ロケットガール 第11話「ターンスタート -turn start-」

夢を継ぐ者――茜、夢の星の海へ…

アトランティス救出に向かったゆかりと茜。
NASAでできなかったことを二人にできるのか…

茜は念願の宇宙に来てしまいました。展開速い(笑)
発進のGでやっぱり気絶しましたけど(^^;
でも、茜はやる時はやります!

▼ mission11『ターンスタート -turn start-』

わずか2時間で発進してきたゆかりたちのロケット。
茜の腕がすごいのか、アトランティスへのドッキングも成功です。
…変な挿入歌は聞かなかったことに(笑)

スキンタイトスーツで軽やかに作業に入る二人を天使に例えるNASAの面々。
スキンタイトは見た目はあれですけど、常識を覆すスゴ性能です。
従来型の宇宙服なら、船外作業するのに2時間以上予備呼吸が必要なのに、それなしで作業できる。

アニメやマンガみたいに、すぐに宇宙に出たり入ったりはできないんですね…

すぐ作業しようとするが、シャトルのノーマンに制止される。
やっと宇宙に出れたスペシャリストにしたら、ゆかりたちは素人に見えたんでしょう。
ゆかりはノーマンに反発するけど、茜には彼の気持ちを理解して行動できる。

コントロールバルブの回収には、バックパックがつっかえて奥に進めない。
茜は3分持つからとバックパックを外して作業!
時間ギリギリで作業を完成させます。
これには、ノーマンも脱帽するしかない。
 
 
作業も完了して、シャトルに向かいれられ歓迎&グッズ交換になります。
予備呼吸しないといけないのでノーマンは宇宙服で礼を言いにきます。
ゆかりもそれでノーマンを見なおす。

冥王星探査衛星オルフェウス。
その計画のため人生をついたした博士からも、茜たちは感謝される。
オルフェウスからのレポートは9年後、自分はいないかもしれないが、茜たち若い世代の役には立つ…
星への夢は、次の世代に引き継がれていく。これまでも、これからも…

しかし、そのオルフェウスにまたもトラブル。
エンジンが暴発し離れてしまった…
オルフェウスを冥王星に送るために、離れてしまったオルフェウスに辿りつかないといけない。

方法はないのかと思えた時、茜は2段階の加速というアイディアを出す。
危険な方法で反対されるが、ゆかりに説得され、オルフェウス救出ミッションが発動する…


次回で最終回です。 やっぱり月面ミッションまでは行けなかったですね。
これからが面白くなるのにもったいない(^^;
WOWOWは、2クールしてほしいものは2クールしないんですよね。
企画時にもっと考えてほしいな。

角川系の次のWOWOWアニメは、ムシウタが秋予定ですが…不安しかない(汗)

次回 第12話(最終回)『ロケットガール -rocket girls-』
 

http://lastheven.jugem.jp/?eid=849
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50132434.html
http://joeshishimaru.jugem.jp/?eid=592
関連記事
コメント

いつもありがとうございます。

>2クールしてほしいものは2クールしないんですよね。
私も昔から疑問に思っています(苦笑)
このアニメも、あともう少し話数があれば
名作になったと思うんですが・・。
あまりに強引な展開と、人物などを含めた描写の不足等。
マツリがゆかりを助けに行ったあたりから、
話が強引すぎる展開になっている気がします。
それ以降、このアニメに対する見方が
完全に変わってしまいました。
最初の頃は、素で面白かったのに・・。
今後の新作も少々心配になって参りました(汗)

>草刈鷲士様

やっぱり2クール欲しかったですよね。
中盤のすごい展開にはびっくりでした(^^;
WOWOWさんどうするのか…
今年はロケットガール以外ことごとく新作コケてますし。
6月開始のデビル メイ クライとかも大丈夫なのかと(^^;
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ロケットガール 第11話 「ターンスタート -turn start-」

ロケットガール 1 限定版冥王星探査衛星オルフェウスを救う為、ゆかりと茜は宇宙へと飛び立った。そして今、スペースシャトル・アトランティスに白の天使が舞い降りる・・・。

よし!二人でNASAの鼻を開かして来い!@那須田

■『ロケットガール』 #11 「ターンスタート-turn start-」 WOWOWノンスク枠脚本:水野健太郎 絵コンテ:森木ひさし 水野和則 演出:堀敦史 作画監督:山沢実 大西貴子【コメント】NASAのメンバーを含めたみんなが日本語をしゃべっていたのが引っかかりましたが、...

ロケットガール mission11

ターンスタート冥王星探査衛星オルフェウスを救うため、緊急発進したマンゴスティン。でもやっぱり打ち上げ時の高Gに耐え切れず茜は失神(カワイイ寝顔です)連絡から数時間で周回軌道に到着したマンゴスティン (まるで国

[アニメ『ロケットガール』]『ロケットガール 第11話』

『ロケットガール』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 ※現在(5/13)キャプ画を貼り付けておりません。後々の更新時に貼りたい思います。 今回のお話は、第11話

△ロケットガール 第11話 「ターンスタート -turn start-」▲

突然の挿入歌に噴いてしまった(笑)いや~なんと言いますか、盛り上げようとスタッフが努力しているのは判らないでもないんですが。あの場面で、あの歌は無いだろうに・・。別に歌自体が悪いとは言いませんけれど。私には、どうにも浮いて聞こえてしまいました。...

ロケットガール 第11話「ターンスタート -turn start-」

ロケットガール 第11話「ターンスタート -turn start-」

ロケットガール #11

ロケットガール mission11「ターンスタート -turn start-」いよいよオルフェウス救出のためアトランティスへ向かう2人。上昇時のGにはやはり耐え切れず気を失ってしまった茜でしたが、その後のドッキングはばっちり成功。そしていよいよ始まる茜のミッション。....

ロケットガール 第11話

「ターンスタート -turn start-」 逝こうじゃないの高度3000キロ

ロケットガール mission11 ターンスタート

うおおおおお、燃えるぜぇ。やっぱ、気合が違うよなぁ。無茶苦茶、気合の入った絵じゃないか。今回も。期待に満ち満ちて、アニメ放映を待ったりすると、入れ込み過ぎで肩透かしをくらうことが多いけど、そんなこと、なさそうな気合の入り方だよなぁ……と、アバンを見たとき

ロケットガール mission11:ターンスタート

たった1週間の空きだけど、ずいぶん久しぶりな感じ。ま、そんな事はどうでも良いので、サクサクいってみましょうかw前回茜の覚悟と、三人の絆を再確認して今回のロケットの打ち上げだけどこの流れは実にいいですよね。皆の気持ちを乗せて・・・てわけではない....

TVアニメ ロケットガール 第11話 ターンスタート -turn start- 感想

「TVアニメ ロケットガール」さ~て、一週空きましたが、今週のロケガのお時間ですよ。此処に揃ったガールズは、ついに宇宙へと出陣なされます。ええ、あれはどう見ても出陣ですって。ってか、その演出の

アニメ「ロケットガール」 第11話 感想。

第11話「ターンスタート-turn start-」冥王星探査衛星オルフェウスを救うために、ゆかりと茜は軌道上のスペースシャトル・アトランティスへと向かう。地上では、安川が、そしてゆかりの父が、地上班が、ゆかり達が上昇していく様を見守っている。ゆかりと茜の体にかかるG

[~FWR~]ロケットガール 5月11日付 第11回「ターンスタート-turn start-」

ロケットガール 5月11日付 第11回「ターンスタート-turn start-」二週ぶりだな。確か、前回はNASA(アメリカの真の中枢)のスペースシャトルで起きた事故で探査機が飛べなくなって、それの修理の手伝いにゆかりと茜が向か

ロケットガール #11

なんだか微妙な盛り上がり方。アニメ版では最後のヤマ場なんだから、もうちょっと派手な展開でも良いんじゃないかと思った。おもしろく無い事もないけど。徹夜の作業で二人乗りロケットを仕上げるSSA技術チーム。朝日を背に、ゆかりと茜はロケットに乗り込む。