ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう」

まさかあの雨が伏線とは…。
編集者の星兄は雨でダメにした原稿の替わりを探していて。
星くんは、なじみのデビューのチャンスと勝負に出ます。

いつか兄のつてで雑誌掲載の話とかもあるのかなと思ってたけど。
いきなりで無謀な試みでしょ(^^;
無謀と言えば、声優二人の即売会はできたんでしょうか?

▼ 第11刷 『なじみ とんじゃう』

日焼けもなく、なじみたちの夏合宿も終わり。次の即売会
勝手な修正コラボ写真を作ってる露理(笑)

星兄は原稿を雨で濡らし落ち込み中。
このままじゃ休載。
代りの作家を探さないと言われ、星は心当たりが…それムリだと思う(笑)

名門の学校を辞めてまで、なじみのマンガを広めようとしてる星くん。
人生間違ってるよ!!
なじみのマンガを、トラの穴で委託販売。売れ残ったらくびって条件。
星くん人生終わった…。

かねる負けずに、星兄にアピール(笑)
なじみのマンガはネットで同じ向きの顔だけと評判が(爆) それはダメじゃないかと(^^;
でも,なじみ本が完売! かねる負けてショック!
 
 
星兄は、かねるの方を推し、受けて立つ星くん。
星くんは1、なじみの本を00冊売ると勝負に出る!
もし100冊3日で完売すれば、星兄は読みきりを載せると言う。

聞いたなじみは、魂まで飛んでるし(^^;


Bパートは時間ないので、後で加筆…するかも。


次回 第12話(最終回)『まだやりたい、もっとしたい』
 
■TB先リンク■
たこの感想文
 
http://evi1101.blog31.fc2.com/blog-entry-806.html
http://blog.livedoor.jp/onochi/archives/51051044.html
http://kawasyachi.blog90.fc2.com/blog-entry-315.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドージンワーク 第11話

見よ!これが単色アニメの極みだ!!!もうなんか色が8ビット以下しかないんじゃないのか?と疑問に思うぐらいだ。来週最終回らしいがAパートに関しては最終回だろうが何だろうがどうでもいいです。一回

ドージンワーク第11話「なじみ とんじゃう」

なんっつータイトルもってくるんだドージンワーク日焼け後って意外とエロスを感じますよね、でもPCを無理やり落とすのはやめましょうねなじみさん

ドージンワーク 第11刷

今回は、なじみの本が完売するお話。ネットにネタにされてとはいえ、まさか完売するとは思いませんでした(笑)。それ以上のまさかは100部もの委託のお誘い、星も無茶しますねぇ。星の兄は前回原稿をダメにして落胆中。とりあえず、大目に見てくれただけで凄い....

ドージンワーク #11「なじみ とんじゃう」

なじみと出会って、確実に人生を無駄にしている星さんw誰か止められる奴はいないのか^^;ではドージンワーク感想です。ドージンワーク 第1巻【初回限定版】(2007/09/21)浅野真...

ドージンワーク  第11話  「第11刷『なじみ とんじゃう』」

 夏合宿も終わり、またすぐ即売会に参加する一同。 今回はなんといっても星兄弟が鍵なお話。  星君の兄さんは前回、迂闊にも大事な書類を雨に濡らしてしまい悲惨な目に。 しかし、今回はその書類のことで新たなる火種が・・・・・・ 凄く話の大きな展開に発展していき

■ドージンワーク 第11話「なじみとんじゃう」

 あ、今日は丸ノ内線だ。  毎回欠かさず電車が出て来るこの作品、なじみと一緒に、電車のバリエーションの面でも成長しているみたいなのです。  車内の描写もあんまり

ドージンワーク 第十一話

 原稿をダメにしてしまった星の兄。キャラ的に誠意が感じられないから困りもの…  

ドージンワーク 第11話『なじみ とんじゃう』

毎度お馴染みの電車のシーン、今回は地下鉄のようで背景が真っ黒。止まっているように見えるし、コントのセットのようなチープさがなんといいますか・・・らしいねwでもSEくらい入れたらどうなのかな?w雨で原稿を駄目にしてしまい気落ちする龍一郎を励ます純一郎....

ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう」

今回は営団丸の内線02系。(現東京地下鉄) やっぱり電車から始まるのね。

ドージンワーク 第11話 第11刷「なじみ とんじゃう」

夏合宿で作ったコピー本に手を入れた新刊で、即売会に参加するなじみ。なじみの「同じ顔の向き」の本がネットで噂に、完売。元T大生だと自称する星は「とらのあな営業部」に勤め出す。とらのあなに30部委託の依頼をなじみに。その星の兄はコミック誌編集部員。雨で原稿を濡

ドージンワーク第11話「なじみ とんじゃう」

みんないつの間にこんなに日焼けしたんだよwと、思ったら、露理がフォトショップで細工していただけか^^;露理のスクール水着っぽい日焼け跡がエロすぎるのが良いですな。つ...

(アニメ感想) ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう」

ドージンワーク 第1巻【初回限定版】海での失敗により、がっくりと肩を落とす龍一郎。そんな兄を元気づけようと、純一郎は「いいアイディアがある」と龍一郎を同人誌即売会へ連れて行く。即売会会場では、なじみとかねるが相変わらずの戦いを繰り広げていた。そんななじ....

ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう」

とりあえずタイトル画ぺたぺた。最近ドージンワークつまんない。惰性で感想かいている感じになっちゃってるけど、今日は見てていいことあったよん♪<アニメ 感想 キャプ 画...

ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう」

たまには電車以外の場所で始まらないのかこれはw前回原稿がパーになったので落ち込む星兄今回もさらに経費削減のために背景真っ黒ですwwwトンネルというより宇宙並の暗さ...

ドージンワーク 第11話 「なじみ とんじゃう/ももこときみこのドージンワクワク」

T大学を辞めてまでなじみの同人誌に入れ込む星。T大学ってテラ高学歴wそれを辞めるなんて…星は愛されるべきバカw<ドージンワーク ももこときみこのドージンワクワク 画像 感想 キャプ レビュー>

ドージンワーク 第11話(第11刷)「なじみ とんじゃう」の感想。

ドージンワーク 第11話(第11刷)「なじみ とんじゃう」Aパート 評価:見てない。Bパート 評価:――もう手遅れですよね脚本國井玲絵コンテ岩間貴

ドージンワーク 第11刷 なじみ とんじゃう

露理私も納得いかない。なじみの本がヒットする世の中なんて、カオス過ぎると言うか…。そりゃカオスだわな。この言葉にゃ頷くしかない。いよいよこの作品もこの話を含めて残り2話か。色々言われ

ドージンワーク第11刷「なじみとんじゃう」感想

まさに紙作画。しかも上手い演出に感じるから不思議なものです。DVDドージンワーク1初回限定版《予約商品09月発売》早速感想。また唐突な展開だこと。相変わらずBLアニメになってるし(笑)かねるの想像力はすばらしい、あなたは同人誌のネタは比較的すぐにできそうだ。..

ドージンワーク #11「なじみ とんじゃう」感想

代理作家に心当たりって・・・なじみはらめぇぇぇなじみの本が売れ出したら日本終わってるなネットで話題ww完全にネタ本wwwそれなら三日で100冊いけそうだけど。原作だと1000冊なんだよなぁ~wwBパート普通におっさん言うなw1枚足りないwwブルマくんバロ

ドージンワーク#11

「なじみ とんじゃう」 初めて?本編との関連性が高いサブタイ。 相変わらず、意図は不明。【関連商品】 TVアニメ「ドージンワーク」オリジナル・サウンドトラック・アルバム依田和夫 三留一純 (2007

[アニメ『ドージンワーク』]『ドージンワーク 第11刷』

『ドージンワーク』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第11刷 『なじみ、とんじゃう』。 ストーリーは…。 海での失敗により、がっくりと肩を

ドージンワーク 第11刷「なじみとんじゃう」

ドージンワークの第11話を見ました。第11刷 なじみとんじゃう「夏合宿で付いた日焼けのあとも消えないうちにまた即売会」「日焼けなんてどこにあるのよ!?」「どう?今回のは」「へ?あぁ、描いてて楽しかった」「なじみが楽しかったとかじゃなくて、売れ行きのこと」「うぉ..

ドージンワーク 第11話「なじみ とんじゃう」

アバンでの作画が見事だったので作画力復活か、と思ったのですが、本編はさほどでもなく。 しかし、お話の方はラストに向かって良い感じに進んでおります。 海合宿で売れた事ではなく「楽しかった」事に喜ぶなじみは、「同じ顔のマンガ」というネタで売れた事に不満を

ドージンワーク 第11刷 なじみ とんじゃう

水着の日焼け跡ってすっごい好きなんですよねぇ。 あの焼けた部分と白い部分とのギャップが食欲をそそるといいますか テリヤキチキンの焼けた面ぐらい香ばしいですよね(謎その跡がスク水だったら、もうその威力は3倍、いや5倍はあるな 赤いあいつも真っ青ですよ、ええ。

アニメ感想 ~ドージンワーク 第11話~

なじみ とんじゃう露理の使っていたパソコンはコンセントを抜くだけで消えるみたいです(笑)