結界師 第7話 「最高のケーキ」

第七話 「最高のケーキ」

心から喜んでもらえる最高のケーキを!
さらば、パティシエ幽霊(^^; な第7話です。

いまだに成仏できてないパティシエ。
良守にケーキ作りを教えたり、温泉を覗きにいったりと呑気です。
でも、このままではいつ悪い霊になるかもしれないし。
良守は、ニコニコ心霊相談所のマザーの相談。
成仏できない理由がありそうってことで霊が勤めていたケーキ店に行く。
そこでパティシエの素性がわかる。
ちくわで有名な月地ヶ岡食品の御曹司・月地ヶ岡真彦…そんな名前があったのね。
幼い頃に両親を亡くして弟と叔父である月地ヶ岡食品の社長夫妻に引取られた。
ケーキ職人になると家業は弟に押しつけたことを真彦は気にしてたわけです。

良守はマザーと弟の俊彦に会いに行く。
いきなり死んだ兄のことを疑う俊彦…そりゃ疑うよね^^;
兄が許せないという俊彦は、兄の霊がいるなら証拠を見せろといいだす。
それで翌日の4時まで証拠を用意しなければならなくなる。

考えたすえ、真彦が俊彦のために昔作った思い出のケーキを作り証拠にすることになります。
ケーキは両親が亡くなって元気のない俊彦を励ますため、真彦が初めて作ったもの。
天国の両親が送ってきたケーキとして食べさせたもの…
さんざん思考錯誤してやっとケーキは完成。

時間に間に合うようマザー執事の星川のA級ライセンス(笑)で飛ばして待ち合わせ場所に急行。
間に合ったがケーキを崩れていた…


でも、俊彦はあの時のケーキを作るなんて発想は兄・真彦に違いないと納得してくれる。
真彦の謝罪に、俊彦は会社を継がされたことは気にしていない。だた、突然兄が死んだことを怨んでいたのだと答える。
弟と心が通じた真彦は安心して成仏していった――。
良守は自分もいつか真彦の作ったようなケーキを作りたいと願う。
「心から喜んでもらえる最高のケーキを!」

いい話でしたね。でも、やっぱりこれってどうみても『焼きたてジャぱん』だよね^^;
パティシエ弟の声が石田さんなのが以外でした。他の準レギュラー役で出てくるって期待していいの?(笑)

次回 第8話 「良守な日々」

そろそろ、のんびり展開も終りかな? 良守の特訓の話ですか。 


http://timeslip215.jugem.cc/?eid=642
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結界師 第7話「最高のケーキ!」

あのパティシエさんが再登場。結構マジメなお話で、ジーンとしちゃいました。パティシ

結界師 ♯7

「最高のケ―キ」パティシエさんまだいたんだ。。あまり長居すると虚になるよ(笑)花乃小路夢子さん意外とお金持ちさんみたいですね。チクワ君ってすごいあだ名!チクワって苗字かと(笑)いい店長のとこで働いてたんだ。しかし何故キャベツ。。霊の耳をひっぱれるとは器用

結界師 第7話「最高のケーキ」

結界師の第7話を見ました。石田彰さんが出ててびっくりです。(ボウケンジャーに出てたのにも驚いたけどさ)第7話 最高のケーキ昼は普通の高校生・雪村時音と中学生・墨村良守は、今は学校が建つ烏森の地を妖から守るのが2人に課せられた使命である。良守はパティシエの霊...

『結界師』 #7 (11/20) 感想

いつもの様にあらすじはとっても立派なHPに詳しく書いてあるので、そちらでどぞ。『結界師』公式HP良いお話でした。以前出てきたパティシェの霊・真彦を成仏させるために良守がケーキ作りをがんばる。バトルは全然出

「結界師」#7【最高のケーキ】

パティシエ君、成仏の巻~。{/sayonara/}ひょっとしてこのまま居座るのかと思ってたよ。あらすじは親切な結界師HP結界師HPにお任せします~見逃した方は、チェックしてね。今回はお仕事の部分がなさそうだと解ってたので、お気に入りの式神ちゃんの出番はないし、良守と

結界師 7話「最高のケーキ」感想

結界師 14 (14)幽霊パティシエ(月地ヶ岡真彦)再び。今回はなんかいい話で、じーんときましたぞ!しかし良守、あんなに仲良かったのに名前知らなかったのに名前知らなかったとは・・・☆まぁでも西郷も正三位の位を貰った時に、書類作成の為、明治政府は、普段「吉之....

結界師 第七話 「最高のケーキ」

なにこのちょっといい話(泣)

結界師第7話

第7話「最高のケーキ」今日のスポンサーコールは月地ヶ岡真彦(パティシエ)相変わらず成仏できないパティシエの幽霊とケーキの城づくりに余念のない良守だが、霊のことも少々心配、けれど当の霊は温泉のぞきなどして、化け物ライフ(どんなライフじゃ!)を楽しんでる風だ