スカイガールズ 第12話 「さよなら追浜」

実在が疑問視されてた可憐の兄様登場です。
手紙でしか出ないのでもういないと思ってましたけど。
本当にいたんですね(笑)

ソニック・ダイバー隊は攻龍に移動になりますけど…。
緋月は、攻龍をワームの囮として使うってどんだけ黒いのか…。
そのせいで攻龍のクルーは退役軍人ばかり、先行き不安な船出です。

▼ 第12話 『さよなら追浜』

勝負に負け、瑛花を約束どおりリーダーとして従うエリーゼ。
わりと潔い子です(笑)

追浜基地からの移動で、また兄から遠くなると元気のない可憐ちゃん。
音羽ちゃんは、離れる前に兄様に会いに来てもらうのを提案。

家族の話が出て、不機嫌になるエリーゼ。
西ヨーロッパ基地が全滅した際に犠牲になったのか(?)

エリーゼのバッハシュテルツV1の担当は大戸さんになり。
強面の大戸に怯えたり、やっぱりお子ちゃま(笑)

可憐ちゃん以上に、兄様の来るのを楽しみにする音羽ちゃん。
音羽には、子供のころ行方不明になった双子の弟・優希がいて、兄弟のことは他人ごとと思えないから。
1話の回想で出たっきりの優希いましたね。零神に宿る子供が優希なのか?
 

続きを読む »

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第24話 「流星雨」

星の数だけ命は消えて、すべて流れていなくなる――。

星が流れる度に、ひとりの契約者が消えていく…
流星雨の夜、流れた無数の星たち。
ヘブンズゲートの消失を計画するEPR。
それを阻止しようとする組織の正体と目的…。
契約者たちの最後の戦いが始まる――。

ついにヘイの組織の全貌が明らかに。
散っていく契約者たち…DTB最終章へ…。

▼ 第24話 『流星雨』

ホァンは、ヘイたちを行かせ一人、囮となって去る。
腹に受けた傷は致命傷なのに…
別れるときホァンに抱きついたインにも別れの時とわかっていたんでしょう。

パンドラに単身向かった未咲さん。
シュレーダー博士との面談を望むが、その席には西島も同席。
語られる真相…

南米ヘブンズゲートの消失を起こしたBK-201。
しかし当時のBK-201は、ヘイでなく妹のパイのことだった!

EPRは南米で起こったことを東京でも起こそうとしている。
それが『東京エクスプロージョン』。
同じ破滅が起これば日本列島は消滅してしまう…。
 

続きを読む »

風のスティグマ 第24話 「風の護りしもの」

戦いはつづく!? 次回作にご期待ください(違)
…第2期なんか可能性ないよ(^^;
原作5巻まででアニメ版は終了でした。

和麻と綾乃は最後まであいかわらず。
この作品らし終わり方かな(笑)
よくも悪くも原作通りだと言い訳されそうですけど。

▼ 第24話(最終回)『風の護りしもの』

パンデモニウムで和麻たちを待っていたのは、ラピスでした。
和麻の想い人・翠鈴の残留思念で作られたラピス。
作られた人形に心はなく、ヴェルンハルトの言うままに人の苦しみを楽しみ、そこから感情を得ようしている…。
オリジナルの翠鈴が、人の苦しみを糧とする儀式の犠牲になったのに。

翠鈴の姿のラピスに激昂しつつも本気で戦えない和麻。
変わりに綾乃ちゃんが戦います。
そうこうしてるうちに、シードを生贄に召喚された悪魔ベリアル出現!?

数秒しか召喚されないが、それだけでも東京は壊滅する。
和麻は精霊王を召喚し、綾乃、煉とベリアルの出現を抑え込む。全力で!

召喚は抑えられたが、そこにヴェルンハルト登場。
しかし、厳馬が現れたのでびびったヴェルンハルトは撤収です。
去り際に、翠鈴の最期の想いを告げていくラピス。
それは…和麻を殺すこと…?
 

続きを読む »

ムシウタ 第10話「スレ違ウ夢」

詩歌がふゆほたるだったことを知った大助。
ふゆほたるとレディバードを近づけたのは土師の策略。
利奈はガーデンの場所を知り一人向かおうと決意。
大助はかっこうであることを明かし止めようとするが…。

土師が悪人顔すぎて吹きました(^^;
アレじゃホントに悪人みたいだよ…。

▼ 第10話 『スレ違ウ夢』

土師の策を聞き怒る大助。
ふゆほたるとレディバードの相打ちを狙ったが仲良くなった二人。
でも、利奈には詩歌という弱点ができ、計画通り?(違)

詩歌は大助に正体を知られ去ろうとするけど。
利奈が引きとめます。
一度親しくなったものは守らずにいれないのが利奈の属性。

みんみんが訪れ、利奈にガーデンの場所と、そこで虫憑きがリサイクルされてると言われる。
捕まった仲間を助けにガーデンに行くこと決意する利奈。
もう成虫化まで時間がないと気付いてるよう…。

翌日、利奈は大助に詩歌のことを頼み、アトリエに招き絵のモデルになってもらう。
詩歌はムシバネのメンバーに預け、利奈は最後に大助と二人の時間を過ごしたかったのか。
 

続きを読む »

ひぐらしのなく頃に解 第12話 「斧斬編 其の壱 休止」

これは鷹野の陰謀ですか?(違)
終末作戦とは、マスゴミ・ヒステリーによる放送休止なのですよ~。
アレな事件の余波で、スクイズ同様こっちも休止ですよ…。

スクイズ最終回は見ても鬱になるだろうし、諦めもつくけど…。
こっちが打ちきりとかはホントに止めてほしですね(;;)

マスゴミに踊る、自称・良識的大衆の人もすぐにアレの話題にもあきるでしょう。
10月になれば、郵政民営化の弊害が続出して、あの白髪頭が何しでかしたかバレてこっちの話題も飛ぶでしょうしね(笑)
ジュンちゃんカッコイイとかアホ丸だしなこと言ってた人は、自分の愚かな選択を猛反省してほしいですね。

放送休止は不幸な事故で仕方ないけど。
いつも思うのは、こんな事件のアレな加害者がなぜ犯行に及んだか、マスゴミとかが、犯人の思考を理解しようとしたがるのか判りません。

普通の人の『常識』ってソフトが入ってない人間の思考なんか理解できるわけないですよ?
精神状態で責任能力ないとかって話も変だし。
責任とれない状態って、それもう人間でなく、危険な猛獣とかと同じだし。
人として責任を果たしてるから『人権』もあるんです。人として扱う必要もないよ…。

かなーり、イライラしてるので毒が溜まってますね(^^;
デトックス(毒抜き)な発言はこれくらいにしておきます(笑)

1日も早い、ひぐらしの再開を願います。
 

続きを読む »

ロミオ×ジュリエット 第23話「芽吹き~死の接吻~」

君の運命は、僕の運命――。

ネオ・ヴェローナはキャピュレット家に取り戻された…。
戴冠を前にジュリエットは、エスカラスの元へ向かう。
ロミオは、ティボルトからジュリエットの運命を聞かされ止めに走るが…。

ロミ×ジュリも佳境。
互いを想いあい、剣を交えるロミオとジュリエット。
運命を変えることができるのか…

▼ 第23幕 『芽吹き~死の接吻~』

ロミオは、大公の座をキャピュレット当主・ジュリエットに禅譲。
大地を甦らせるため今は村に戻るというロミオ。いつかはジュリエットを迎えるために…
しかしジュリエットはエスカラスに身を捧げることを決意を胸に秘め、心の中で別れを告げていた…

キャピュレットに大公位が戻ったことに沸くネオ・ヴェローナ。
ロミオは立ち去る前に、一人亡き大公を弔う…。
そこに現れたティボルトは、ジュリエットのためと身を引こうとするロミオを叱る。

「人のためだ街のためだと耐えているうちに、最愛の人にでさえ、
 身を退くことでしか想いを伝えられなくなってしまったのか!?」

大地の崩壊を止めるためにジュリエットがエスカラスに身を捧げようとしていることを教える。
異母兄弟であることも明かしたティボルトは、いきなり兄様らしい行動です(笑)
 

続きを読む »

ながされて藍蘭島 第25話「鍛えて、へなちょこ」

龍神島に行く鍵は、富士山の頂上。
行人たちの前には多くの試練が待っていた!?
ちかげたちの妨害、4匹のぬし様たち…。
行人の力が試される…?

セミファイナルらしく、ぬし様オール登場!
ついに最後の西のぬしの正体が明らかに(笑)

▼ 第25話 『鍛えて、へなちょこ』

龍神島に行くには鍵が必要で、それは富士山の頂上にある。
地図まで用意して、おばば準備良過ぎなんだけど(^^;

島から行人を出したくない、ちかげたちが妨害作戦にでる!

豆大福ですずと釣って、巨大迷路に誘い込まれる。
なんたる巨大迷路、りんの行人を想う気持ちはスゴイ。
でも、行人が迷わないように出口まで標識あったら意味ない(笑)

迷路のトラップと言えば大玉ごろごろ~!
が、大玉はゆきのとりんをペチャンコに…やっぱり、りんが作っただけに欠陥?
そして出口が開かないと思ったら、引き戸でした(^^; さすがメイドインりん(違)

転がってきた大玉は、ぬし様1号大虎に跳ね飛ばされ、あやねも吹っ飛ばされた(笑)
 

続きを読む »

アイドルマスターXENOGLOSSIA 第25話「春の雪」

諦めないよ、全部――!

インベルの声に従い春香は、ヌービアムの元へ。
待ちうける雪歩との決着の時――。
ウルトリウスの照射時間が刻一刻と迫る…。

春香と雪歩は、やっぱりぶつかりあうしかないのですね。
雪歩にとっての一番は最後まで千早。これも一途な愛なのかな…

▼ 第25話 『春の雪』

iDOL 同士は意思を伝えあうのか、インベルはヌービアムと会うことを望む。
ネーブラとテンペスタースも同じことを望む…。
インベルを愛する春香は、いつウルトリウスが照射されるかわからないトゥリアビータに向かう。

浮かびあがったトゥリアビータ本部は、島全体が宇宙船みたいになってる。
島に侵入した強襲舞部隊は、斧を持つリファ軍団に壊滅…こんな時に嫌な武器(^^;

100体を超えるエピメテウスが飛び出し、春香のインベルに襲いかかる。
前に進めず焦る春香…。
その時、エピメテウスたちが、亜美&真美のテンペスタースのハーモニーだかにおびき出されます。
伊織のネーブラは、時間稼ぎすればいいだけなのに、全力攻撃! 無駄に熱血です(^^;
 

続きを読む »

ドージンワーク 第12話「まだまだやりたい、もっとしたい」

最終話放送休止の伝説を残した某作品。
こっちは最後まで紙作画のまま、ゆるゆると終了♪
Bパートは実写という斬新すぎる手抜っぷりになんで最後まで見たのか謎(笑)

声優二人の同人デビューは叶ったのか?
コスプレで謝罪会見の方が美味しいと思うんだけど(笑)

▼ 第12刷(最終話))「まだまだやりたい、もっとしたい」

露理とジャスティスにも、プロになるチャンスはあったけど断っていた。
自分のペースでしたい露理。
ジャスティスのは、商業誌では掲載できなさそうな…。
露理まで赤面ってどんだけ(^^;

店頭での販売開始。
誰も買わないので自分で買うなじみ。
変装したけど、しっかり店員にバレてるし(^^;

1日目の売上は、なじみと星の買った2冊だけ。
そんな感じで3日目最終日…

買わないと言ってた、かねるさんが変装してお買い上げ。
そして、ジャスティスも…
するとあの大手ジャスティス買うならと、他の客も殺到&完売となります。
 

続きを読む »

School Days 第12話(最終話)「未定…」

放送中止!?
タイミングの悪いアレなニュースのせいで放送なしだって。
もうどんだけ伝説級の鬱作品ですか!?
中止するってことはやっぱり鮮血ENDなのかな…。

tvk以外の放送予定は以下…。

千葉テレビ 9/19 26:00~
テレビ愛知 9/19 27:28~
テレ玉   9/20 26:00~
テレビ大阪 9/21 28:05~
AT-X   9/27 10:30~

放送はあるのかないのか…
最後まで黒い伝説を残して終わるのか?
 
追記:

地上派全滅…
残るAT-Xもチキンでファッキンなとこだしね。
だって、専門のCSチャンネルなのに、津波警報をずっとアホみたいに表示しっぱなしにするんだよ! だれが海でCS見るのかもうアフォかと。

DVDまでお預け…長いですね。ホントに最後まで鬱な…
 

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話「ファイナル・リミット」

強くなるって約束したから――。

守りたいものを守るために、強くなろとしてきた…。
大事な仲間を、友達を、愛するものを――。
育み守られたものは、次に繋がる絆となっていく…。
そして、いつか約束の空へ――。

セミファイナル。
最後の魔法少女ヴィータの出番がやっときました(^^;
残る敵はクアットロのみ!
なのはは、ヴィヴィオを助けることができるのか…

▼ 第25話 『ファイナル・リミット』

次元航行部隊到着までに、聖王のゆりかごは軌道ポイントに到達してしまう…。
はやてちゃん、ついに突入することを決意!
アルトがリインを連れてくので待ったコールがかかり、ちょっとタイム。

なのははブラスターを使い、ヴィヴィオを拘束し結界に封じるが、次々に破られる。
ブラスターは、術者の限界を超えブーストさせるもの。
使えば使うほど、術者もデバイスも消耗していく。

一撃必殺を撃てる状況でもないなら問題ないと分析するクアットロ。
どんどん使わせて消耗させる気です。

クアットロの中にスカリエッティのコピーがいるので。
元のスカリエッティはもう用無しと、ラボの自爆装置を作動させる。
閉じ込められフェイトちゃんたちもピンチ!
 

続きを読む »

ななついろ★ドロップス 第12話 「初恋はななついろ」

想いが奇跡を起こす!
冬になっても正晴の記憶は戻らず…
約束を信じて耐えるすもも。
アスパラが星のしずくの薬を渡しても正晴を信じて待つ…。
正晴自身が記憶を取り戻すことを――。

最後まで綺麗な話でした^^
同時期の某作品と好対照の心洗われる感動のお話☆

▼ 第12話(最終話)「初恋はななついろ」

なんかすごく大事なことを忘れてるような気がするんだ…。
無くした記憶に、正晴ももどかしさを覚える。
ふとした時に何かが心にひっかかる…。
夕焼け空に、星空に…。

すももは、正晴の約束を信じてひたすら待ち続ける。
ただ毎日、正晴と会えるだけで幸せと…。

何か思い出せるのではと、正晴が日曜日に園芸部にやってきます。
なんとかきっかけになればと話す、すももは、スプリンクラーで手を怪我する。
正晴は治療しようとするが、ポケットからは、すももが渡したファンシーなバンソウコウが。
何か思い出しかける正晴…。
 

続きを読む »

もえたん 第11話「負けるな受験生!」

魔法王国を救った魔法少女たちのその後!
普通だとエピローグみたいな感じだけど、この作品だと、むしろこっちが本来の展開(笑)
魔法を無くしてナオに勉強を教えれなくなったインク。
元気のないインクを見てスミはある作戦と提案…。

やっぱり、かーくんとスミはラブラブになりました。猫好きだしちょうどいい?
あーくんは、まだインクとかペッタン子なとかへ執着がって…(ぉ)
二人はまたアヒルと猫に変えられ、インクたちと人間界へ戻りました。

▼ 第11話 『負けるな受験生!』

人間界に戻り数ヵ月後。受験直前。
まだナオに教えたいことがあるけど変身できず、悩んでるインク。

見かねたスミは、魔法でなくてもコスプレで変身するのを提案。
いやそれじゃ正体バレバレだけど?

ひさびさに昔のように仲良く(?)、材料を買ってきてコスチュ―ム制作。
完成し、さっそくナオくんの家に向かったインクちゃん。
でも、ただのコスプレだから寒い!!
で、出迎えに出た澪からは、冷たい目で見られるし(^^;

澪には当然正体バレてるけど、ナオくんはアホの子なのか、パステルインクとして迎えます。
ひさびさに勉強が見れてインクが嬉しそうなのでいいか。
…部屋に、ぽてまよのフィギュアが(笑)
 

続きを読む »

エル・カザド 第25話 「聖なる女」

遺言があったら、どうぞ――。

滅びた魔女の村――ウィニャイマルカに辿りついた二人。
造られし魔女と、その生贄に選ばれた女。
全てはローゼンバーグの企み通りに進み、エリスは覚醒するが…。
記憶の消える前にエリスは、ナディに最後の依頼をする――。

エリスとナディの旅も終着点。
シュナイダーの死の真相がようやく明かされる…
…なんか最後まで不思議な空気な作品です(^^;

▼ 第25話 『聖なる女』

エリスは何かに導かれるように、魔女の村の地下の聖地に到着。
ローゼンバーグが、古代インカの祭主ぽい姿で登場(笑)…アホですか。

エリスの力に反応し、遺跡の巨大なインカローズも覚醒。
その力に守られてるか余裕で、愉快な服装のローゼンバーグ。

しかし、ナディの銃の技とエリスの魔女の力は、無数のトラップを全部クリア。
なんたるアクション作品、エル・カザド!(ぇ)

「遺言があったら、どうぞ」
「教えて…本当の答えを…」

ナディとエリスに迫られ、愉快王ローゼンバーグは全てを話す。
シュナイダーを殺したのは、ローゼンバーグ。
父の復讐のためでなく、魔女の力を欲して行動してきたと。
 

続きを読む »

ヒロイック・エイジ 第24話「エリュシオン」

未来への道は途絶えない、希望はけっして――。

アルゴノートは、ついにエリュシオンに到達。
伝説の地に降り立ったディアネイラは、黄金の種族の遺した遺志に接する…。
しかし、銀の種族が選ばれなかったとロム・ローは黄金の遺したものを消そうとする。

今回はシナリオも映像もすごく良かったです!
伝説の地だけあってエリュシオンの光景は、まさに脅威の異世界。
宇宙叙事詩って言うからにはこういうのが見たかったです^^

▼ 第24話 『エリュシオン』

通常空間に帰還したエイジたち。
ついでに飲み込まれた艦隊もお持ち帰り~♪ 馬鹿兄たちは生きてるのか?

さすがに4人のノドスも疲れて、パエトーの船へ。
レクティに、間違ってるのはロム・ローの方と諭され、パエトー坊やを足代わりにするのに成功。
パエトータクシーでエリュシオンにGO☆

アルゴノートは、奇妙な磁気嵐に突っ込みピンチ。
ディアネイラは、これが黄金の種族の試練と見破り、アルゴノートへ主砲の発射を命じる。
「試されているのです。 
 私たちが自らの力でこの先の道を切り開くことができるかどうかを…」
 

続きを読む »

瀬戸の花嫁 第24話 「さらば友よ」

さよなら、海――?
海が不治の病だと言う話がサルから広まり。
愛のシャチホコ募金がTVで集まるようなことに…
…思い違いは怖いな(笑)

ラス3話になって、もう一度メインになって、海も本望でしょう(笑)
海、最後の勇姿(違)

▼ 第弐拾四話 『さらば友よ』

病院から出たところを永澄たちに見られた海。
必死に風邪と誤魔化すけど、そこって皮膚科だよ?

怪しんだ巡は、秘密を暴こうと張りきるし。
単に、お尻のオデキができたってことなんだけど…。

忠義に厚いサルは、海がそんなことで悩む小さい男でないという。
いや小っさい男だし…
で、サルは病院で、海は(態度は横暴で)手の施しようがないって話を聞く。

勘違いしたサルにより、海が不治の病という話しがあっという間に広まり。
学校中が海を送る会に…って喪服は早いって(笑)

噂は、全国区になり、ルナちゃんゲストで追悼番組まで(爆)
海を救うシャチホコ募金が!? 黄色いシャツにマラソンまで…どこの番組さ(^^;

TVを見た海も、サルの話しを真に受け病気だと思い込むし(笑)
最後に思い残すことがないように、永澄に最後の決闘を申し込む!
 

続きを読む »

ゼロの使い魔~双月の騎士~ 第11話 「銀の降臨祭」

貴族と使い魔――ルイズと才人の考えの違いは埋まらず。
才人に思いが通じないルイズは、魔剣のアドバイスを受けて…
黒猫コスで才人にアタック(笑)
アルビオンまで追いかけてきたシェスタも、ウサコスで対向!

ラス2話になり、いい感じに壊れてきたアニメ版ゼロ使(^^;
原作信者はお怒りでしょうが、これこそアニメ版らしい展開かな(笑)

▼ 第11話 『銀の降臨祭』

アルビオン軍は食料を持って町を放棄する焦土作戦。
食料を供与されて喜ぶアルビオン市民に、誇りがないとルイズ。
戦争否定の才人とぶつかり合います…。

銀の降臨祭の期間でもあり一時休戦。
停戦を言い出すアルビオン軍に、シェフィールドも戦いは潮時と考える。
シェフィールドにとっては、アルビオンとトリステインを戦いで疲弊させたからOKってとこかな。
アニメは戦争描写しない展開を選んだので、シェフィールドの存在も空気ですね。

ルイズはアンリエッタから偵察任務を受けるけど。
ゼロ戦は修理中だし、才人とケンカ中だしで、ジュリオの竜で偵察に。
それを見て才人は、ルイズとジュリオに誤解するし…
 

続きを読む »

らき☆すた 第24話 「未定」

最後は、文化祭のお話で締め。
お祭りは、始まるまでの準備も楽しい。
いざ当日がきて終わってしまうと寂しいもの。
らき☆すたの祭りもこれでお終い…。

あきら様の本編出演の野望は成就したのか?
最終回~。

▼ 第24話 (最終回)『未定』

オープニングセレモニーに、パフィはチアダンスをしようと思いつく。
なる。これがOPのダンスになるのか。

ゆたかが、体が弱くてもダンスを頑張りたいといえば、みなみたちも参加するしかない(笑)

こなたも、パフィの『ハルヒの握手会のチケット』に釣られ(^^;
人数集めに動く。

一生に一度の思い出になるって言われあっさり、つかさは仲間に。
かがみも、こなたにかかればカワイイもの、巧く乗せられます。
なんだかんだで、かがみは、こなたに甘いから(笑)
みゆきさんも胸担当(ぉ)で誘います。

しぶしぶ参加と言いつつ、かがみはやるとなったら一番熱心。
ダンスの準備を進めないパティを急がせます。
3年間こなたたちと別クラスだったし、共通でした思い出がほしい。
かがみの独白に、こなたたちはニヤニヤ(笑)
 

続きを読む »

さよなら絶望先生 第11話「あれ不可よ 原作があるじゃないかね」

原作ありのものって作るのが難しいみたいです。
某ツンデレファンタジーの続編とか原作イベント消化するだけでダメダメでしたしね(ぇ)
原作と違えばファンが怒るしと、どうしろと(^^;
シャフトは好きなようにこの作品作ってますけどね(笑)

残り2話でもいつもどーりの絶望クォリティ!

▼ 第11話 『あれ不可よ 原作があるじゃないかね』

作中はもう冬休み。1クールだと時間経過も速い(^^;

映画がつまんくきてキレる絶望クラス一行。
でも原作通りと言い訳する監督。
先生は監督を『原作通り』に逃がす。

前の『下見専用寺』と同じネタ特化したベストプレース登場。
原作でも多用されるネタで、ワンパターンになってる感じも。

原作より面白かったら原作者に失礼。
それはそれでいいんじゃないかと?
アニメよりつまんないラノベもありましたしね。ス○イヤ○ズ!とか(マテ)

絶望先生にも『絶望の器』って原作小説が…ねーよww 捏造はいけません(笑)
 

続きを読む »

ハヤテのごとく! 第25話 「心を揺らして」

試してみればいい~んじゃな~い――?

思いつきでハヤテは売ったけど、屋敷に連れ戻したいナギ。
ハヤテとの絆を試すために、ナギに狂言誘拐を提案するギルバート。
試される執事とお嬢様の心…。

これはよい最終話ぽいストーリーでした(笑)
原作でも最終話用に用意された話だしね。

▼ 第25話 『心を揺らして』

鷺ノ宮家に売られ、壊れまくりなハヤテ。
伊澄はおろおろで、ハヤテを慰めるのも無理ですね(^^;

素直にならないナギに、マリアさん動く。
SPのみなさんも、黒さを垣間見せるマリアさんには逆らえません(笑)

ナギのやったのは、ハヤテの両親が借金に売ったことと同じと指摘するマリアさん。
やっと自分のしたことに気付き泣出すナギ…困ったお嬢様。。

無責任にワタルがどうにかすると言い出すサキ…このメイド何も考えてません(^^;
ワタルとマリアさんは、ハヤテの説得に向かうことに。
 

続きを読む »

天元突破グレンラガン 第25話「お前の遺志は受け取った!」

人間の力、見せてやるぜ――!

幾千幾万の螺旋の魂を飲み込んできた絶望の海。
超銀河ダイグレンも沈みいく…。
その身を捨て罠を打ち破る男がいた。
友の遺志を受け取り、超銀河グレンラガンは変形する…。

カミナじゃないけど、これこそ魂の変形!
一人の男の生き様を見ました。

▼ 第25話 『お前の遺志は受け取った!』

超銀河ダイグレンの沈められた宇宙の海。
それは螺旋力を吸い込むデススパイラルフィールドで作られた高密度の海。
永劫からつづく戦いで幾千幾万の螺旋の戦士の遺志を飲み込んできた。

「オレたちのパワーは無敵だ。 折れない心がある限り!」
心の力で海を脱しようと叫ぶシモン。

超銀河ダイグレンを沈めようと群がるアンチスパイラルマシン。
キタンは傷ついた機体でも迎撃に出る。
死ぬのが怖い人間なんていない。それでもこの生き方しかない…
不器用な男キタン。
ギミーとダリーも恐怖を抑え出撃。

沈降は止まらず、銀河螺旋海溝の深部に…。
シモンは海を作り出す最深部のデススパイラルマシンを打ち破る作戦にでる。
「こんなとことろで終わってたまるか!」
 

続きを読む »

ひぐらしのなく頃に解 第11話「皆殺し編 其の六 強い意志」

二度と、わたしは運命に屈しない。二度と――。

運命は変えられる――圭一たちの見せた奇跡。
梨花は運命に抗う強い意志を取り戻す…。
しかし、個人の意志を嘲笑うように、隠された闇が動き出す。
ふたたび、雛見沢の終末への幕が開く――。

沙都子救出の顛末と、雛見沢を覆う闇の真相が明らかになるアンサータイム。
巨大なる陰謀――そこにある真実に至ることが誰にできるのか…。
…む、むりです(汗)

▼ 皆殺し編 其の六 『強い意志』

圭一がダム戦争いらいの雛見沢の闇を消し、沙都子救出のために雛見沢を動かした。
しかし、最後に試されるのは沙都子ちゃん自身の決断。

児童相談所の救いの電話。
鉄平の脅しと兄・悟史への懺悔の気持ちが沙都子を縛る。

「耐えることが強さじゃない、大事なのは悟史の強さを受け継ぐこと」
梨花ちゃんの言葉が、沙都子の心の呪縛を解きはなつ!

自分の意志で助けを求めた沙都子。
大石が待機させていた警察によって鉄平は捕らえれ、沙都子救出なる!
 

続きを読む »

電脳コイル 第16話「イサコの病室」

メガばぁが病院でたいへんなこと…を、しでかしてた(^^;
秋刀魚を焼くとはなんたる困った老人なのか。。
しかし、その突飛な行動がヤサコを4423の秘密に近づけます。
何が謎を解く鍵になるか人生油断できません(笑)

アバンの噂は、最初の電脳メガネは心で思い浮かべた物を電脳物質化できたとか。
メガばぁの夫もメガネの開発者だったし関係ありそうだけど?

▼ 第16話 『イサコの病室』

見舞に行って病院で秋刀魚を焼いた問題老婆メガばぁを引き取り帰るヤサコ。
4423のことをメガばぁに訊くけど、思い出しそうで忘れてるって…やくに立たない(笑)
薬も忘れてて取りにいくと、盗撮をした画像を見てるアキラ発見。

謝ってるし許しかけるが、自分も盗撮されててやっぱり許さない!
ってかヤサコの写真はドジなシーンばかり(笑)
その写真の中にイサコが今病院にきてるものを発見。

ヤサコは、盗撮のことで脅して、イサコが隠してる病室を調べさせる。
偶然なのかその病室の番号は4423。偶然とは思えないしね。

そこに横たわるイサコの兄こそ、ヤサコの思い出の4423の人?
確認したいけど知るのは怖いのか、顔を見る前に盗撮を止めさせる。
でも、確かめずにいられず、病室に向かいイサコと出くわし、本人から話を訊くことに。
 

続きを読む »

地球へ… 第23話 「地球へ」

だが行こう! テラへ――。

多くの犠牲の末に辿りついた地球…。
人類とミュウの共存を望むジョミーはキースとの会談をもつが、話しあいは平行線のまま。
マザーが管理出産でミュウ因子を除かない理由を知らされたキースは、ジョミーにマザーとの対話を即す…。

SD体制で人類を支配しながら、ミュウの発生を許し続けたマザーの意志とは?
セミファイナル! 相容れない人類とミュウに共存の道はあるのか…。

▼ section23: 『地球へ』

マツカを手にかけたことに懊悩するトォニィ。
「…それでも僕らは闘う! ジョミーを信じて」

ジョミーのためにと懸命なトォニィの姿が痛々しい…。
そしてシャワーシーンは悩ましい(笑)

交渉を申し出るジョミーに、キースはグランドマザーに判断を仰ぐ。
「交渉するもよし、焼き払うもよし…」
判断を人に委ねるマザーに、キースは驚く。

迷うキースは、マザーがSD体制の管理システムでミュウ因子を除かなかったのかを問う。
それに対するマザーの答えを聞かされたキースはショックを受ける…。
何が話されたかはここでは明かされず…すごく気になります(^^;
 

続きを読む »

スカイガールズ 第11話 「4人目の少女」

4人目のスカイガールズ、ロリっと登場(違)
西ヨーロッパの生き残りエリーゼ。
愛機は、最初で最後になった正式量産型ソニック・ダイバー。
超強気な性格と、どっかで聞いたような設定です(笑)

ポイントはウサ耳(?)カチューシャ。
あれも量産機の正式装備なんでしょうか?(笑)

▼ 第11話 『4人目の少女(スカイガールズ)』

ワームとの実戦を経験して音羽ちゃんの反応もよくなり、訓練成功率86.9%。
瑛花も満足し、お褒めの言葉。

そんな中、ソニック・ダイバー隊に特務艦攻龍への移動が知らされる。
作戦中はずっと艦内勤務と聞き、不安がる可憐ちゃん。
3人いっしょだからと励ます瑛花ちゃん。
そんな気配りまでできすっかりリーダーも板についた感じです。

しかし、訓練中にソニック・ダイバーで乱入してきた4人目にはキレる瑛花。
売られたケンカを受けてたち、挑戦的なロリッ子エリーゼを3機チームで捕らえます。
3体1でないと勝てないとエリーゼはまた兆発するし(^^;

エリーゼの愛機は、バッハシュテルツV1。
正式な量産モデルでしたが、西ヨーロッパ基地の生産施設がワームに破壊され最初で最後の量産機となってしまいました。
ソニック・ダイバーをもてあます軍は、エリーゼごと押しつけてきたって感じ。
 

続きを読む »

DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第23話「神は天にいまし…」

迷った時は、自分の直感を信じて動けばいいんじゃないですか――。

一夜だけ本当の星空が見える…噂を信じ昔の星空を待つ人々。
再会した未咲とヘイも、夜更けまで同じ空を見上げた…。
同じ空の下、アンバーたちEPRは東京消失計画を実行に移そうとしていた。
「組織」に切り捨てられ命を狙われたヘイたち…。
ヘルズゲートを巡る物語は、最後の幕を開ける――

DTBも終盤。最終展開を前に、凱&キコちゃん登場。
最後の休息。そして東京最終決戦へ!

▼ 第23話 『神は天にいまし…』

始まりは、南米消失の起こった星の流れる夜…。
密林でワイヤーだけを武器に契約者を倒すヘイさん。
湖面に倒れる契約者たちの中でたたずむ少女――ヘイの妹パイ。

もう出ないと思ってた凱&キコちゃん登場(笑)
今度の依頼は、子供の自由研究「昔の星」についてのアンケートって…。
お金に目がくらんだキコちゃんが受けちゃいました(^^;
街では、ゲート出現の星空が一晩だけ現れる噂が流れているらしい。

未咲はパンドラの動きに疑問を持つが、すでに捜査権限はない。
自分の信じることを行なえ――アンバーの残した言葉に、未咲は一人で動き出す。
 

続きを読む »

怪物王女 第23話 「死霊王女」

ドラクル公や人狼族と、姫に刺客を送りつづけてきた黒幕ゼブランとの対決。
姫の反撃に、ゼブランは、反則技の死霊を使い街ひとつを炎で焼くにいたる…。
ルール違反は王族でも罰されるようですが?
とりあえず、ヒロはフランドルの再起動の件で有罪ね(笑)

終盤だけにシリアスで作画も安定(?)
ずっとこれくらいなら見れたのに(^^;

▼ 第23話 『死霊王女』

令裡のコウモリから得た情報で、王族がいるらしい山間部の町に向かった姫たち。

兄の仇と燃えるリザは、令裡とヒロを連れアジトらしい廃工場へ。
そこで待っていた不死身の戦士ミカサと戦いになる。
しかしそれは時間稼ぎで、王族のゼブランは町に死霊を放ち、姫たちの退路を断つ。

王ですら使用を禁止された死霊に、相手などできないと令裡は戦線離脱。
でも、シャーウッドに姫の窮地を知らせにいくあたりはいいツンデレぶり(違)

襲われたものも死霊にされるという…なんたるバイオハザードな状況。
フランドルのバッテリーが切れ、充電で朝まで足止めに。
充電はこまめにしましょう(^^;
 

続きを読む »

風のスティグマ 第23話「紅炎」

武闘派カップルは説得も力尽く!?(汗)
暴走する和麻を止めれるのは自分だけ。
そう覚悟したけど綾乃には、止めれる自信も方策もなし。
いつもどーり正面突破です…。

ある意味最強の敵が主人公ってどうなのかと(^^;

▼ 第23話 『紅炎』

和麻を処分しても止めると聞かない厳馬を説得し。
綾乃ちゃんと錬くんは、和麻も来るはずのパンデモニウムの降臨場所へ。

力を求めるシードたちは、勝利のためにお互いつぶしあう。
錬くんは浄化の炎で救おうとするけど、パンデモニウムの降臨で全員が妖魔と化す。
で、妖魔よりさらに邪悪な感じな魔王な和麻が現れ、妖魔を虐殺。

復讐などしても翠鈴さんは喜ばないと説得する錬くん。
和麻は自分の怒りのまましてることと耳を貸さず…。

綾乃ちゃんは言葉の説得でなく、力づくで叩きのめすことを選択(^^;
怒りで我を忘れた和麻は弱くなっている。
そんな無様なのは何時か勝とうと憧れた和麻じゃないと叫ぶ。

力は守るために使うもの――綾乃ちゃんの言葉に正気に戻る和麻。
でも燃える綾乃ちゃんは、紅炎で和麻を攻撃(^^; 死んだらどうする!?(違)
 

続きを読む »

ムシウタ 第9話「夢ノ欠片」

自分の居場所が欲しい――。
同じ夢を持った3人の虫憑き――お互いの正体を知らずにいた少年と少女たち。
真実に気付いた時、夢の時は終わりを告げる…。

2週空いて、原作展開に戻り再開です。

オリジナル編は終わり霞王たんたちの出番は終わり。
奇跡的に3期とかでれば出番あるんでしょうけど(^^;

▼ 第9話 『夢ノ欠片』

霞王により閉じ込めれたデータごとを破棄されたかと思われた大助。
Cちゃんは、霞王より先に逃がしていたようで無事でした(^^;
それでも心配して連絡するCちゃんは健気です。

で、大助は、土師を問いただし、ふゆほたるがGARDENを逃げ出し桜架市に戻ったことを知る。
それはいいけど、なんでトイレの個室で話してるんだキミたちは…。

霞王により、親友あさみを欠落者にされて落ち込む利菜。
詩歌の存在が利菜を癒します。
レトルトといえマトモな食事も作れるよう詩歌ちゃんも成長中(笑)

詩歌の夢を訊く利菜。
『居場所がほしい。わたしがいること許される場所』
その夢は利菜のものに似ていた。虫憑きの生きれる場所を造りたいという利菜の夢と。
そして同じ夢を持つものがもう一人…。
 

続きを読む »

ロミオ×ジュリエット 第22話「呪縛~荒ぶる激情」

あまりに強く愛したら…失ったときの悲しみに耐えられないから――。

天命を失った大公に、幕をひこうとするロミオ。
そして憎悪で結ばれたもう一人の息子ティボルト。
愛を信じられず権力に頼った悲しき支配者の最期…。

モンタギューとの最終決戦。
血の呪縛で結ばれた二人の兄弟は、父の前で対峙する…。

▼ 第22幕 『呪縛~荒ぶる激情』

エスカラスに身を捧げる決意をティボルトに話すジュリエット。
これにはティボルトも驚くが、ジュリエットの決意はもう変えれない。

ロミオは母に会い、僕の手でモンタギュー家に幕を引きます」と父を討つ決意を示す。

出陣するジュリエットに、戦いが終わればただの女に戻れると言うにコーディリア。
いっしょに出たフランシスコやキュリオも、戦いの後のジュリエットのことを思う。
ジュリエットが世界のために身を捨てる覚悟をしてるとも知れないで…。

ネオベローナを市民の手に!
軍を率い城に降り立つジュリエットだけど、もう無駄な血は流したくない。
ジュリエットの意思に、兵たちも、無血で門を開く!

だが、ジュリエットより先にティボルトが大公の前に。
「俺にはお前と同じ血が流れている。 息子の手で滅べ!モンタギュー!」
長年の復讐に燃えるティボルトの二刀流は、大公を捕らえる。
 

続きを読む »