桃華月憚 第10話「血」

ユーリカ、胡蝶三姉妹捕らわるの回。
最初で最後の活躍に…なるのかな?(笑)
あと新登場、すなわち今回が最後の出番のキャラも登場。

石剣を狙い進入してきた最後の一人ユーリカ。
吸血鬼?のようで寧々の妹・香陽を退けるほど強かったのね…

▼ 第10話『血』

桃香と桃花の様子をうかがう白川明日菜。
どっちかに片思いの様子…この作品だとどっち狙いかわかりません(笑)

石剣を狙った侵入者たちを一人で倒した香陽。
そんな香陽をも倒したユーリカ、ドジっ子でも戦闘力は高い?
香陽は別の空間に送られたのか?

真琴が倒れてるユーリカを見つけて話しかける。
人の血の吸いたいユーリカは、人間?と訊くけど真琴はうなづかない。
真琴も人間ではない??

由美子はうちに秘めたジュナの力に目覚めつつあるようで髪が勝手に動いてる…

雨が振り出し、桃花の洗濯ものが何故か消滅!?
寧々さんは、異変を察知って…
これも桔梗の力が弱まったせいなのか、上津未原に変化の兆しなのか(^^;
 
 
真琴は約束を思い出して帰り、ユーリカの牙を逃れる。
ユーリカは洞窟で雨宿りしてた明日菜を毒牙にかけます…
初登場なのにひどい扱いです(笑)

寧々さんは帰ってきた桃香と桃花といっしょに由美子の部屋に。
落とし穴好き?と訊いて畳に落とし穴を開けてもらう!?
それは異世界に向かう穴になってる。

異世界には進入者の吸血鬼がまっていたが。
セイの力を発揮した桃花と、桃香の石剣であっさり倒されるけど。

異世界も真琴の竜の力で消されてしまう。
これが初めて使う竜の力みたい。

ユーリカに噛まれた明日菜は、春彦を襲う。
異世界から出れた香陽に救われます。

明日菜はこのままでは終わってしまうとか…
寧々さんは、香陽に雪姫(?)のとことに連れていかせる。
これで香陽と明日菜は退場になると。

残ったユーリカは、胡蝶三姉妹捕らわれ…以後着せ替え人形として余生を送る(笑)

初登場&退場の香陽と明日菜。
この先の話で出番が多いといいですけどね(笑)

次回 第11話 『祭』
 

http://blog.goo.ne.jp/sweet-lovely/e/4bde82e0ca58a0f422222fbc1dee7ecb
http://lastheven.jugem.jp/?eid=871
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50185382.html
http://blog.livedoor.jp/yami_yahma/archives/51498187.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桃華月憚 第10話「血」

いつも変だけれども、やはり今回も何か変なお話。新キャラ白川明日菜の登場を喜んでみても、逆再生だから実は話的にはこれが最終登場回だったりする。原作ゲームの設定で彼女は「二宮会」のアイドル、胡蝶三姉妹に選ば

第10話 「血」

「ヤ、ヤクをくれぇ・・」「即興ネタ乙」今回はシリアスとギャグの半々かな?ネネ姉の妹が初登場しましたが今まで出てこなかったので今回で出番終了でしょうww今回があの着せ替えガールが捕まった回でしたw作画は相も変わらず「最強」です。最近ギャグ回が多くなってる..

桃華月憚 第10話「血」

桃華月憚 第10話「血」

TVアニメ 桃華月憚 第10話 血 感想

「TVアニメ 桃華月憚」話は変わるけどさ、アタシは「とりそぼろ」を食べたくなっちゃった。wwそして、どうも今回はシリアスモードみたいな感じで始まったわね。あのユーリカちゃんが三姉妹にとっ捕まる前の

桃華月憚 第10話『血』

10話目にして、ようやくユーリカの秘密が明らかに!まぁ秘密といっても、胡蝶三姉妹におもちゃにされた秘密であって期待していた理由もたいした事ではなかったわけですけどねwそのユーリカですけど、どうやら何者かから命を受け赤剣を奪うために、上津未原に潜....

桃華月憚 第10話

久々に新キャラが登場してきたこのアニメ。白川明日菜とは一体何者なのか、とりあえず桃香もしくは桃花のことをかなり気にしていたようで。とりあえずシリアス回でしたが、ツッコミどころもあるのは流石(笑)。ユーリカが胡蝶三姉妹に捕らわれる前の話なんですね。...

桃華月憚 第10話「血」

やっと普通に面白い回が来ました。 今回は各キャラクターの役割が解り…と言うより、今までの作りが不親切すぎて、積極的に見ようという気にさせてくれなかったんですよね。 鬼梗がこの街を護っているらしき存在、というのは聳え立つ鳥居の上で街を見下ろしている描写