RD潜脳調査室 第12話 「光のない朝」

空と海の境界を確かめたくて――。
ミナモが海岸で出会った少女・三稜映見。
ナノマシンで視力を得た映見は、まだ見える世界に戸惑っていた…。

太ってるの気にしてたメタ子さん…。
気にしてるなら食べるの自重しようね(^^;


▼ 第12話 『光のない朝』

電脳で感じる美―メタル・アートなんてあるんですね。
メタル内だけで有名なアーティストが消えた。
ハルさんもその美に触れ、捜索の仕事を引きうける。

映見はミナモと入れ違いで休学したクラスメイトでした。
海と空の青だけがイメージ通りで、あとは違っていた…。
視力を得て、無くした「もの」…。

(どこにも…ない)
ブレインダウンを起こした映見。
彼女こそがハルの探してるメタル・アーティスト。

「戻ってきて…。無くしたものを取り戻そう」
ミナモの呼びかけが映見をメタルが浮上させる。

視力か、元の感性を戻すか…。
もう一度あの感覚を見たい。
映見は視力より、メタリアルでの感覚を取り戻すことを選ぶ。
 
 
感覚が違えば世界も違う。
ちょっと思いつかない発想(^^;
映見がやっぱりレギュラーじゃなかったのが残念です(笑)
そうなったら、いっそうメタ子さんのメタボぷりが際立ってたでしょうに(ぇ)

次回 第13話 『もうひとつの海』

・TB先・
猫が唸る感想日記 
AAA~悠久の風~
エンドレス・ナイトロード

http://loliluna.blog53.fc2.com/blog-entry-588.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する