屍姫 玄 第6話「幸福という怪物」

オーリが主人公補正に覚醒です(笑)
座壇術法をいきなり使用できるように。
そして眞姫那と気持ちを合わせ重無を撃破!

未練、二人の心を合わせることで。
呪いでなく力となるか…。


▼ 第6話『幸福という怪物』

眞姫那に契約僧と認められたオーリ。
まぁこれも幸福なんですかね。

その陰で、オーリと眞姫那のことで絶望した春日。
眞姫那と関わったことで死に引かれ…ついに屍になる運命に。


身近な人間が屍に。
オーリにとっての試練…。

私を殺してとオーリに望む春日。
それが春日の未練とかなんですかね…。


次回 第7話「ありふれた望み」
関連記事

テーマ : 屍姫 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

屍姫 玄 第06話「幸福という怪物」の感想。

屍姫 玄 第06話 「幸福という怪物」 評価: ── ざまぁないぜ 脚本 會川昇 絵コンテ 岡田雅裕 ...

屍姫 玄 #6.

「幸せという怪物」 オーリとマキナが、やっと共闘できたと思います。 再生景世軍団

屍姫 玄 第6話(第19話)「幸福という怪物」(感想)

こちらは感想です(内容)前回傷つけた筈なのに再び平然と現れた偽景世達。杓杖を振り上げ立ち向かうオーリでしたが、やはり躊躇いはあったのですね。前回の様には行かず…オーリのピンチに今度こそ景世の顔した重無に銃を向けるマキナですが「ざまーない…嫌な気分…こん...

屍姫 玄 第6(19)話「幸福という怪物」

花神旺里たちの前に現れた重無によって作られた何人もの田神景世。オーリは星村眞姫那に景世を殺すという感触を与えない為、自分が倒すと息巻く。壬生貞比呂の指示を受け、錫杖に意識を集中したオーリは、座壇術法を使って景世モドキを倒す。契約僧としても未熟なはずのオ...

屍姫 玄 第6話「幸福という怪物」

博士「幸福という科学」助手「洒落にならないって!!」...

■屍姫 玄 第19話「幸福という怪物」

 最初の頃は、これから一体どうなるのかなって、目茶苦茶心配させてくれた旺里と眞姫那なのですが、とりあえずは落ち着いたみたいなのです。  景世に対しての同じ認識と

屍姫 玄 第6話(19話)「幸福という怪物」

偽景世に屍お胸様とオーリたちを惑わすトラップが続く「屍姫 玄」の第6話(通番19話)。 前話の感想ではお胸様のことを「必死でマキナを探すオーリにスルーされて、失恋の事実を明らかにしただけ。これが未練となり、不慮の死で彼女が屍になる伏線ならば意味もあるが、さ...

『屍姫 玄』#6「幸福という怪物」

「私は捨てない私自身を!あなた達を全て滅ぼすまでは!」 噛まずにいえるかな?(コラ 周りに嫌な思いをさせまいと、 一人景世の顔をした...

「屍姫玄」第6話

 第6話「幸福という怪物」屍の正体は七星のひとり、重無だった。景世の姿をした敵に武器を向けられないマキナに代わり、オーリと重無が交戦。見事打ち倒したかと思われたのだが・・・。未練と未練が重なった力。景世の屍に立ち向かうオーリ。貞比呂からアドバイスを貰い...

屍姫 玄 6話 感想

原作より先に「マキナ」呼び!!(´Д`).∴カハッ おまけに座壇術法まで会得してしまうとは・・・なんか地味でしたけど。もう完全オリジナルストーリーになっているので、全く展開が読めずある意味次回が楽しみになってきました。やっぱりエナはものっそあっさりやられち?...

屍姫 玄 第6話「幸福という怪物」

屍姫 玄 第6話「幸福という怪物」無料動画。アニメ・屍姫はこちらから無料でご覧いただけます。

『屍姫 玄』第6話

第6話「幸福という怪物」「どうだい。どの兄貴がお気に入りだい」大勢の景世の偽者が発生!!キモイです^^;

屍姫 玄 第6話 「幸福という怪物」 感想

屍姫 玄 第6話 「幸福という怪物」 オーリが座壇術法を…!(; ゚□゚) 景世(の姿をした死体)を殺すなんていう思いを誰にも、とくに眞姫...

屍姫 玄 第6話「幸福という怪物」

「私の呪いはただの呪いじゃない。 未練と未練が重なった、力だ!!」 Aパートはマキナが重無を倒す話。 潜り込む体を全部破壊され、武...

屍姫-玄- 第6話 幸福という怪物

間違って、シカ鍋姫って打っちゃったよw?風船男と変態親父が出てきました??案外、あっさりと倒したなぁ?妙に淡泊だった??でも風船男は戦闘をしなかったわけで代りに???お胸様が!!!!?死への憧れを再び持ってしまっ...

屍姫 玄 第6話 「幸福という怪物」 感想

深まる絆