屍姫 玄 第7話「ありふれた望み」

望み…幸せを風船にして、相手を操る頭屋。
その本性は、最期に行った遊園地で一家心中にまき込まれた小さな子供。
幸せの中で死んだから…死が一番幸せなんて。


頭屋に操られる春日望は、死と屍姫に惹かれるオーリに惹かれ…。
それが自らも屍姫になる望みとなった…。

▼ 第7話「ありふれた望み」

オーリの前で、幸せの風船を無くし望は死んでしまう。
生きてオーリのそばにいたかったのに…。


オーリが死に惹かれる理由。
それはオーリが屍の子だから?
それで見えないものがオーリに見えるわけですね。


七星は、教典を奪うために星村家を襲った。
またマキナを屍にすることで、何もない北斗に興味をもたせ光言宗を敵とさせた。

オーリが屍の子として生まれたのにも、七星が関わってたりするんでしょうか?

七星に連れて行かれたマキナ…。
自分の出生を知ったオーリはどう行動するのか。

盛りあがってきた感じです^^
でも次週は休止…最速放送はテレビ愛知にとられてしまう?(汗)


次回 第8話「我が母は穢れたまいし」

・TB先・
関連記事

テーマ : 屍姫 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

屍姫 玄 第07話「ありふれた望み」の感想。

屍姫 玄 第07話 「ありふれた望み」 評価: ── 私分かったの・・・ 脚本 會川昇 絵コンテ 高柳滋仁 ...

屍姫 玄 第7話(第20話)「ありふれた望み」(感想)

こちらは感想です(内容)オーリを襲う春日私を殺して…幸せになりたい…幸せを感じさせて!死を間近に感じてはいても決して幸せとは結びつかないオーリにとっては春日の言う事は滅茶苦茶ですその上自分からではなくオーリに頼んでいるのですから…殺して…感じさせて…他...

屍姫 玄 #7.

「ありふれた望み」 「お胸様」(しかし、あれなニックネームだな;)が本当に望んだ

屍姫 玄 第7(19)話「ありふれた望み」

七星・頭屋の手中に落ちてすっかり変わってしまったお胸様こと春日望。「私を殺して」花神旺里に幸せになりたいから殺して欲しいという望には、巨大な風船が。望が幸せになれば、どんどん膨らんでで幸せな死をもたらすと言う。そこにやってきたのはなんと犬彦瑞樹。望のせ...

屍姫 玄 第7話「ありふれた望み」

博士「儂のありふれた望みは・・・」助手「言わなくても分かっているwww」...

屍姫 玄 第7話(20話)「ありふれた望み」

七星に操られるだけで、まだ屍になっていなかったお胸様。彼女の望みは屍となればオーリのそばにいられるという思い込み。脇役の彼女を使えるとすれば、このような勘違いが不幸を招き、オーリを悲しみに落とすくらいだから、そう間違った使い方ではないと思う。 ただし、...

屍姫 玄

屍姫 玄 無料動画。アニメ・屍姫 玄はこちらから無料でご覧いただけます。

『屍姫 玄』第7話

第7話「ありふれた望み」「私、幸せになりたいの」お胸様が旺里を押し倒して迫る。お胸様の首には紐が巻かれ、頭上には大きな風船が・・・

『屍姫 玄』#7「ありふれた望み」

「屍姫っていうのになれば、オーリ君と一緒にいられるって思ったから」 オーリが…。。。 突然やってきた春日に押し倒されるオーリ! 何が...

屍姫 玄 第7話「ありふれた望み」

「私……まだ、死にたくない…!」 頭屋の正体が判明する話。 wikiでも情報は集めてましたが、頭屋の正体は遊園地で家族心中をさせられた...

「屍姫玄」第7話

 第7話「ありふれた望み」マキナの部屋から帰ったオーリは、突然アパートにやってきた春日に押し倒されてしまう。戸惑うオーリに、彼女は幸せになるために自分を殺して欲しいと迫る。そのとき、ふいに目の前に現れた謎の黒猫の助言で、彼女の首に異様な巨大風船がくくり...

屍姫 玄 第7話 「ありふれた望み」 感想

幸福と死と