ザ・サード 第14話

第14話 「妖精幻視」

夜の砂漠――。 狼と妖精。

って幻想的なシーンからスタート。
ミリィを連れ砂漠を旅するほのか。
ミリィを心配するほのか。ほのかの重荷になりたくないミリィ。
二人の埋められない距離。
言い争いから走り出したミリィは、砂の中で罠を張る怪物パンケーキ(名前に似合わない(笑)に襲われる。
砂中に落ちたミリィの身を案じ、怪物の本体に攻撃できないほのか。

その前に現れる一頭の狼。狼はほのかの脳裏に話しかける。
狼がミリィを救出。ほのかの刀が一閃。パンケーキの巨大を一頭両断する。(なんか切り口がおいしそう(笑)

助けられたミリィが指刺す先に光るものが。
『スターシード』 砂漠の妖精。
狼は妖精を追い姿を消す。

ほのかに謝るミリィ。 そして、ほのか達も妖精と狼を探し、砂漠に・・・

今回は画が綺麗でした(笑)
おかげで狼と砂漠の妖精の神秘さがよくでてましたね~
次回もこんな画でお願いします^^;


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ「ザ・サード~蒼い瞳の少女~」第14話 感想。

第14話「妖精幻視」――行こう。前回のあの悪夢のような作画から解放されました。やった、やったよ…!今回は皆まともです。ありがたや…白い狼が、自分を撫でる手の温もりを思い出していた。そして、彼は砂漠の妖精を追って走り始める。ミリィと共に旅する火乃香。突然、ミ

ザ・サード 第14話「妖精幻視」

ザ・サード 第14話「妖精幻視」砂漠の妖精が姿を現す。

-

管理人の承認後に表示されます

ザ・サード~蒼い瞳の少女~ 第14話「妖精幻視」

{{{:砂漠の旅を続ける火乃香とミリィ、しかし言いたいことを言い出せず、二人の間にある漠然とした隔たりを感じていた。そんなある夜、砂漠の怪物・パンケーキにミリィが襲われ、火乃香の目の前で砂中に飲まれてしまう。そのピンチを救ってくれたのが謎の白い狼、ミリィの無