アマガミSS 第7話 「棚町薫編 第三章 ウラギリ」

薫の母が会っていたのは再婚相手だったようです。
でも薫は新しい父など欲しくなくて、これを裏切りと感じてしまう。
それで学校を休んでしまう…。


▼ アマガミSS 第7話 「棚町薫編 第三章 ウラギリ」

薫が休んだことが気になる純一。
へそにキスプレイで風邪ひいたんじゃないかとか(^^;

純一は学校をエスケープして薫を探しまくる。
ただの悪友だったのに、こんな気になるなんてね(笑)


薫をバイト先に見つけ、純一は外で待ち。
出てきた薫に泣けば良いって純一ですが。
涙見られたくないって背負い投げ(^^;

いつも傍にいるよ…なんて言葉をかけてく純一。
やるじゃないですか。変態紳士なのにね(ぇ)


純一も自分の薫への思いの変化に気づきます。

なんか良い話ぽくなってきましたね。
薫編はわりといいエンドになるのかな?(笑)


次回 第8話「シンテン」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : アマガミSS - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガミSS 棚町薫編 最三章「ウラギリ」

薫は可愛い。それだけで本作は見られるなぁ。 薫の魅力は等身大な点。我々が共感できる範囲で悩み・怒り、明るく振舞う。 実際にいてもそこ...

アマガミSS 第7話「棚町薫編 第三章 ウラギリ」

これでまだつきあっていない…とは(ノ゚ο゚)ノ 純一の回想シーン。 どうみてもいい感じのカップルです(^_^;) こうして見ると変態紳士のイメージは全く感じられないところがヽ(;´ω`)ノ 実態は妖怪ヘソなめですが テレビのおねーさんのおへそにビビッと?...