天保異聞 妖奇士 第24話「後南朝幻想」

説二十四「後南朝幻想」 

アトルが異界から産んだ妖夷。
往壓は駁の姿に変わって戦うが…
妖夷とそれを操れる西の者の正体が明かされる――。

シリーズの全ての謎が明かされる急展開(汗)
でも、一番のサプライズは次回予告(笑)

狂斎の必死の呼びかけも応ぜず飛び立つアトル。
こうなったのは往壓たちのせいだと狂斎は責める。
往壓がなだめても狂斎の憤りは収まらない…

「――気づいたらもうこんな年だ。だからこそ、できることもある!」
往壓は、円盤に変化した雪輪でアトルを追う。

アトルに追いつき、太作たちを守れなかったことを詫び、妖夷を消すよう懇願。
妖夷が暴れれば印旛沼工事現場でまた人が死んでしまうからと。
しかし、アトルは耳を貸さない。

往壓は、この世は一人で生きてるわけでなく、みんなが生きてると説得するが。

「なら、私は異界に行く!
 あそこなら、こんなことに思い悩むことはない。 
 わかろうとして…わかってやろうとして…、それでもこんなに苦しいなどということはない!」

赤い異界への入口が雲間に現れ、アトルはそこに向かう。
異界の影響は強力で、雪輪にも変調を引き起こす。
その時――西の者の放った札が、アトルと妖夷を捕らえる。
 
 
アトルを捕らえた西の者たち。なぜか一緒にいる江戸元に驚く奇士たち。
西の者の巌見は、自分たちの目的が幕府を排し、この世を神世に戻すことだと言い放つ。

西の者・丹生夜が、妖夷を猛らせる舞を舞う…
そして、巌見は妖夷の中に乗りこむ!?

鳥居が往壓のところに近づき、驚くべき真実を告げる。
地上は汚れた場所であり、妖夷は神が纏う特別な鎧…。
妖夷は神が去った後の置き土産だと。
…大型のは鎧だとして、小型の妖夷とかは、神を補佐するものが野生化したものとか?

神は異界に帰った…異界は神の世界――。
「神は帰り、そして鎧は捨てられた。それが妖夷だ。
 妖夷は神に似た人の思いによって、半端に目覚める…」

そして――。妖夷を纏える西の者は神の血を引く者…天孫の末裔。
かつて天皇家は北朝と南朝が別れた後、滅びたと思えた南朝の子孫が西の者たち…

鳥居らは西の者に気付き、江戸と幕府を守ろうとしていた…
全てを明かし、往壓に協力せよと言う鳥居。

その時、南町のソテが遊兵を体に纏おうとする!?
異界に呼ばれて妖夷を産む力を持たされた自分も神になれるはずと…
しかし、西の者が銃弾がソテを撃ちぬく…
倒れ赤い泡と消えるソテ…無駄死に(あせ)

江戸元は神に仕えるもの。ゆえに神の末裔に従う。
往壓たちにも神への服従を迫る…

アトルの呼び出した妖夷・祗影はリヴァイアサンとも呼ばれるもの…
それはクビと言われる強大な竜。ケツアルコアトルや駁と同じもの。
雲七の説明を聞いた往壓は、祗影もケツアルコアトルのように取りこめばいいと決意。
往壓のその力こそ鳥居が往壓に目をつけた理由。

そんなことをすれば今度こそ妖夷になると雲七は止める。
往壓はそれでもリヴァイアサンに挑む。
「あれが神の鎧だと言うなら、何でそんなものをこの世に残した? 気に入らねえんだ!」

駁と化した往壓は、祗影と戦う。
強大な祗影に苦戦する往壓…
神の末裔を名乗り、歴史から抹殺されたことを恨む巌見。

お前は神じゃねえ!――吼える往壓。
「オレを憎め! 異界とやらから来て、オレたちを惑わせる神よ!」

往壓の叫びにアトルがわずかに反応…
執念の往壓の攻撃がついに祗影を捉え、中の巌見が握りつぶされる…
そして祗影をもとりこむ往壓だが――。
アビたちの前に戻った往壓は、人の形に戻りそこねた異形と化す。

その往壓に、江戸元が西のもの朱松から授かった剣を向ける。
それは、8本の首を持つ竜の体内から出た竜のみを断つ剣――叢雲!

江戸元は叢雲で往壓を斬る――。
倒れる往壓…
アビの往壓の名を叫ぶ声だけが悲痛に響く――。


往壓が死んだ?ってイヤなところで終ってしまいました…

次回は最終回なんだけど、説二十五でなく幕間?
そして流れるOVA制作決定のテロップ…
あー完結編はOVAですか(^^;
きっとすぐTVで放送されると思いますけどね(笑)

今回で一気に謎が明かされたので、あとは決着だけど。
1話ではムリがあるしね。

いろいろ明かされた謎。話数短縮で台詞のみな説明になって消化不良な感じもあるけど。
もし予定通り4クールでしても…以外な設定だけど、??な感じです。
後南朝の末裔って言われてもマイナーでよくわかりませんし(^^;

とりあえずの結末となる次回どうなるのか。

次回 第25話(最終回)「幕間:ヒトハアヤシ」
 
http://higasinomachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_04b1_1.html
http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2007/03/post_e038.html
http://vidro.blogzine.jp/popin/2007/03/post_ab59.html
http://blog.livedoor.jp/jerid_and_me/archives/50938487.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天保異聞 妖奇士 第24話感想

天保異聞 妖奇士 「後南朝幻想」ネタバレキタ━━━━(゚Д゚;━━━━!!!!!完全じゃないんだろうけど…結構納得できました。なんか今までわかんないわかんないって思ってたことが結構あっさり解決。あ、

Truth

な、なんだこれは・・・!こ、こんなの、み、見たことない…! 息をもつかせぬ怒涛の展開!エドゲンの裏切り!?ちょっと、何やってんのよ!一体どうなってるの!?何がどうなってるのか、さっぱりわかんないっての!鳥居の本性がわかりましたね。なかなかカッ..

天保異聞妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

突然、怒涛の展開になりました。あの、御札を持つ西の者達。後南朝の血筋だというんです。どうやら鳥居もこの事を知っていた模様。そして妖夷は神が残したもの操れるのは神だけだから、天皇の血を引く我らだけって、え?それ、イコール神って思想、まずいですってばよぉ~>

天保異聞 妖奇士 24話「後南朝幻想」

 ラスト2回って事で、説明の多い話だったなぁというのが一度見ての感想だったな。 アトルによって妖夷が生まれた。誰も見た事がなかったという妖夷誕生の瞬間を見て皆呆然としていた。妖夷の頭に乗ったまま何処かへ向かうアトルを、狂斎が追いかけた。いつも余裕を持った

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第24話 「後南朝幻想」

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三アトルの絶望が、祗影と言う巨大な妖夷を産み出した。その時、西の者達が姿を現す。果たして彼らの目的とは?・・・。

「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 

説二十四「 後南朝幻想 」 明王朝初代皇帝を尊敬していた日本国王が約束破ったのが一番悪いということかよ!!

天保異聞 妖奇士 第24話「後南朝幻想」

今回は最終回を目前に、次々と様々な事実が明らかにされました。まずは、“西の者”達について。嘗て天皇家は、北朝と南朝に分かれて争っていた。やがて、両陣は合一されたものの、南朝はそれに不満、独自に血統

天保異聞 妖奇士 24話

24話「後南朝幻想」 展開早いよ。。 巨大妖夷の上にいるアトル。 今まで誰も生まれる姿を見たことがなかったのに…。 「おうま!聞け!」「行かせねぇぞ!」 狂斎が必死に呼びかけてますが届きません… 「おまえたちのせいだ!」とアビにあたっちゃうし… 「アトルは俺

天保異聞 妖奇士 第24話

「後南朝幻想」なら、私は異界へ行く

天保異聞 妖奇士 説二十四

「後南朝幻想(ごなんちょう、げんそう)」アトル想像力豊かですね。キョウサイ君が必死!好きな子にいいとこみせたいしね~。シュナイゼルお兄様のアバロン?のようだ(笑)表情がせつないし痛々しいよアトル。呪札がはりつくシ―ンが美麗。鬼の口から札がでるシステムなん

天保異聞 妖奇士 第24話

サブタイトル「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」  アトルが作り出した妖夷を、自在に操る西の者。  彼らの正体と鳥居の思惑が、今明かされる!

ちょっとだけ感想・天保異聞妖奇士第24話

 あ~、頭痛い。 ちょっとだけ感想・天保異聞妖奇士第24話『後南朝幻想』です。

今週の天保異聞 妖奇士「説二十四 後南朝幻想」

ラスト2回。妖夷は実はロボもどきで、鳥居サイドの思惑も明らかに。しかしアビは実に物知りです。

天保異聞妖奇士#24 挑戦するアニメ

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 二アニプレックスこのアイテムの詳細を見る主人公39歳 しかも無職前科持ちこれだけでもかなりのチャレンジャー しかし竹島を出し ついには天皇まで出しました そんな挑戦するアニメですがオリジナルビデオになるようです  おお 取

アニメ「天保異聞 妖奇士」第24話 感想。

第24話「後南朝幻想」この世を拒んだアトル。彼女が異界から生み出したのは、祗影という巨大な妖夷だった。妖夷を生み出した光景は誰も見た事がなかった。しかし今、この瞬間に妖夷は確かに奇士達などの前で生まれた。狂斎はアトルの元へと向かう。こっちを見ろ、見てくれ。

天保異聞・妖奇士「後南朝幻想」

う、ここにきて面白くなってきた。妖夷や異界について、もうちょっと前から少しずつ正体を匂わすようなことがあったら良かったのに。私は、妖夷って何? 異界って何? とずっと疑問に思っていたのです。でも、出てきたのを倒すだけ、異界を求めるなというだけ。なんで誰も疑

天保異聞 妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

西の者は後南朝の末裔だった! 後南朝って何?…って思ってたら、苦しい体勢ながらアビが説明してくれました(笑)。天皇家・南朝が独自に残してきた血統とか。絶えたと見せかけ、どっこい生きてた後南朝。そして、妖夷は神の鎧だったという事実が。アトルの生み出したで..

天保異聞妖奇士説二十四

「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」この世を拒んだアトルは巨大な妖夷を生み出す。

天保異聞 妖奇士 説二十四 「後南朝幻想」 感想

わからない… どうして、私がわからなければならない――…

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし説二十四『後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)』

説二十四『後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)』

妖奇士 あのね?

ラスト前にすごいことになってきた。先週、なんで江戸元が西の者たちに従うっぽいそぶりだったのかってなぞが解けました。でもさー、西の者が天孫の末裔だから神だっていうのは、ともかく、江戸元が神主だから神に従うっていうのがどうもぴんとこなかった。江戸元の神社っ..

妖奇士 説二十四

いよいよクライマックスですね。前回アトルがでっかい妖夷を呼び出したりして、いかにも波乱めいた展開になるんだろうな…とは思ってましたが、想像以上に大変な展開でした。まず初っ端から呼び出した馬鹿でかい妖夷と一緒に異界に行こうとするアトル。狂斎が崖をよじ登るな

天保異聞妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

アトルは異界から祗影という巨大な妖夷を生み出す。異界へ行こうとするアトルだったが、西の者の札により、妖夷は落ちて行く。「我らは幕府を廃し。この世を神世に戻さんとするものなり」西の者達の元に元閥の姿も。えええっ、元閥さん、どうしちゃったの!?西の

天保異聞妖奇士 説二十四『後南朝幻想』感想

来週は5時30分から!!

いい歳こいて奇士好き 23話

 さて、印旛沼。血+のラストはアメリカ、種はヤキンドゥーエ、種死は月面・・・・と歴代土6と比べてかなーり地味な最終決戦の地ですが、そこがまた妖奇士らしくていいかなとも思います。 さて前回往壓も言いまし

天保異聞 妖奇士 説二十四『後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)』

☆あらすじ(公式HPより)☆ この世を拒んだアトルは、異界から祗影という巨大な妖夷を生み出した。その出現に、印旛沼は土石流に飲み込まれていく。混乱の中、奇士たちの前に西の者たちが姿を現す。札を使い、妖夷を意のままに動かすことができるという彼らの正体とは...

天保異聞・妖奇士 説二十四

天保異聞・妖奇士 説二十四「後南朝幻想」 更に変化する おっさん。人に戻り損ねてしまった!!!こちらも三部作?!

天保異聞 妖奇士 第24話 神のヨロイ

内容妖夷と異界へと旅立とうとするアトル。往壓の言葉も聞こえない状態。その妖夷を止めたのは、西の者の力だった。そして、西の者は妖夷の中に入り込み、ヨロイとしたのだった。面白いじゃないか!!この最終局面で。この『西の者』をもう少し早くに展開していれば、『違..

天保異聞妖奇士 説二十四「後南朝幻想」 感想

いつかのエウレカを見ているような

天保異聞妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

天保異聞妖奇士の第24話を見ました。説二十四 後南朝幻想この世を拒んだアトルは異界から祗影という巨大な妖夷を生み出した。妖夷の出現に、印旛沼は土石流に飲み込まれていく。「アトルは俺が連れ戻す。雲七、あそこまで飛べるか?」「あい、どこへだって行けますよ。往...

説二十四「後南朝幻想」

お前は神か?(往壓/駁竜)主人公が死んだと思わせる引きは王道中の王道でしたが、「妖奇士」ラス2なかなかに魅せてくれます。西の者の正体がついに明かされ、謎解きも一気に加速。あとは奇士達がこの世を救えるのかのみ。やはり奇士はヒーローだった。

天保異聞妖奇士

説二十四 後南朝幻想やっばいぐらい盛り上がっています、妖奇士。内容が深い、深いぞ!ついていくのがやっとだぞ!!笑この面白さは見続けてきた人にしかわからない!!ここまで魅せてくれるのは會川さんの力量ですよねー!ユキアツが駁竜になって妖夷と対峙するところな..

天保異聞 妖奇士 第24話

「後南朝幻想」 西の者の正体、妖夷は何なのかが明らかになりましたね。畳み掛けるよ

TVアニメ 天保異聞 妖奇士 説二十四「後南朝幻想(ごなんちょうげんそう)」

ねえ、アトルちゃんの精神が崩壊しちゃってね。これって、どうなるんだろう。今、妖夷が生まれる瞬間を人は目にしたのです。アトルが作ってしまったのです。狂斎も必死にアトルを引き戻そうとしますが・・

妖奇士 説二十四

    「後南朝幻想」感想。     本当にいよいよ大詰めという感じで。 沢山の

天保異聞妖奇士#24「後南朝幻想」

アトルが妖夷を作ってしまった「アトルはオレが連れ戻す!!」遂にじじいと狂斎の対決か!?狂斎がむきになる=アトルのことが好き『私は異界に行く。こんなことに思い悩むこともない』アトルを止めようとして彼女を説得するが、ユキアツの言葉は耳に届かなかったそこに突..

天保異聞 妖奇士 #24 「後南朝幻想」

「私は神になったんだ」ソテさんそうきましたか!!Σ(っ゚Д゚;)っ ↓ ↓

天保異聞妖奇士説二十四 後南朝幻想

そっか、来週最終回じゃねえかよ。あっという間ですね。

妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

後の無い妖奇士。今回は南町奉行 鳥居が説明役になって、いろいろと謎を解説してくれ

妖奇士・第24話

「後南朝幻想」 現実への絶望から、異界への扉を開き、妖夷を生み出してしまったアト

天保異聞 妖奇士 説二十四「後南朝幻想」

神の鎧…

後南朝幻想

OVA制作キタ━━(゚∀゚)━━ さて感想のほうを。 えっ・・・とっ 往壓を殺し

天保異聞妖奇士説二十四後南朝幻想

「元は旗本の御曹司、今は落ちに落ちた主人公…竜導往壓、39歳が漢神の力、漢字を武器に戦う。天保異聞妖奇士‥」「第24話後南朝幻想」「アトルが異界から生み出した巨大な妖夷、祗影に乗っているアトルを追って竜導さんが雪輪と一緒に追いかけ」「説得するのですがアトル..