ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

去っていく人は、泣く事もできないのよ。背中しか見せないの――。

いつも応援してくれた佳代。
麦はその笑顔が大好きだった…。
その笑顔を曇らせたくない…そう思ってもお別れが言えなくて――。

麦と佳代、お別れの時。
麦は佳代を見送ることができるのか…

▼ 第11幕「笑顔が… 好き!!」

佳代との別れが受け入れられない麦。
そんな麦に話しかけようとする佳代だが、麦は避けるばかり。

ちとせは、麦と佳代を放っておけず。
麦を捕まえ説得にでる。
自分も桂木に告白するから…。言わないと思いは伝わらないと。

それは麦も分かてるけど、ぜったい無理…
泣き出す麦に佳代も打つ手なし(^^; 
そんな麦を4年間操った佳代はすごい(笑)
一人でダメならと佳代は、甲斐に協力を求める。

麦は、衣装部屋で美麗さんに出会う。
美麗が見てたのは、入学当初に麦が憧れた衣装…
麦に別れ際、美麗さんは一言。

「涙で今は何も見えないでしょうけど…
 去っていく人は、泣く事もできないのよ。背中しか見せないの…」
 
 
美麗の言葉をかみしめながら、麦は佳代と出会ってからのことを思い出す。

ひとりだった麦に、佳代が話しかけてくれて二人は仲良くなった。
いつもいっしょだった佳代の笑顔が大好きだった…
写真家になりたいと夢を語った佳代を応援したいと思ったのに…

「あの時、約束したのに…どうして言えないの…。
 頑張って、応援してるからって――」

教室に帰った麦に、甲斐は佳代からのアルバムを渡す。
ちとせが講堂で待ってると伝言も伝える。

アルバムの佳代の笑顔を見て、美麗さんの言葉を思い出す。
去っていく人は、泣く事もできない――。
佳代も留学することで悩んだろう…
そんな佳代のことも思いやれず自分だけが悲しいと思っていた…

舞台に光がともり、ちとせは麦を舞台に上がらせる。
ここで佳代にお別れをしろと迫る。

麦にも別れを告げないといけないと分かってる。
それでも言えない麦に、ちとせは、逃げるなと叱咤する。
見ていた佳代が、もう許してあげてと止めに入る。

舞台に残った麦と佳代は、気持ちを語りあう。

麦に早く相談すればよかったと、謝る佳代。
佳代が一人で悩んでたのに自分のことだけでいっぱいだったと麦も謝る。

夢を持っていた佳代みたいに夢を持てたら。
そんな佳代とずっといっしょにいたかった…
泣き出す麦を慰める佳代。

いつも助けられたけど、今度は自分が佳代を支えられるようになりたい。
「ずっと友達だから…。
 だから…佳代ちゃん…、ありがとう。
 頑張ってきて…」

やっとありがとうの言えた麦に、佳代にも笑顔が戻ります。
そんな二人に舞台袖のちとせも貰い泣き。いい子です^^

そして――。
佳代は旅だって行った。夢を叶えるために。

麦は、『ひとひら』で伝えたかったことが分かりましたと。
野乃さんに感謝しに行きます。
劇を通して野乃が伝えたかったものは、麦はしっかり受け取ってくれました。

その麦は、あの衣装を取りに来てた美麗さんに会う。
部屋が閉鎖されていて持っていけない。
衣装は本当は野乃さんが着るはずのもので、美麗が心をこめて縫ったものだった。

衣装に込めて美麗の気持ちを野乃さんは知らない…
野乃への美麗の気持ち。麦はそれを伝えたいと思い、そして――。


佳代を見送れた麦は、自分で1歩を踏みそうとする。
麦は、気持ちを伝えることができるのか…

次回 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!」
 

http://blog.livedoor.jp/syako_blog/archives/50309748.html
http://aniotalife.blog99.fc2.com/blog-entry-127.html
http://takoyaki-tako-tako.de-blog.jp/takotako/2007/06/post_8641.html
http://blogs.yahoo.co.jp/chihaya1023/21293768.html
関連記事
コメント

んー、今回の話は個人的にはちょっと??な感じでした。
元々、麦の超消極的&超人見知りにあまり感情移入できないところに、さらに自分で何かを悩んで自分で自己解決してしまう傾向があり、ちょっと視聴者に繊細な感情を察知するよう求めすぎてる感じがしまして(^ー^;A
やはり10話の演劇で終わりにしておいて欲しかった・・・

>ちはや様

麦のキャラは特異ですしね(^^;
感情移入具合で見方が変わってしまいます。
クライマックス=最終場面なら、劇の終わりが最終回がベストです。
そこで終わらせず、麦が本当に自分自身が主役の舞台に立つまでを描こうとしたんでしょう。
麦と佳代の物語であり、野乃と美麗の物語、ちとせと麦の物語でもある…そういう構造が好きでした(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひとひら 第11幕「笑顔が…好き!!」 感想

ひとひら。毎回のように最終回かと思えるくらいな勢いですが、今回は・・・? ひとひら第6巻早速感想。やばい、今回も危なく最終回になるところだった・・・。しかし今回はお別れ・・・。あぁ、泣けるぜ・・・。とか思ってみてたらなんか最後にびっくり仰天な発言が・・...

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

えぇ話やないの!あれだけウジウジしてた割にはしっかりお別れできてた。少し展開が速かったなぁという気がしないでもない。もう一話ぐらい使ってゆっくりやってくれてもよかったかも。だけどこれも1クールの宿命かなぁ。中学時代のエピソードなんかも温かくて良かった。..

ひとひら 第11話「笑顔が…好き!!」

ひとひら「甲斐くんが不能…?」と、一ノ瀬さんの冷静なボケに、妙に大人を感じた今回。西田姉なら何気に知っていそうだったり…。佳代ちゃんの留学に向き合えず、すねてみせてしまう麦。それはいけないとこととわかっているだけに、余計に佳代ちゃんと接すること....

(アニメ感想) ひとひら 第11話 「笑顔が…好き!!」

ひとひら 第1巻三学期が始まった。もうすぐしたら、佳代は留学のため旅立ってしまう・・・麦は寂しさで、心が押しつぶされそうになっていた。しかし、一方で素直に佳代を祝福出来ない自分に罪の意識を覚え、まともに顔を合わせることも出来ない。しかし、ちとせはそんな....

『ひとひら』第11話

オリナル、なかなか良い奴です。どこか空回りしている気がしなくもないのですが、麦チョコにはあのくらいストレートなほうが伝わりやすいのかも。甲斐にあっさりとあしらわれているあたりがまた、うまく彼女のキャラクターを体現しているんですがね。気の毒な役どころですな

ひとひら 「笑顔が・・・好き!!」

おぉぉぉ~ウァーン・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ

ひとひら 第11幕 「笑顔が…好き!!」

遠山佳代に挨拶されたのにも関わらず無視する麻井麦。すっかり、いじけている麦です。そんないじけ虫にオリハルは、唖然。流石のちとせもギブアップです。

アニメ ひとひら

「笑顔が…好き!!」やるではないですか、アニメひとひら。先日発売された原作漫画第四巻の冒頭、カヨちゃんとの別れのシーンですが。20数ページの内容をよくここまで膨らませました。素晴らしい出来。将来

ひとひら #11

来週が最終回って早いですね~。今週もとてもよい話でした、ひとひら第11話です。 ひとひら 第1巻須藤昌朋、山中純子 他 (2007/06/22)メディアファクトリー この商品の詳細を見る

ひとひら 第11幕

第11幕『笑顔が…好き!!』 佳代ちゃんの笑顔が大好きです だけど避けてしまう。 ひどいことをしたから…。 出会いは佳代ちゃんの方から。 まあそりゃそうだわな。 中学生の麦もかわいいの(*´д`*) 「佳代ちゃんの夢は私の夢だよ」 なんて言ってますが……。 オ

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

ひとひら 第11話

『笑顔が…好き!!』「この気持ち」って、どの気持ちだよーーーっ!?ヽ(`Д´)ノこんな引きをされてしまったら、ヨコシマなことを考えてしまうじゃないですか(爆)。「佳代を助けられるようになりたい」という気

ひとひら 11話 「笑顔が…好き!!」

作画キープラス前、佳代ちゃん旅立ち。今更だけど、写真の勉強に留学っていうのはリアリティあるのかな・・・。それはともかく、今回も相変わらず積み重ねの薄さと過剰な演出が目立ってた印象。ただ、舞台上での演

ひとひら 第11幕『笑顔が… 好き!!』

{{{ひとひら 第11幕『笑顔が… 好き!!』}}}佳代が留学、、、未だに気持ちの整理がつかない麦…ちとせはあの手この手で麦と佳代を仲直りさせようとするが== 「絶対無理…無理…」 ==難攻不落の麦チョコ城…正直実際こんな子がいたらマッスル・リベンジャーの刑ですけどね(

麦チョコの笑顔が大好きです感想

■ひとひら 第11話 笑顔が… 好き!! 野乃「甲斐君が不能?」 ちょww野乃さん、何いってるの(;゚ Д゚) …?! 以前のにゃーとか絶対にこの人は言いそうにないと思うようなことを 言っちゃうから余計に破壊力がありますよね。 まさにネガティブシンキングの塊であ

ひとひら 第11話 「笑顔が・・・好き!!」

いつも通り明るく振舞う佳代とは対照的に、あからさまに佳代を避けようとする麦。自分が佳代に対してひどいことをしたので、佳代に合わせる顔がないらしい。<アニメ 感想 ひとひら カメラ 麦 佳代 オリナル 留学>

ひとひら 第11幕「笑顔が… 好き!!」

「ああ、ひとひらはいいな‥。すごくいいな、素敵だな‥。とうとう麦ちゃんが決意をつけられて、とてもとてもよかったです。淡々と静かに、物語が展開して、感情の余韻が伝わる構成で素敵だった。音楽が印象深く使われてた。う

ひとひら 第11話 「笑顔が・・・好き!!」

ひとひら  現時点での評価:3.5  [サクセスストーリー]  AT-X

ずっと、友達だから…@麦

■『ひとひら』 #11 「笑顔が…好き!!」 AT-X脚本:笹野恵 絵コンテ:佐々木奈奈子 演出:西村大樹 総作画監督:本橋秀之 作画監督:長屋侑利子【あらまし】佳代(宮川美保)に酷いことを言ってしまったと悔やむ麦(樹元オリエ)。そんな彼女に周囲が気を利か...

ひとひら #11

3学期が始まったのに、麦と佳代の関係はギクシャクしています。そんな2人を見かねて、ちとせが甲斐と協力して講堂に麦を呼び出しました。前半は再び物語の最初以上にウジウジしてい...

ひとひら 第11幕

第11幕は、麦がなんとか立ち直るお話でした。よく佳代はこんな麦を4年間もコントロール出来ましたねぇ。そのくらい扱いの難しい麦ですが、佳代の出発前に無事仲直り出来て良かったです。麦は佳代がお昼一緒に食べようと誘っても逃げ出すだけ。これは佳代にとっ....

■ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

 麦は時々凄い能力を発動するけれど、それは決して自分自身の為じゃ無くって、誰かの気持ちを思って、その誰かの気持ちに応える為に、素直な自分を出すって感じなんですよ

ひとひら 第11幕 「笑顔が…好き!! 」

 中学一年の時に出会って以来四年間、 臆病な麦を守り、支え、手を引いてくれた佳代。 その佳代が留学を決めた。 佳代ちゃんがいなくなってしまう――。 その事実と向き合えず、麦は佳代を避けていた。 このままではいけない。 甲斐や ちとせ が動き始め――。

アニメ感想 ~ひとひら 第11話~

笑顔が・・・好き!!佳代ちゃんの笑顔が大好きです「頑張ってね」と言えなかったことから佳代との関係が少しギクシャクした麦その影響で甲斐が不・・(ry野乃先輩、それは分かって言っているのですか?(^^;

アニメ感想 ~ひとひら 第11話~

笑顔が・・・好き!!<b>佳代ちゃんの笑顔が大好きです</b>「頑張ってね」と言えなかったことから佳代との関係が少しギクシャクした麦その影響で甲斐が不・・(ry野乃先輩、それは分かって言っているのですか?(^^;お昼を誘う佳代・甲斐・ちとせどんな顔をしてい

ひとひら 第11幕 笑顔が…好き!!

麦は佳代ちゃんを笑って送り出せるのか!?物語りも佳境です。 三学期になり、佳代との別れが近づいているというのに、麦は佳代ちゃんに素っ気無い態度を取ります 麦を心配する先輩方。野乃さんは相変わらず…  も~麦は、お昼のときまで佳代ち..

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!!」

ひとひら 第11話「笑顔が… 好き!」二人の…

ひとひら 第11幕 笑顔が…好き!!

麻井 麦助ける…の。私が、佳代ちゃんを…支えられるくらい…。しっかり…するの!!なんか序盤の麦を見てるとイライラしてたまらなかったわけですが、後半はみんなが背中を後押ししてくれたことで

ひとひら

{{{第十一話「笑顔が・・・好き!!」}}}{{{留学すると言う佳代を避けるようになった麦。甲斐とちとせは、何とか二人の仲を取り持とうとするが、頑なな麦の前に為す術がない。そして二人は、「ひとひら」の舞台に麦を呼び、そこで佳代と会わせる}}}== 佳代を避ける麦 =====

ひとひら 第11話 「笑顔が…好き!!」

アニメ名:ひとひら話  数:第11話タイトル :「笑顔が…好き!!」評  価:smash:★★★☆☆プラス+:★★★☆☆

ひとひら 11話 「笑顔が・・・好き!!」感想

ひとひら 第1巻麦の成長を中心として描てきた事もあって、隠れがちですが、野乃さんも目標としていた、舞台をやり遂げて、シッカリ成長の跡が見える大人対応。美麗とも友達に戻れた事も一つ、落ち着いた要因かもしれませんな☆大学に進学すれば、どうしても疎遠になり....

ひとひら 第11話「笑顔が・・・好き!!」

佳代から留学の事を聞いて激しく落ち込む麦。果たして麦は笑顔で佳代を送り出してあげる事が出来るのかな?それでは第11幕、いってみましょう。

ひとひら 第11話

第11話 『笑顔が・・・好き!!』佳代ちゃんが写真の勉強するために留学すると聞いた麦、、、今日のオリナルはひと味違います♪

ひとひら 第11幕「笑顔が…好き!!」

ひとひら 第11幕「笑顔が…好き!!」 ひとひら 第1巻桐原いづみ 西森章 樹元オリエ メディアファクトリー 2007-06-22by G-Tools 3学期が始まり麦は佳代と学校で顔を合わせますが、どうもちゃんと話ができないようです。 麦は佳代に伝えなくてはいけないことがわかって

ひとひら 。。。。 第11幕 笑顔が… 好き!!

脱線しますが、これ中学生の頃だよね。でも、白と水色のセーラー服が 凄く いいんですけどー^^演劇対決が 麦というキャラに変化を与える糧で、佳代ちゃんの留学事件で 仕掛けは発動した、という内容なのは 判りますが、私的には やっぱ ストーリーとしては 通過点で....

ひとひら 第11幕 「笑顔が…好き!!」

佳代から留学を打ち明けられそれを受け入れられずにケンカをしてしまった麦。 三学

ひとひら 第十一話

 佳代の旅立ちに祝福の言葉を贈ることが出来ず、佳代を避けてしまう麦。麦自身、頭で

ひとひら #11 『笑顔が…好き!!』

こういう終わり方は初めてですね。次回への繋げ方がよく分からなかった。美麗の気持ちを考えて、何かに気付いてふとカレンダーを見上げる麦。卒業まであと1週間…。麦が気付いた事って何だろう。そして 「佳代ちゃん、どうしよう」 と心の中で呟いちゃってます....