地獄少女 三鼎 第13話 「六文燈籠」

六文灯籠とともに開いた地獄への入口。
あいが、ゆずきより分離して完全復活を遂げる…。
1クール目ラストとなるエピソード。
三鼎の本編はこれからが本番って感じですね。

第13話「六文燈籠」

ゆずきの親友・秋恵の父が地獄流しのターゲットに狙われる。
秋恵の父は警察署長だが、保身のために事故をもみ消したために恨みを買って…。

家庭教師となり秋恵に近づいた梓。
梓の罠で秋恵が危機に陥るが…寸前でゆずきが救い出す。


あいも体から抜け…これで元通りとゆずきはホッとしたのだが…。
梓によって秋恵が地獄に流されてしまう…。

あとは、あなたが決めることよ――。


六文燈籠で、ゆずきが地獄に行きかけるのを止めた柴田先生。
やっぱりあの、つぐみなんですね。
2クール目は面白くなりそう(笑)


次回 第14話「怨みの街角」
White wing

http://teal.sakura.ne.jp/time_of_bliss/2008/12/post_225.html
関連記事

テーマ : 地獄少女 三鼎 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する