RIDEBACK-ライドバック- 第3話 「そして旗(フラッグ)はふられる」

あっという間に全日本選手権。
大会レギュレーション規則でフェーゴは使えず、代わりにバロンで出る琳。
しかし予選で思ったように走れない…。
何かが邪魔している――?

フェーゴは珠代でも扱いづらいマシン。
搭載してるACSを見るとほぼ機能しないような代物。
それならと本選でACSをオフにすることに…。


▼ 第3話「そして旗(フラッグ)はふられる」

驚いたことに琳は、じょじょに順位を上げていきます。
危なっかしい走りもましになっていく。

ACSよりも敏感な調整ができる反射神経。
しかしそのムリがたたり、エンジンが焼ききれ無念のリタイア。
珠代の勝負は来年までお預けとなる…。


試合後の打ち上げから出てフェーゴで走る琳に、岡倉が問いかける。
フェーゴに最初に乗った時、アクセルをゆるめず飛んだのか?

フェーゴを信じられた…というのが琳の答え。
人機一体ってことなんでしょうかね。


意外にあっさり試合は終わってしまいました。
GGPの白ライドの導入とかきな臭くなってきました。

噂に出てたライドバック部隊の日本人て誰でしょうね。
そちらの方に話が向っていきそうかな。


次回 第4話「しょうコ、危機一髪」

・TB先・
関連記事

テーマ : RIDEBACK-ライドバック- - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する