天保異聞 妖奇士 25話(最終回)「幕間 ヒトハアヤシ」

幕間 ヒトハアヤシ

人は物語なしに、生きていけない――。

江戸元に斬られ往壓が倒れた。
西の者は、江戸城地下の前島聖天に現れ、眠れる妖夷を解き放つ!
蛮社改所、最後の戦い――。

サブタイは幕間といいつつ、一応の幕となりました^^
最後は放三郎さんも大活躍!

「往壓か。奴は死んだ…。奴だけじゃない。もう奇士は一人もいない」
一人だけ戻った狂斎が力なくつぶやく…

前島聖天に、西の者たちが踏みこむ。江戸元の姿もその中にあった。
往壓は江戸元に斬られ果てたといい、前島聖天を占拠する西の者たち…

「私の漢神は『宰』――王を補佐する者。私の主は小笠原様です!」
放三郎を逃した宰蔵も、江戸元に倒される…

前島聖天には、幕府を開く時、家康が封じた妖夷が眠っていた。
それを解き放ち、その上にある江戸城に滅びの種を蒔く――それが西の者の狙い。

西の者・朱松はアトルに異界を開かせ、前島聖天に封じられた妖夷を起こす。
現れたのは巨大なムカデの妖夷。神話の時代、竜=蛇と戦ったのはムカデ。
それは国津神の守護神だったもの…
巨大ムカデを江戸城で産まれようとしている将軍家の跡取りに憑かせる企み。

放三郎は、西の者たちの危険を跡部に報告しようとするが捕まってしまう。
妖夷の起こした事件も、蛮社改所も鳥居と水野の仕業にしようとする跡部たちの企み。
蛮社改所は無かったものにされ、放三郎も解任される。
 
 
しかし、放三郎は命より重いものがあると言い放つ。
その心意気に放三郎の師匠は、放三郎の縄を解き逃がします。
放三郎は、前島聖天へ通じる隠し通路の入口に向かう。

そこに一匹のアソベを連れた鳥居が現れる。
鳥居もまた水野でも、地位でもなく、この徳川の世を守ると幕府の命令を投げてここに来たのだった。

「将軍家を守るのは南町奉行の役目!」
「妖夷を取り締まるのは我がお役!」

自分の道を貫く二人。漢です。最後の最後でカッコイイ(笑)
鳥居はなぜかアソベも同行させるのですが…

前島聖天へつっこんできた二人に、西の者は妖夷と合体して攻撃してくる。
その時、アソベが漢神を使う!?
それは――往壓が変装した姿だった!

江戸元が斬ったのは、竜だけを斬る刀。
あの時に江戸元の『元』の漢神で往壓を人に戻し、一芝居うったのでした。
前島聖天に祭られた神も見たかった江戸元。
それがムカデの妖夷だったことも見たしと江戸元も奇士に復帰!

アビと宰蔵も解放され反撃開始です。
江戸元は、もう一つの漢神『閥』の矛をもらい、竜殺しの刀も叩き切る。

小笠原ももう躊躇わず漢神を出してもらう。
『放』からの出た漢神は、ボクシングのグローブ!?(あせ)

「もはや私に刀はいらぬ。私は奇士だ!!」
と、小笠原は、拳で戦います(爆)

形勢を逆転された朱松はアトルを連れムカデに乗りこみ逃げる。
それを鳥居の漢神そのまま『鳥』を出し、鳥に乗って後を追跡!

奇士たちは各々の漢神武器で攻撃。
往壓の止めの一閃でムカデは崩壊しはじめ、朱松も赤い泡と化す。
でも、そのままアトルが赤い異界に――!

そこに金色の天馬になった雪七が飛んできて往壓を乗せる。
「ずっと一緒だと言ったじゃないですか」
そのまま異界に翔ぶ!

「往壓は私にあそこで生きる理由を与えてくれると言った。
 だけど、あそこには苦しいことしかない。
 人であるということが苦しいことなら私には耐えられない!」
異界に残ろうと言うアトル。

それに往壓は、アトルに生き理由を与えれると思っていたのに、何も与えてやれなかったと謝る。
逆に与えてもらったのは自分の方だと…

「アトル、俺にはお前が必要だ。
 お前を見る度に思い出すことが出来る。本当はお前のように異界に行きたいのだと。
 弱くてすぐに逃げ出してしまいそうになる人間なんだと。
 それでも、だからお前が傍にいてくれれば…俺は何ていうか…
 少しだけマシになれる、強くなれる。
 
 俺がお前を救うんじゃない。アトル…、お前が俺を救ってくれていたんだ!」

往壓の言葉がアトルを動かす…
「そうだな…。悪くない理由だ」

…ってそれってプロポーズ!?か往壓さん(笑)
アトルもOKって狂斎失恋ですか(^^;
この時代ならアトルは成人で問題ないのかな??

後日談――。

将軍家の赤ん坊は死産してしまい。
鳥居の出した水野の罪を暴く文書と条件で、蛮社改所は廃止。
その見返りで鳥居も放三郎も不問。
鳥居抜かりなしですね(笑)

江戸の町では、困ったときに現れる『奇士』の噂が広がっていた。
「人は異界を求めるように物語を求める。それはいけないことか?
 奇士は風のように現れ、妖を退治する。そして、五人共美男美女揃いだと」
楽しそうに語る放三郎。

人は物語なしに、生きていけない――。

蛮社改所は廃止されても、妖夷が出れば奇士の出番。
給金なしだけど、妖夷の肉目当てに今日も人知れず往壓たちの戦いはつづく。
「今も俺達はただの奇士――!」


いちおう無事?エンディングとなりました。
OVAは、その後の話か、省略された話とかになるのかな。

打ちきりで2クールになりましたが、最後の方はテンポもよくなって楽しめました^^
4クールあるからって、ゆっくりしすぎるのはダメかもね(^^;

土6としては異色な作品でしたが、これまでにない新しいものってことでは土6だっとも思います(笑)

毎回TB&コメントでお世話になった皆様ありがとうございました^^
 
http://symphonic.at.webry.info/200703/article_42.html
http://okikazenohibi.blog57.fc2.com/blog-entry-875.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『天保異聞 妖奇士』 竜導往壓

『天保異聞 妖奇士』の往壓です。年齢39歳にして、時代アクション物の主人公。作品中には、かなり身体動作の激しいシーンなんかもあって、そんなに動いて大丈夫なのだろうか、後から腰に来たりでもしたら・・・?!

天保異聞妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

最終話でなく、幕間としたところが本当に泣けますね。地上放送を見逃してしまったので、この配信を待っていました。今更ながらこのOP曲いいですよ^^思わぬところから始まりました。よろよろと戻ってくる狂斎・・・

天保異聞 妖奇士 第25話(最終回)感想

天保異聞 妖奇士 「ヒトハアヤシ」最終回だけに、皆の漢神引き出しまくり!!でも皆が皆武器の形をしてたのは…なんだかな(-ω-)以下感想。ネタバレ注意。女性向け(腐女子)視点なので、嫌いな方はなお注意!!

天保異聞 妖奇士 幕間 「ヒトハアヤシ」

江戸元が味方でよかった。悪役も萌えましたがvいやぁ、本当に終わっちゃいましたね(笑)早いもんだ。OVAが出るとか?おぉ!はりきってますねぇ!元はといえばギアスと時間帯逆だったとか言いますが、まぁ妖奇士的には深夜の方が人気出てたと思うけど、ギアス的には深夜

妖奇士 幕間

  「ヒトハアヤシ」感想。   前回から引き続き、最終話も盛り沢山な内容でありま

妖奇士 第25話

[日本橋に帰ってきた狂斎は馬からおろされてつぶやいた。「往壓は死んだ」と。その頃、前島聖天に元閥を加えた西の者達が襲撃してきた。防戦する小笠原と宰蔵だったが、敗走する。幕閣内部では、改革に失敗した水野の跡目を

アニメ「天保異聞 妖奇士」最終話 感想。

最終話(幕間)「ヒトハアヤシ」馬に乗ってはいけない場所に、馬に乗りながら現れたのは狂斎。彼はうな垂れ、明らかに元気がない。玉兵に引き摺り下ろされる狂斎。ユキと一緒じゃなかったのか?と問われ、狂斎は、往壓は死んだ。もう奇士は一人もいないと答える。ちょ、これ

天保異聞 妖奇士 第25話(最終話)

幕間「ヒトハアヤシ」 ハッと気づけばもう5:40分過ぎ。見事に前半見逃しました^

天保異聞妖奇士説二十五

幕間「ヒトハアヤシ」前島聖天に乗り込んできた西の者たち、そのなかに元閥の姿も

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 幕間(まくあい)『ヒトハアヤシ』

幕間(まくあい)『ヒトハアヤシ』

「天保異聞 妖奇士」最終回「幕間・ヒトハアヤシ」

<土曜日>出だしで狂斎がガセネタを流したので「うそっ!」と驚いたのですが、皆無事で何よりでした。おおかたの予想通り、前回の江戸元が竜導を刺した剣は「竜」の部分だけを斬ったという事のようです。最後に今まで渋っていた小笠原さんや、江戸元や更に鳥居さまのアヤガ

ちょっとだけ感想・天保異聞妖奇士第25話

 さて、明日も仕事です。そしてただでさえしんどい月曜日がさらにしんどい状態です。早く行かねば……。 あ、ちなみに銀魂は今週お休みでした。 ではでは、天保異聞妖奇士第25話(最終話)『ヒトハアヤシ』です。

天保異聞 妖奇士 幕間

幕間「ヒトハアヤシ」 とうとう最終回…なのか…? せっかく頑張って当日アップしようとしたのに1回消えた… 頑張ります! 馬に乗ったまま街中をふらふらする狂斎。 「ゆき…ゆきあつ?やつは死んだ…やつだけじゃない…もう奇士は一人もいない…」 ちょ、狂斎!?何があっ

天保異聞 妖奇士 幕間(まくあい)『ヒトハアヤシ』

☆あらすじ&解説(公式HPより)☆前島聖天に西の者たちが踏み込んでくる。その中に元閥の姿もあった。前島聖天から、その真上に存在する江戸城を陥落させることが目的だという。小笠原を逃し、前島聖天に留まる宰蔵。小笠原は妖夷を倒すため、幕府を守ろうとする鳥居耀...

天保異聞 妖奇士 第25話(最終話)

いやぁ~・・・怒涛の最終回でしたがな!っつ~か、番組が始まった頃の重い感じが全くなくなってしまった最終回になった気が・・・しなくもない。まぁ、こんな風にお気楽な感じで終わるのが一番いい方法だったのかもしれな

天保異聞 妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

とうとう『妖奇士』も最終回。でも、かわら版(メルマガ)によれば「幕間は終わりではなく次への始まり」…だそうです。冒頭から狂斎の落ち込みと玉兵親分の慌てっぷりにすっかり騙されました。もう奇士はひとりもいない…だなんて。orz前島聖天に西の者&エドゲン出現。...

天保異聞妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」感想

ちょっと前にいただいた「にゃん語」バトンで感想を書きたくなる・・・もっと早く全員の漢神を出しなさいよッ!!!小笠原のは一番、似合わないアイアン・ナックルで笑えた!しかし妖奇士の活躍はこれからじゃないですか。OVA・・・。のびのび作るんでしょうねえ、會川..

「天保異聞 妖奇士」 25話 幕間『ヒトハアヤシ』

なんともいろいろ性急な展開だった。そこら辺はしょうがないんだろうけどもどかんどかんともっとゆっくりやる予定だったんだろうなぁと思えるものが矢継ぎ早に出てきたりしてそこら辺は先週に引き続いておもしろかった

天保異聞 妖奇士 第25話(終)

サブタイトル「ヒトハアヤシ」  西の者たちの強襲を受け、前島聖天を占拠された小笠原。  奇士たちを失い、ひとり前島聖天に戻ろうとする小笠原に声をかけたのは...

天保異聞妖奇士 幕間『ヒトハアヤシ』感想

今回は漢神祭!あやかしあやし、よかったよ!!

天保異聞・妖奇士 幕間

天保異聞・妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」 漢神総出演の最終回。奇士たちの活躍は、まだまだ続く!!(OVAでね……)

天保異聞 妖奇士 幕間(まくあい)『ヒトハアヤシ』

前島聖天に西の者たちが踏み込んでくる。その中に元閥の姿もあった。前島聖天から、そ

天保異聞 妖奇士 第25話(最終回)我らは奇士!!

内容奇士たちの本部、前島聖天に西の者たちが、元閥とともに攻め込んできた。そしてその傍らには、捕虜となったアビが。封印された妖夷を復活させるという。宰蔵と小笠原は奮闘するも、多勢に無勢。小笠原が逃げるだけで精一杯だった。幕閣に事態を報告に行くが、逆に囚わ..

天保異聞 妖奇士 幕間・ヒトハアヤシ

今も、ただの奇士だ―――。最後の戦いに、鳥居も緊急参戦し往壓さんのまさかの生存&漢神の連発でwwラストは、アトルにプロポーズ!?大団円+感動の最終話を、振り返っていきま~~す!!ただ、

幕間 ヒトハアヤシ

最終回ではないけど、最終回という天保異聞 妖奇士 OVAに伏線を残しましたな(・

妖奇士・第25話

「幕間 ヒトハアヤシ」 意気消沈して江戸へと戻ってきた狂斎。話を尋ねる親分に、狂

天保異聞 妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

奇士はどうなる?

幕間 「ヒトハアヤシ」

なんていうサブタイトルだったので、ものすごく中途半端な場面で終わって「続きはOVAで!」という最悪な状態でTV放送終了かとちょっと心配しておりましたが、そんな事が無くて良かった、良かった。

天保異聞妖奇士幕間 ヒトハアヤシ

終わってしまいましたねー。以下感想です。

天保異聞妖奇士 プロポーズ

妖奇士達を打ち倒し 本拠地に乗り込んで来たのは 西の者達狙いはこの地に眠る 妖夷 必死に交戦するも 小笠原と巫女さんでは戦力不足  意外だったのは 巫女さん 小笠原を主としていた辛くも逃げた 小笠原は上司に訴えるが 全てを鳥居の所為にすべく 放置しろと納

天保異聞 妖奇士 幕間 「ヒトハアヤシ」 感想

人は、物語なしに生きてはいけない――

天保異聞妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

天保異聞妖奇士の最終話を見ました。幕間 ヒトハアヤシ一人、項垂れて戻ってきた狂斎。「往…往壓か。奴は死んだ…。奴だけじゃない。もう奇士は一人もいない…」「それってどういう意味でい!?あいつらが死ぬ!?そんなことがあるもんかい!!」岡っぴきが狂斎の襟を掴んで叫..

妖奇士

天保異聞 妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」 人は物語なしでは生きていけない。 結びの一節。 打ち切りになった作り手達の凄まじい怨念がこもっておりますな(苦笑)

天保異聞妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」 感想

前回すっかり

天保異聞 妖奇士 幕間「ヒトハアヤシ」

うむ、ついに終わってしまいましたね、妖奇士。お話としては、かなり無難な終わり方の様に思えたものの、続きはOVAシリーズと言う事で、一応の区切りは今回で・・・と言う感じだったのかな。前島聖天にて、その真上

天保異聞妖奇士25話(最終回)「幕間~ヒトハアヤシ~」

最終回にしてやってしまった自分が恨めしい(><)今まで時間変更あっても忘れたことなかったのに、ここにきてやってしまった見逃し!!でもようやく視聴終了!!なんとか本日中に見ることが出来ました(^^)ありがとう、Iちゃん!!やっぱり持つべき者は近所のオタ友...

天保異聞・妖奇士「ヒトハアヤシ」

最終回です。なかなか盛り上がらず(自分の中で)、悶々としていたのですが、最後の方になってようやく盛り上がってきました。急ぎすぎな感はありましたが、このくらいストーリーが動いてくれた方が面白いです。アトルの気持ちの変化はもう少し時間がほしかったかな。最後に

「天保異聞妖奇士」幕間

幕間「ヒトハアヤシ」前島聖天に西の者たちが踏み込んでくる。その中に元閥の姿もあった。前島聖天から、その真上に存在する江戸城を陥落させることが目的だという。小笠原を逃し、前島聖天に留まる宰蔵。小笠原は妖夷を倒すため、幕府を守ろうとする鳥居耀蔵とともに、蛮..

「天保異聞 妖奇士」に未萌を見る◆維新不遠 生天保之世 

幕間(まくあい) 「ヒトハアヤシ」

(アニメ感想) 天保異聞 妖奇士 第25話 「ヒトハアヤシ」

天保異聞 妖奇士 あやかしあやし 三前島聖天に西の者達が現われた。その中には元閥の姿が・・・。「今日より、前島聖天は我々後南朝のものとなる!」不敵なる宣言。宰蔵は、小笠原を逃がし、西の者に立ち向かう。だが、その前に立ちはだかったのがかつての仲間、元閥だっ...

天保異聞 妖奇士 #25 幕間 [最終回] 「ヒトハアヤシ」

往壓さん、中腰体制お疲れ様でした(´・ω・`;) ↓ ↓