GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第13話「そしてピノッキオは人間に」

ピノッキオと名けられた少年と機械の体の少女との戦いの結末…。

覚悟はしていましたが、何の救いもない終わり(涙)
ピノッキオVSトリエラ再び。

前回奪った銃を使われトリエラ激怒。
それが勝敗の分かれ目となり、今度はピノッキオの敗北に…

▼ 第13話 『そしてピノッキオは人間に』

クリスティアーノはピノッキオの気持ちをくみ脱出しようとするけど…。
その前に殺人機械のリコが…容赦ない(^^;
ジャンたちに捕縛されかけるが、そこにフランカたちが乱入して助け出す。

逃走したフランカたちですが、マルコーたちの待ち伏せにあう。
フランカが撃たれ、運転不能となり…フランカたちを乗せた車は崖下に…。

そしてクリスティアーノを逃がそうと命を賭けたピノッキオも…
なんてデッドエンドでしょうか。

よく考えるとピノッキオやフランカはテロリストですから。
こんな末路になるのも報いといえるかもしれませんが…。

主役のはずなのに、すっかり悪役にしか見えない義体たち(汗)

せめてピノッキオたちが生き延びれればよかったんですけどね(TT)
 
 
最後までリコやトリエラの可憐さと、ハードな内容が反発してる印象でした(^^;
そのアンバランスさが魅力なんでしょうが(笑)

ピノッキオ編だけに、ピノッキオ側の描写が多くて。
トリエラたちにあまり感情移入できなかったのが…ね。

やっぱりちゃんとガンアクションの画けるスタジオって少ないと実感しました(笑)
日常パートはよかったと思います。
アニメでするにはかなりスタッフにスキルを必要とする原作かなと(^^;
 
http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-3089.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『GUNSLINGER GIRL.-IL TEATRINO-(ガンスリンガー・ガール イル・テアトリーノ)』 トリエラ

『GUNSLINGER GIRL.-IL TEATRINO-』のトリエラです。彼女は多数存在する義体の中でも、とても頼れる“お姉...

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- 第13話「そしてピノッキオは人間に」

戦闘シーンが微妙でしたね、最後まで…。 で、今期はアレッサンドロが出てくると思ってたんですがそれはドラマCDの方だったんですね。 まだ続きがあるさと割り切っていた自分て…。orz それにしても、この作品は黒歴史になりそうだ。 ショットガンの間合いだったのにあっ...

GUNSLINGER GIRL IL TEATRINIO・第13話

「そしてピノッキオは人間に」クリスティアーノを守るべく、義体たちに立ち向かうピノッキオ。そんなピノッキオに、クリスティアーノは…...

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO 第13話「そしてピノッキオは人間に」(最終回)

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINOまず、クリスティアーノをフランカとフランコが奪取した時点で、この3人は明確な死で表現するべきだろう。マフィアやテロリストに、子どもは殺さない(殺せない)、女の子は苦手、殺す相手を選んでいるなどと言わせて善人ぶらせているが...

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- #13 [最終回] 「そしてピノッキオは人間に」

ウワァァ━━。゜( ゚´Д`゜)゜。━━ン!!!ピーノぉぉぉぉぉーーー!!!公社側が正ならば、五共和国派は敵キャラでありどうしたって悪...

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第13話「そしてピノッキオは人間に」

悲しい結末。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第13話 最終回

[フランカはピノッキオのために、組織の意思にそむいてクリスティアーノ救出へとむかう。その頃屋敷ではピノッキオとトリエラが死闘を続け...

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 第13話「そしてピノッキオは人間に」

救われず