ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!

私にもずっと続いて欲しいって夢が出来たんです。ひとひらって夢が――。

麦の声を野乃が訊いたことから始まった話も最終幕。
卒業していく野乃たち、残る麦たち、それぞれの道に歩き出す…
野乃と美麗の夢。麦たちの夢――
ひとひらの夢の舞台はつづいていく…

▼ 第12幕 『ありがとう…ございました!』

野乃先輩になにかしたいと考える麦。
何も考えつかないまま卒業式が近づいていく…

演劇部主催で合格祝賀会が開かれ、野乃や麦たちも呼ばれる。
まだ合格してない理咲には秘密です(笑)

そこで野乃は、演劇部を二つに割ってしまったことを謝罪する。
演劇部の誰も野乃を怒ってなどなく、野乃も許してもらえたと安堵。
「これで心残りは無いわ。安心して卒業出来る」

その様子に泣きそうになったの席を外す桂木。
ちとせは後を追い想いを告白…そして玉砕…
それでも会場に戻るまでには立ち直るちとせは強いな。

どこで聞いたのか理咲もやってきて祝賀会は盛況に終わり。
桂木は遠まわしな告白を野乃にするけどスルーされ…最後まで報われない(^^;
 
 
失恋したけど想いは伝えたからと、ちとせは麦に結果を話す。
帰り道、野乃と美麗のことを考える麦。
何かしてあげたい。このまま何もしないで終わりたくない…

「時間は止められない。じゃあどうする?
 卒業していく先輩たちに、わたしができる事――」

そして卒業式当日――。
麦が考えて野乃に贈ったのは手紙でした。
美麗が野乃のため作った衣装の事を書いた手紙…

衣装の前で想ってきたことを話す美麗が野乃。
「美麗。私も…一緒に舞台に立ちたかった――」
「私達の夢は終わるけど、きっと後輩たちがまた…」

野乃は麦の待つ雪の積もった屋上へ…。

麦は、あの衣装を見たとき感動したことを話す。
美麗さんの野乃への想いがつまった衣装だから。
二人の夢のつまった衣装だったから魅了された…
そんな夢に憧れた。
そして憧れるだけだったのに、野乃に舞台に誘われ、自分も夢を見れた。

「――私にもずっと続いて欲しいって夢が出来たんです。ひとひらって夢が!」

美麗によって自分が見れた夢。
野乃はその夢を麦に見せたくて演劇にさそった…
その夢はたしかに麦にとどいた…

「演劇に出会えてよかった…。 この学校でよかった…。
 待ってるわ、あの橋の向こうで――」

野乃は言葉を贈り去っていく…
麦は屋上から、去りゆく野乃たちにお礼の言葉。

「先輩! ありがとうございました――!」

その声はよく通り、もう半べその麦じゃない…

そしてまた桜舞う――春。

甲斐は好きな絵のために美術部に。
麦は演劇部で先輩になって… 
それぞれの夢を追っていきます――。


最後までいいお話でした^^
キャラが全員いいキャラばかりで、まだまだ麦たちの舞台を見たかったな。
とりあえず幕となりましたが、いつか第13幕が見れるといいですね。

いい作品を作ってくださったスタッフに、ありがとう…ございました!
 

■TB先リンク■
White wing
たこの感想文

http://blog.livedoor.jp/yami_yahma/archives/51520905.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひとひら 第12幕(終幕) ありがとう…ございました!

早いもので、一足早く最終回です。 深々と雪が降る中、屋上に野乃先輩を呼び出した麦は…  先輩の卒業式を控え、それぞれ複雑な心境なようでまぁ、正直、甲斐とちとせの方が合っている気がしないでもないw そして、ちとせは祝賀会で桂木先輩に..

ひとひら 第12話「ありがとう…ございました!」

ひとひら 第12話「ありがとう…ございました!」感動をありがとう!

ひとひら「ありがとう・・・ございました!」 /*最終回*/

あっという間に1年が過ぎて3年生達は卒業1話につき一ヶ月のペースです

■ひとひら 第12話「ありがとう…ございました!」

 麦って、元々素材は悪く無いんですもんね。  別に性格が暗い訳じゃ無いし、人見知りが激しいって訳でも無いし。  それで、あの声を持ってるんですもん。  だから、

ひとひら 第12幕(最終話)

第12幕『ありがとう…ございました!』 野乃、桂木が合格、美麗もすべり止めに合格し、 演劇部主催のお祝いパーティーに御呼ばれする麦。 演劇部が二つに分かれたことを陳謝する野乃。 ちとせは桂木がトイレに立ったのを見計らって 思いを打ち明けに行くが、 桂木が野乃

ひとひら 第12話「ありがとう…ございました!」(最終回)

ひとひら卒業式が迫る中、麦は知ってしまった、当人同士はお互いに知らない榊さんと一ノ瀬さんの本当の思いを何とかして伝えたくて、その手段に悩んでいるところから始まりました最終回。演劇部の送別会に演劇研究会も誘われ、早々に榊元部長に部員たちが想いを告げる中....

ひとひら 第12幕 ありがとう…ございました!

神奈 ちとせ(オリナル)私、先輩のこと、本気で好きです!!やっぱり桂木先輩は野乃さんを選ぶかぁ。オリナルが完全に無理だってことは半分分かっていたけれど、本当に桂木先輩が野乃さんに惚れ

(アニメ感想) ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」

夢、ひとひらこの学園に入り、最初の一年が終わろうとしていた。演劇研究会に入り、仲間達と過ごした一年・・・そして、それぞれが選んだ道へと進むため、去り行く者達。麦は、卒業する先輩に何が出来るのか考え続けていた・・・。

+ひとひら【12】+

第12話「ありがとう…ございました!」  とうとう・・・ひとひらも最終回。?えーっと・・・くるくる踊りだしたり回りだしたりした時はどうしようかとも思いましたが・・・野乃先輩たちも卒業です・・・。  ってことで。振り返ってみますと・・・

ひとひら 最終回

『ありがとう…ございました!』うおおおおぉ、ちとせぇぇぇ~~~。・゜・(つДT)・゜・ちとせの告白シーンは、マジで息を呑む思いで見入ってしまいました。正直、最終回は、ちとせが全部持ってったって感じで

ひとひら 第12幕 「ありがとう…ございました!」

オリナル、告白前のプレッシャー。あのオリナルでさえ、プレッシャーを感じているのね。

『ひとひら』第12話(最終回)

ひとひら - livedoor Blog 共通テーマ “野乃”や“美麗”たちの卒業式を控えたある日、演劇部主催で彼女たちの合格祝賀会が行なわれる。その席上、勝手に演劇部を脱退したことを詫びる“野乃”。演劇部員たちも水に流し、“野乃”はようやく胸のつかえが取れたと安堵す...

ひとひら 最終幕 「ありがとう… ございました」

 波乱に満ちた、麦の高校生活一年目が終わる。 中学からずっと支えてくれた親友と一時別れ、 そして尊敬する先輩は卒業していく。 先輩のために何かをしたい。 何かを。 もう何もできない麻井麦ではいたくないから――!

ひとひら 。。。。 第12幕 ありがとう…ございました!(最終話)

もともとは、我が麗しの 雪野五月さま が 出演なさる というので見た作品ですが、当初、ライバル役との設定でしたから 最後は 和解して ストーリーも お開きか? と 想像したりもしました。ですが、文化祭後の ストーリーでは 親友とは 何か といった ある意味 カタチ的....

演劇に出会って良かった…この学校で良かった@野乃

■『ひとひら』 #12 「ありがとう…ございました!」 AT-X脚本:笹野恵 絵コンテ:西森章 演出:松本マサユキ 総作画監督:本橋秀之 作画監督:古田誠【コメント】ちとせ(やぶさきえみ)撃沈!桂木(成田剣)の思い人が野乃(川澄綾子)なのは承知でコクりまし...

ひとひら 第12話「ありがとう・・・ございました!」

ひとひらもついに最終回。残すは卒業式。見所はちとせの告白、野乃×美麗、野乃×麦かな。それでは第12幕の感想、まいります。

[アニメ]ひとひら:第12話(最終回)「ありがとう・・・ございました!」

    やっぱりひとひらは期待を裏切らない。 それぞれの想いを果たして、別れを待つ。この寂しさの前のスッキリ感というのは心地良い。まずはちとせの告白。玉砕覚悟の上だったけど、何もしないで一方通行の片思いだけで終わってしまうよりは断然....

『ひとひら』第12話

ひとひら 1 (1)桐原 いづみオリナル爆沈。どうでもいいけど、桂先輩のなぐさめ方は男として最低だと思うのですが。ついに最終回となりました。舞台というものはどんなストーリーであろうとも、最後はどこか物悲しくなってしまうんですよね。今回はそれが強くにじみ出ていて

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」

「そして最終回。人はいろんな思いを残して去っていくもの。ただそのときが来ただけっていう、麦ちゃん。そのとおりです。心残りというものは、どうしたってやっぱりあるものです。記憶は、自分の勝手にはできないから

ひとひら #12 (最終話)

今期の個人的ダークホースでかなり心に残った作品になりました!!なんかスタッフの気合を最終話に見たwwwぜひ原作が溜まったら第2期をお願いします!!!!ひとひら、最終話です!!本当に"ひとひら"あり

アニメ感想 ~ひとひら 第12話(最終話)~

ありがとう・・・ございました!麦が野乃さんを屋上に呼び出し前回のくだりからすると普通告白を想像してしまうものです(^^;なんか今回(も)BGM良いですね~これは月末発売のドラマCD野乃編に収録されているの

アニメ感想 ~ひとひら 第12話(最終話)~

ありがとう・・・ございました! 麦が野乃さんを屋上に呼び出し 前回のくだりからすると普通告白を想像してしまうものです(^^; なんか今回(も)BGM良いですね~ これは月末発売のドラマCD野乃編に収録されているのでしょうか、楽しみでありますv 卒業式を前に麦は野乃さんに

ひとひら第12話「ありがとう…ございました!」感想

ひとひら最終話。毎回のように最終回のような感じでしたが、今回は本当の最終回・・・どんな終わり方になるのかな・・・??DVD ひとひら第2巻(7/25発売予定)早速感想。うわっ・・・泣けそう。・・・って言いたいけど、ここ最近ほどではないかな。麦の成長に万歳って感..

ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」

さてやってまいりました、ひとひら最終回です!いつにもましてかわいい麦、妙に男前の桂木、素直な野乃さん、受験校全滅でも元気な理咲、勇気を持って告白に向かうオリナル。いい最終回でした。<アニメ キ

ひとひら 第12幕「ありがとう… ございました!」(最終話)

佳代ちゃんの留学で打ちのめされ、野乃たち先輩の卒業を目前にしても立ち直れないイジイジした麦を描きつづけ、「私の戦いはこれからだ!」的にまとめたのは、ちょっと尻すぼみ気味だが、まあまあか。小さくまとめてしまっ

ひとひら 第12話

第12話最高の最終回。ラストは鳥肌ものです!!!!

ひとひら#12

「ありがとう…ございました!」(最終回) 最終回。 結局のところ、何を描きたかったのか曖昧なため感動がない。 麦の成長を描きたいというのが正解かもしれないが、過激すぎる。 あそこまで成長してし

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」 ひとひら 第2巻桐原いづみ 西森章 樹元オリエ Amazonで詳しく見る by G-Tools 今期のアニメで最初の最終回です。 野乃達3年生がいよいよ卒業となります。 演劇部主催の3年生を送る祝賀会に演劇研究会も招待され、そ

ひとひら #12

ついに、今回でこの作品も最終回です。(;_;)卒業してゆく野乃たちに、思いを伝えたいと思う麦。しかし、どうやって何を伝えたらいいのか、なかなか答えが出せません。そんな中、演劇...

ひとひら 第12幕『ありがとう… ございました!』

{{{ひとひら 第12幕『ありがとう… ございました!』}}}もうすぐ卒業式、、、美麗や野乃の受験合格を祝い、演劇部&元研究会合同の祝賀会が開かれる。理咲はというと...orzその席で自分の我侭で部が分裂してしまった事を謝る野乃さんだが、みんな気にしてなかったみたいで

ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」(最終回)

ひとひら  現時点での評価:3.5  [サクセスストーリー]  AT-X

ひとひら 12話 「ありがとう…ございました!」(最終回)

作画キープ前回の流れから、てっきりあの衣装を着た麦が舞台に立って卒業する野乃を送る展開になるのかと思ってた。それがまさか手紙を書くだけとは・・・、まあ状況に流されるだけで何も出来てなかった麦が、初めて(

ひとひら 第12幕 「ありがとう…ございました!」

「ひとひら」最終回。 自分的には演劇研究会解散で終わりにして欲しかった。 その

[終]ひとひら #12「ありがとう… ございました!」感想

最終回は少しアニメオリジナルを含んでいますね野乃先輩がいきなり謝りだしたーオリナル全身全霊の告白キタ━━━(゚∀゚)━━━いつもの早口言葉でいつもの自分に戻るこれは泣ける(ノ∀`)卒業していく先輩に何かしてやりたいと思う麦屋上での野乃先輩と麦の掛け合い(;´Д

ひとひら #12 『ありがとう…ございました!』

タイミング的には良いところで終わりましたね。原作でも、ここで「第一部終了」みたいな感じだったのではないでしょうか。しかし…正直、結末としてはちょっと物足りなかったです。アニメでは麦が野乃への "お返し" を果たせたところで終わりましたが、卒業まで..