ツバサ・クロニクル(第2期) 第16話「望郷のカナタ」

第16話 「望郷のカナタ」 

2週間空いて前回までの展開忘れてた^^;
図書館で羽根の入った本をお持ち帰りしようとしてたんでしたね。
そして、なぜかクロウ国に?

しかし、クロウ国は無人。さらに、小狼に関するものはない世界。
そこは記憶の本が、サクラの記憶から作り出した世界だった・・・
本がある場所は、サクラの思い出深いところと推理する。

砂漠の遺跡。小狼とサクラにとってもっとも思い出深いところ。
そして、旅のはじまりの場所。
あの日、謎の一団が襲った時から長い旅がはじまった・・・
謎の敵がしていたコウモリの手甲。それが黒鋼の親の仇にもあったことに気付く小狼。
かつて神の神殿での戦かった敵も同じものをしていた。それに気付いた黒鋼は、旅を続ければ仇にたどりつくと考えるようになっていた。

本のある場所に下りた小狼と黒鋼の前に、本の守護獣が現れる。
危機になった小狼は突然、豹変して獣を退ける。
その姿はまるで別人。誰だと?と黒鋼も尋ねるほど。
・・・影で暗躍する飛王のもつ黒い小狼(?)と小狼は繋がっている?

本の奪取に成功するが、モコナの次元移動ができない。
図書館から逃げ出そうとするが、外は酸の濁流・・・
ファイが音を使ったという別系統の魔術で結界(?)を張り、なんとかモコナの次元移動発動。

そして、ついて世界は・・・。 元のレコルト国?! 移動は失敗した?

・・・東京に行かないのか(笑)

次回は、第17話「
五つ目のチカイ」 知世姫の交換条件にどっきどき?
黒鋼と知世姫の過去の話になるのかな?


関連記事
コメント

トラックバックに制限があったのですね。

 今回も、トラックバック、ありがとうございます。(^^
 「ブログURL(言及リンク)を含まないトラックバック制限」のためらしく、
トラックバックをしていただいた記事からしかトラックバックを返すことができませんでした。
 記事の後半部分からのトラックバックになっていますが、
どうかご理解ください。m(_ _)m

いつもお世話になっております^^
コメント&TBありがとうございます~
そんな制限があるのですか。 便利なような不便なようなですね^^;
関連記事なら前後どちらからでも歓迎ですよ^^
・・・今度からは、こちらからは前半にTBさせてもらいますね(^^) またお邪魔します~
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツバサ・クロニクル 16話「望郷のカナタ」

 クロウ国らしき国に来た一行だけど、モコナは移動していないので本物の国ではないもよう。それに誰もいないし。それでもサクラの中では小狼の記憶はないものの、彼が住んでいた家は記憶に残っているんだねー。思い出の場所は覚えていても、そこで誰と過ごしたのかサクラが

『ツバサ・クロニクル』2#16B.

<font size="+2"><b>第16話</b> 「望郷の<font color="#6699FF ">カナタ</font>」</font>後半 前半は、[前の記事]http://blogs.yahoo.co.jp/okotamaimai/40661686.htmlです。<font size="+2" c

「ツバサ・クロニクル」レビュー

「ツバサクロニクル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):小狼(入野自由)、サクラ(牧野由依)、黒鋼(稲田徹)、ファイ(浪川大輔)、モコナ(菊地美香)、桃矢(三木眞一郎)、雪兎(宮田幸季)、飛王(中多和宏)、星火(

ツバサクロニクル#42「望郷のカナタ」

結局、行き着く先は泥棒なんだよね!とにかく感想行っちゃう?ツバサ・クロニクル公式 ツバサ関連品

ツバサ・クロニクル 望郷のカナタ

一週だったか二週だったかあいちゃったけど、確か図書館で有名な国で記憶の本とやらが

ツバサ・クロニクル (第16話 望郷のカナタ)

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2収録されているのは以下の4話。(サブタイトルのリンク先は当時書いた感想です)お気に入りはやっぱり「第6話 魔術師とデート」かな。 チイが切ないんですよね。第3話  栄光のゴール第4話  哀しいキセキ第5話  少年のケツイ)第6話  魔

ツバサ・クロニクル 年代記 第42話 2期第16話 望郷のカナタ

ヤクイ、甲子園で浮かれている間にストーリーを忘れてしまったぞ。図書館に羽根を盗みに、じゃなかった返してもらいに行ったんだっけな。小狼がヤバイ風な変化を見せる、というか姿形は本人そっくりだけど中身が別物。つまり小狼であって小狼でないものになってしま....