を尋ね、ロッティはカリスのプレゼントを渡す。
カリスがラルフに殺されたという報告とともに。

続きを読む »

奏光のストレイン 第8話「グォール空間補給廠」

STEP.8 「グォール空間補給廠」

ラヴィニアの悪戯で、廃棄物として出されたエミリィ。
エミリィを必死に探すセーラは、不思議な少女に会う。
少女は自分もエミリィと名乗る――その時、ラルフが現れる。
兄と妹の再会――交錯する運命。
終盤に向け急展開です!

エミリィを当てもなくひたすら探すセーラ。
ラヴィニアから連絡を受けたロッティたちも捜索を開始する。

グォールが故郷のカリスは、セーラを見つけ一緒に捜索を始める…?
ってなんかデートみたいですけど(^^;
カフェテラスで休憩するセーラたちの前に、一人の少女が現れる。
ラルフの元から抜け出したもう一人の『エミリィ』が…。

不思議な少女に降りまわされながらも、いい感じになるセーラ&カリス。
エミリィの捜索は他人まかせ?(ぇ
キス寸前でカリスに連絡が入り、セーラは、突然走りだした少女を追っていく…。

後を追おうとするカリスに緊急召集。
ロッティと責任を感じてるラヴィニアにセーラをまかせ、カリスたちは出撃。

一方、セーラは少女に導かれゴミ捨て場に…。
少女はエミリィを見つけ出す。
エミリィとの再会に歓喜するセーラ。
そのセーラに少女は、自分がエミリィなのだと語りはじめる。

「ずっと真っ暗で、誰もいなくて…。怖くて、寒くて、寂しくて…。
 でも、セーラが私を見つけてくれた……。
 セーラが私に名前をくれた。毎日、お話しをしてくれた。
 だから、寂しくなかった」

ふたりのエミリィは同じ意識を共有していた?

エミリィの言葉に呆然とするセーラ――その前にラルフが現れる。
突然の兄と妹の再会。


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。