結界師 第14話「正守のたくらみ」

第十四話「正守のたくらみ」

突然帰ってきた良守の兄・正守。
正守は、良守と烏森の力を試そうとたくらむ…

力つくだけではダメと正守に説教されても。
良守は真っ向勝負、力で対抗!
それも良守の中に眠る力の大きさがあってだけど(^^;

正守が帰ったことでイライラな良守。
それというのも、子供のころから時音が正守ばかり見てたから。
正守は知ってて時音のことで良守をからかう。
なかなかいい性格な兄(ぇ

それでも兄として良守にお説教。
力任せだけでなく使い方を考えろと諭す。

烏森を狙う敵の能力は不明でも、守る結界師のことはバレている。
だから考えて行動しないといけない。
自分なら、烏森を一晩で落とせると豪語する正守。

正統継承者として自覚を持てと言われても反発するだけの良守。

その夜、烏森の校庭を覆いつくす植物の妖が出現。
それは、良守と烏森の力を試すため正守がしかけたものだった。

力づくで倒そうとする良守を叱り、時音は樹の妖の弱点を探す。
どうやら根元だけが再生する仕組みと見破る。

実際、森のように広がって見ても本体は中央の1本の樹。
そこに張った成長を促す呪符をつぶせば倒せる。
ただし、烏森の力がどんな進化をもたらすかが問題。
そして、その進化が、毒を持つ新しい樹を分裂させる。
手に負えないと時音は、応援を呼ぼうとするが、良守は独力で解決すると言う。
「嫌だね、あいつの手なんか絶対借りねえ!」

良守は森全体を結界で覆い、火をつけてバックドラフトで燃やし尽す作戦を考える。
やれると強く言い切った良守の顔に、時音も手を貸す。

結界で森全体を覆って、火が放たれる。
森が燃えて空気を使い尽したところで、時音が結界に穴をあける。
すると急激に酸素が補給され、一気に燃えあがる! これがバックドラフト。

良守のムチクチャな作戦に呆れる正守。
樹の妖は猛烈な炎に燃やし尽されたが、良守は結界を維持しきれなくなる。

溢れる炎を、時音が≪吸引≫で吸収。
良守もいっしょに≪吸引≫してなんとか沈下…

でも、校舎も校庭もボロボロ(^^;
結局、応援を呼んで繁守に叱れる良守。

「そんなやり方がいつまで上手くいくのかな?」

正守も呆れて言うが、良守の並でない力に畏怖する。
良守の中に有り余る力。それをまだ良守は制御できていないと…。


試すためと言え、正守もムチャです(^^;
まだ出ない母親ゆづりなのかもね(笑)

次回 第15話「良守の野望」
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結界師 第14話「正守のたくらみ」

冒頭に前回のダイジェスト。やっぱ正守、嫌い…(大暴言)正守が家に帰ってきたことで、内心台風のような良...

結界師 #14「正守のたくらみ」

墨村ブラザーズ好きだわww

結界師#14「正守のたくらみ」感想

良守にも斑尾にも白尾にも夜未にも・・・嫌われている正守兄さん!!!その胡散臭さと爺ム・・・(以下略)「正守のたくらみ」正守が突然、墨村の家に帰ってきた。ご馳走を振舞う修司。兄をずっと疎ましく思っている良守にやっぱり兄は疎ましかった!!!昔話に始まって、本..

「結界師 第14話」

お兄ちゃん帰宅の続きですが、歳はおいといてなかなかいいですね~。結界師はあまり先入観がないので、正守も声も雰囲気にあっていてなかなかグッ今回は、結界師らしいストーリーですごくよかったです。正守が良守をためすわけですが、最初のさぐりもよかったです。凧あげ..

「結界師」#14【正守のたくらみ】兄ちゃんのいぢわるっ

やっぱり兄貴はうさんくさいのぅ…。正直、良守をどう思ってるのかしら。弟を可愛く思う気持ちってのは、彼にはないのかな。正統継承者に選ばれなかった恨みとかで吹き飛んでる?まぁほんとのピンチになったら助けるんだろうけど…そういえば、原作読まれてる方達は、正守フ

結界師#14「正守のたくらみ」

烏森にやって来た正守兄様。この兄様、なんか企んでるみたいだし曲者なんですけど正守さんを毛嫌いしてる者、1名+1匹あの良守が授業中に起きてるよ起きてるのが普通なんだけど良守は夜の仕事に備えて寝てるんだよねまあ今回は正守さんのことがあって寝れなかったんだよ..

「結界師」アニメ第14話~ハリウッド映画さながら~

さて、今回も前回より引き続き、 とりあえず仕事を全部片付けてTVの前で 正守の活躍に備え待機だぜ ヤッホ~イ 鍊 状態でした。どんなだ!? やはりイイ・・あの声すごく好きです秊 原作の雰囲気ぶち壊しな正守になったらヤダナ~と思ってたんで

結界師#14自覚のない奴( ゚д゚)

時守様に一目惚れした位だから斑尾の”オトコを見る目”は相当に鋭いのでしょう(笑)その斑尾が「気に食わない」という正守。案の定、何やら企んでいますよ・・第十四話「正守のたくらみ」三年ぶりの正守の帰宅に賑わう家族の中で、良守だけが浮かぬ顔。おまけに力まかせの..

結界師 第14話「正守のたくらみ」

結界師の第14話を見ました。第14話 正守のたくらみ《おかしいわ、墨村君が授業中なのに寝てない。また霊とかと何かあったのかしら》授業の後、田端と市ヶ谷は良守に帰郷中の兄・正守の事を質問する。「墨村君のお兄さんってどんな人なの?」その会話に百合奈も加わる。「...

結界師 第14話 「正守のたくらみ」

「うっさいなぁ、説教かよ。そんなにお望みなら、もう一本打ち込んでやるよ!」・・・すみません、番組違いますね。なんか良守の台詞で連想せずにはいられなかったもんでwさぁ、祝!時音が良守に頬を赤らめた!!パチパチパチ。いやぁおめでとう!でわ、短い

結界師 14話「夜行の頭領正守登場」感想

結界師 1★★★★★☆(10段階評価)オトナでしっかりしてて、時音も慕い、頼る正守に何やらフクザツな良守☆時音には兄弟居ないんですし、そうした事を考えると、年上でシッカリしている『お兄さん』に甘えるのは当然の事。でもお子様な良守にはそういう、好意の種....

結界師 第十四話 「正守のたくらみ」

正守が仕掛ける…

結界師「正守のたくらみ」

昔から正守と時音は仲良かったんだ。いい感じですねぇ。頼りになるお兄さんとカワイイ妹という感じ。家どうしは仲が悪かったはずですが、このふたりの間ではそういういさかいもなかったようです。なんでだろう。正守はけっこう軽口をたたいたり、からかったりするんですね。

結界師14話

「正守のたくらみ」スポンサーコールは神田百合奈(ひさびさ)烏森を狙う敵の強みは正体がばれておらず、さらに結界師の情報は筒抜けであるから考えて戦えと良守に説教をたれる正守。