図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

堂上は精神的ショックで入院。
玄田は重症…。
死傷者が出たことで図書隊を叩く世論が吹き荒れる…。

数話前のラブコメ展開がウソのようなシリアス展開な最終回。
なかなかよい纏めじゃないかな。


▼ 第12話 『図書館ハ誰ガタメニ』

意識を戻した玄田さんに、後事を託し稲嶺司令は辞任。
多くの図書隊員に見送られて去って行く。
稲嶺が図書隊を作った意志はしっかり受け継がれたようですね。

毎日、堂上を見舞に行く郁がマスコミの取材に狙われる。
堂上の大事な本が踏まれたが、冷静になれという堂上の言葉を思い出す。

自分たちが、図書隊が戦う意義をどうどうと宣言。

「間違ったルールを疑うこともせず、ただ従って生きてるなんて…
 生きてるとはいえないと思います!
 …守るべきものを守り通します!!」


郁の言葉は、図書隊に味方する世論も作りだし。
手塚兄も反図書隊の世論を消すために動いたり…ただの腹黒い人じゃなかったんだ(^^;
 
 
届けられた多くのツミレ
郁は堂上に気持ちを伝える…。

「教官はいつも私の王子様でいてくれて…。
 …でも、もうはっきりわかります。
 高校時代の憧れの王子様じゃなくて、今、目の前にいるあなたが好きです!」


告白が堂上に記憶を取り戻させ…たのかな(笑)
堂上も完全復帰です^^

郁や堂上はこれからも、図書の自由のために戦っていく。
そして二人はラブラブなんでしょうね(笑)


アニメとしてはいいとこで終わったんじゃないでしょうか(笑)

原作はまだ1巻つづくらしいですが、この後、郁が寿退社みたいな展開?とかまでは見たくないかな。
ましてや番外編のその後も武闘派カップルのラブラブ展開なんて(^^;
そこまでしたら無粋すぎますからー。


ノイタミナ枠ということで安心して見れるからか、人気あったのかな?
原作人気もあるでしょうしね。

フツーにドラマでもできそうなフツーぽさが受け入れられたんでしょうかね。
ギアスやマクロスFみたいにやりすぎはウケないのかもとか思ったり。
ノイタミナ枠でもぶっ飛んだのありましたけどね(笑)
 
いいところでキレイに終わってるし、この作品については2期とかはいらないです(ぇ)
ベタでもラブコメはいいもの…結論はそれで(笑)


・TB先・
エンドレス・ナイトロード
 
http://blog.goo.ne.jp/chaosbrave/e/b6c14c53511fefd5b964bf18a3988b63
関連記事
コメント

>7様

はじまめして^^
コメントありがとございます。
アニメだけで見ていましたけど。
堂上が記憶を戻すシーンはジンときましたね^^
シンプルな話でしたが、郁たちの明朗なキャラもあって楽しめました^^

No title

初めまして
こんにちは
私はこのシリーズを本から入って見ていました
一部本と違う展開もありその都度本とはまた違う新鮮さを持ってみることができました。たった12話で終了なんて…と最初は思っていましたが、最終話を見て号泣。
記憶喪失になった堂上を前に郁が「堂上教官……」と泣き崩れた所で一度、ラストあたり「堂上教官がいなきゃ…」のくだりで涙腺が崩壊しました。(苦笑
ちゃんと戻ってきてくれて有り難うございます、なんてお礼を言ってしまいそうで……
初めてなのにこんなに長々と語ってしまってすいません
では、最後に。
私も図書館戦争が大好きです。
では
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やはりこういう系統はアニメに限りますね(≧▽≦) 今回のでそう確信できた気がします。図書館戦争最終第12話『図書館ハ誰ガタメニ』

 茨城県展初日の攻防戦の末、なんとか作品は守れたものの……。 その代償は、あまりにも大きなモノに(≧o≦) 玄田は、作品を守る為に...

図書館戦争 (最終話)

図書館戦争{{{第十二話「図書館ハ誰ガタメニ」}}}{{{一時的な傷害を負って他人を認識できなくなってしまった堂上。玄田隊長も一命は取り留めたが意識が戻らず、さらに世間の逆風もあり、関東図書隊は窮地に立つ。}}}== 堂上は認識傷害 ===== 「...

「図書館戦争」最終回のおはなし

ちょっとびっくり・・・堂上さん、無事だって信じてたけどまさか失認って。あ、玄田さんはだいじょぶだって思ってましたー。例え防弾チョッ...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 前回の良化隊との激しい戦闘の末、負傷した堂上と玄田隊長。 両者とも意識不明で入院中。  玄田隊長は良化隊の発砲を全て受け止めるという無茶をしたが、奇跡的に命だけは助かった。 だが、その代償は大きく、未だに意識を取り戻...

図書館戦争 第12話

状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」あらすじは公式サイトより死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱...

図書館戦争 #12<終>

状況一二 図書館ハ誰ガタメニ気になる堂上の容体は・・ 失認 と 遂行機能障害親しい者にとっては ちょっぴりツライね・・でも、良化隊に犠牲者が出たことで 図書隊への批判も高まって、気を落としてる場合じゃないよう・・「教官が復帰した時、少しも変わっ...

図書館戦争 12

= 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 ={{{遅くなりましたが図書館戦争最終話です。この作品も1クールだったんだね、あっという間でした。世界観が面白いだけに、2クール作ってほしかったです。手塚の兄貴との戦いもケリ付いてないし、これは2期を期待しま?..

「図書館戦争」最終話 ~勇ましき業が深き男の勇退をとくと見よ~

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い...

図書館戦争 第12話(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」感想

 堂上教官が助かってよかった!![E:happy02]でも、あの姿は辛かったです

【最終回】図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」の感想。

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」評価:──ありがとう脚本古怒田健志絵コンテ浜...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 見ました。最終回です。ちょっとウッって来ちゃいました。泣かなかったけれど、い...

図書館戦争 第12話感想

最終回を迎えた図書館戦争。最後の感想を書かせてもらいます。玄田さんに堂上生きてた!wwwwしかし、堂上はショックで記憶喪失...

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」最終回?火の海から救出された王子さまは・・・お姫さまのキスで目覚めた!!(嘘)...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争  お勧め度:お勧め  [ノイタミナ]  フジテレビ   関西テレビ  東海テレビ  原作   監督   シリーズ構成   キャラ原案   キャラデザ 。。。。・「・ヒ・...

図書館戦争第12話「図書館ハ誰ガタメニ」

  茨城で開催される県展の最優秀作品「自由」を検閲する為、良化隊が集結した。対する玄田率いる関東図書隊は、精鋭のタスクフォースを中心に、地元茨城第一図書館の防衛部員が対抗する。手塚の兄慧の情報を受け、検閲は県展初日開始前の1回のみだと知り、自由を美...

図書館戦争 状況一二 図書館ハ誰ガタメニ

 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。 カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自...

図書館戦争 #12

全身に銃弾を浴びて、玄田は重傷。そして堂上は、たいしたケガはなかったものの、精神にダメージを受けて、自らの意志を失ってしまいました。そんな郁たちに、さらに追い打ちをかける...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」(最終話)

最高の最終回だったと思う 図書館戦争第12話。 ↑1日1票お願いいたします↑

図書館戦争 状況一二(最終回)『図書館ハ誰ガタメニ』

図書館戦争 最終回です。 堂上は生きていた!!! とりあえずよかったが、事故のシ

図書館戦争 状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』【最終回】

さて図書館戦争も最終回を迎えたわけで。終わりってのは寂しいね。 最終回はオリジナル展開9割の原作展開1割といったところ。 ・・・堂上がほとんど喋らないというのが残念であった(涙)

図書館戦争「状況一二 図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争「状況一二 図書館ハ誰ガタメニ」です。いよいよ図書館戦争も最終回です。今まで色々貶してきましたが、終わるとなるとちょっと寂しい気もします。まぁ、先週の終わり方からすると、看病を通じて郁と堂上の二人の関係が進んで終わりそうな気もしますが...

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」(最終回)の感想

前回で倒れた、堂上、玄田がどうなったのか、また、笠原と堂上の恋の行方、ついでに柴崎と手塚の恋の行方が気になった最終回。個人的には柴崎の恋の行方が一番の注目点でしたが・・・・・

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争、最終話。堂上は外傷も脳に損傷もないようですが、精神的にショック状態になってるようですね。玄田も一命は取り留めたものの意識不明のようです。テレビのニュースでは図書隊批判が繰り広げられてますね。メディア良化隊とベッタリの局のようです...

昨日の図書館戦争 状況一二

「図書館ハ誰ガタメニ」前回、茨城での死闘の末に、玄田隊長と堂上教官は入院。堂上教官は、外傷は大した事はないが、ショックで全く何も反応できない状況に。図書隊が命を削って戦った結果、世論は良化隊寄りの偏向報道になり、逆風状態でマスメディアは必死になって図書...

図書館戦争 第十二話

 一命は取り留めた物の外的刺激に一切の反応を返さなくなってしまった堂上。脳に損傷

図書館戦争 第12話【終】

JUGEMテーマ:漫画/アニメ「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争第12話「図書館ハ誰ガタメニ」最終回感想

・堂上と玄田堂上は前回のことで記憶喪失みたいなのになっちゃいました外傷などはないようですね。。ありえなーい玄田は奇跡的に一命を取り留めたようです気合ですか?2階級特進…ナイスジョークではなく置き土産みたいです・マスコミ自己責任論…ここでも出ました一般に...

咲き舞うカミツレの花が堂上と笠原を明日へと導いて行く・・・今、目の前にいるあなたが好きです。

 茨城県展での死闘。展示作品『自由』を巡る攻防戦・・・その犠牲は大きかった。武蔵境総合病院。ここに【堂上】と【玄田】が入院している。特に【堂上】の病状は、、、外傷はなかったが、、、失認、、、推考機能障害、、、こちらの話している事がわからない・・・その自...

図書館戦争 第12話(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

私が感想を書いてる作品としては、今期一番に最終回を迎えたこの作品。最後は盛り上げてくれて、面白いところで続きになってましたので気になってました!!?死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂...

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」(最終話)

図書館の自由を巡る戦いとヒロインと王子様のラブコメの間で、最終回にはバランス良く着地したと思う「図書館戦争」第12話は水戸図書館の県展の攻防戦の後を描く。失認状態状態で入院中の堂上には郁、銃傷を負い意識不明で入院中の玄田には世相社の折口が付き添う。...

(アニメ感想) 図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?

図書館戦争第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」

=図書館戦争第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」=あらすじは公式より。死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」(最終回)

失認および遂行機能障害の症状に陥ってしまった堂上さん。怪我した時のショック状態に起因する一時的なものとのことですが・・・大火傷し...

Navigation159 図書館ハ誰ガタメニ 図書館戦争(終)

状況一二図書館ハ誰ガタメニ”かみつれ”すべてはここから始まった

図書館戦争12~麻里奈キャラハ永遠ニ

そして、正化31年、千の言葉を用いても表現できないほどの大バカ野郎が一人、その戦いに飛び込んだ。 おい、なんで、お前がナレーションをやっている? ナレーションがないと、まるで、ハルカ姉さまのいないみな

[終]図書館戦争 #12

#12『図書館ハ誰ガタメニ』 堂上教官は外傷は特にないけど、 ショック状態による一時的なものだが、 人の顔や話している内容の認識、 自発的な行動ができなくなってしまった。 良化隊に死傷者が出たことで 世間では図書隊に対する反発の声が

「図書館戦争」12話 図書館ハ誰ガタメニ

堂上は案外ケロッとしてるのかと思ってたら事故のショックで失認・および遂行機能障害に。あの火の海にさらされたショックとしてはちょっと...

図書館戦争 第12話【最終回】

図書館戦争第12話「図書館ハ誰ガタメニ」※用語等(公式HP等を参照。【総評…?】ハードカバー4冊分を取捨選択して、良く纏めたな...

図書館戦争 第12話 『図書館ハ誰ガタメニ』

毎週、楽しみに観ていたので、せっかくなので感想書いておきますね♪

図書館戦争 第12話 図書館ハ誰ガタメニ 最終回です~><

図書館戦争で泣くことは無いと思っていたのにやられました~^^;笠原と堂上教官の甘々恋愛物語だけでない深いテーマのあるお話でした。...

■図書館戦争【情況一二】図書館ハ誰ガタメニ

図書館戦争 #12の視聴感想です。 必ず戻る。 辞任の理由。 偏見報道。 苦難の中の力。 応援してくれる人たちがいる! ↑さぁポチッとな

図書館戦争・第12話

「図書館ハ誰ガタメニ」水戸図書館での戦闘で負傷し、意識を取り戻さない玄田。機能的には問題がないものの、意識の混濁が続く堂上。そん...

図書館戦争 状況一二 (第12話)「図書館ハ誰ガタメニ」(最終回)

「図書館戦争」公式サイト笠原の成長、堂上と関係進展ということで締められてはいますが、結局、何処にも着地できなかった…というのが本作の印象。すべてが中途半端といった感じがぬぐえず、残念に思います。確か、数年前、「メディア良化法」を連呼する知人から前...

図書館戦争 状況十二(最終回)「図書隊ハ誰ガタメニ」 感想。

ああ、終わっちゃったな……※ネタバレ注意

【感想】 最終回 図書館戦争 第12話 ~図書館ハ誰ガタメニ~

【感想】 最終回 図書館戦争 第12話 ~図書館ハ誰ガタメニ~あかん、OPからもう少し感動してしもうた・・・【あらすじ】 先の戦い...

[アニメ]図書館戦争 #12

図書館戦争 公式サイト 『図書館ハ誰ガタメニ』 脚本:古怒田健志 演出:柿本広大 絵コンテ:浜名孝行 作画監督:近藤圭一 良化隊を退け、県展を守り抜いたタスクフォース。だが堂上(前野智昭)は失認、玄田(鈴森勘司)も意識不明と、大きな犠牲を払うことになる。 さらに

「図書館ハ誰ガタメニ」 図書館戦争 第12話

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言...

アニメ『図書館戦争』の感想/状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』

図書館戦争 【初回限定生産版】 第五巻角川エンタテインメント発売日:2008-12-03amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』県展の警備で良化隊に死傷者が出たことで、検閲に対抗する図書館への批判が噴出。 図書隊も玄田と堂上が重症を負ったこ...

図書館戦争

 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」  ホームページからあらすじ・・・ 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はあ...

図書館戦争 第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」

『図書館戦争』#12(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

「私の一番大切なものが今戻ってきたから」茨城県展の警備で負傷した堂上と玄田は入院することに。しかし、世論はメディア良化隊に死傷...

図書館戦争状況一二 図書館ハ誰ガタメニ

                                                                                                                              ...

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」(最終話)

図書館の自由を巡る戦いとヒロインと王子様のラブコメの間で、最終回にはバランス良く着地したと思う「図書館戦争」第12話は水戸図書館の県展の攻防戦の後を描く。失認状態状態で入院中の堂上には郁、銃傷を負い意識不明で入院中の玄田には世相社の折口が付き添う。...

図書館戦争 第12話 最終回 感想

 図書館戦争 状況一二 最終回 図書館ハ誰ガタメニ  -キャスト- 笠原 郁:井上麻里奈 堂上 篤:前野智昭 小牧 幹久:石田...

図書館戦争 #12 [最終回] 「図書館ハ誰ガタメニ」

手塚は柴崎によって尻に敷かれるタイプだな(笑)当初、郁にツッケンドンでとっても偉そうな態度をとっていた手塚ですが今では柴崎に調...

図書館戦争 状況一二「図書館ハ誰ガタメニ」

『死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 感想

【あらすじ】死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じ...

「図書館戦争」第12話(終)

状況一二「図書館ハ誰ガタメニ」(終)茨城の戦闘で隊員に多数の犠牲者を出したタスクフォース。部隊のあり方について民衆から非難される中、関東図書基地司令の稲嶺はある決意を固める。周囲が非難への対応に追われる中、カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。...

図書館戦争 #12・最終回 「図書館ハ誰ガタメニ」 感想

あらすじは公式HPから。死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?何と言うか・・・。先ず良かったと...

■図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」

 前回、あれだけの激しい戦闘だったんですもの、それは死者も出ますよね。  不幸中の幸いというか、図書隊側の死者はゼロ。  メディア良化隊だけに犠牲者が…。  郁