スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクマン。 第6話「アメとムチ」

初めて書き上げた「ふたつの地球」を編集部に持ち込んだ最高たち。
受付で緊張しまくりな秋人が(笑) このへんは中学生ですねw
二人の原稿を見てくれたのは服部哲さん。
どう評価されるか緊張ですね!
 

▼ バクマン。 第6話「アメとムチ」 

最高は叔父の言葉もあって、編集者の服部さんを値踏みしてました。
信用できる編集者なのか?と。
作家を生かすも殺すも編集ってことありますからね。
 

服部さんが来るまでの待ち時間。
秋人がマンガ原作者を目指すことになった経緯を訊きます。
会社の犠牲になった父、その分を子供に託そうとした母。
秋人は自分は両親の道具でない!と自分の道を目指したんですね。
 

で、服部さんは「ふたつの地球」をしっかりと見てくれます。
なんとこの作画は、小畑 健さんなのがびっくりですね。

評価は、あまりにも説明的すぎてまだマンガになってない。
絵もデッサン段階という評価。
それは、最高にも分っていたので、服部さんの評価は信用できると(笑) 

漫画家には2つのタイプがあるって話は面白いですね。
好きな作品を描いて、それが当たる天然。
売れるものを考えて計算するタイプ。
圧倒的な人気を得るのは前者のようですが、後者の方が安定して長く続くかな?
 

服部さんも新連載をヒットさせるのはバクチだと(苦笑)
最高たちと意見もあいそうですね。

この先も見て行きたいと服部さんはメアドをくれ。
原稿も月例賞にまわしてみると。
今はまだだけど、3年後にはエイジと争えるほど成長できる。
そうも思ってますが、本人たちには言いませんねw
 

当たりだった編集の服部さんとも出会え。
最高たちは次の作品の製作に勢いをつけます。
今度はストーリーも二人で練ってみることに。

そして夏休み明け。
最高は亜豆と隣の席になったしまった(笑)
これは嬉し恥ずかしいですねw
 


まだまだ道は始まったばかり。
目的に向かって真摯に頑張っていく最高たちがまぶし過ぎます(笑)
何かに一生懸命ていいですね~
 

次回 第7話「涙と涙」 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
 
関連記事

テーマ : バクマン。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

原作者は大場さんだぞー

Re: No title

原作が大場さんで、小畑さん作画ですね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎バクマン。第6話「アメとムチ」

週間ジャック編集部に持ち込みの電話をかける。そして、翌日に決まる。サイコーは、漫画家っていうのはバクチ打ちだとガモウ先生に言われてた。そして、翌日に集まる。シュウジンも...

バクマン・・・第6回「アメとムチ」

2010/11/06 放送分総評!編集者の目から見た意見、と言うのは面白かった服部さんの意見・・・というか物の言い方は面白かった。実際にマンガを書いた二人に対しての発言と、編集部内で...

バクマン。第06話 「アメとムチ」

初持込みで緊張の遊栄社、3番ブースに服部哲登場。マンガ・ふたつの地球。 いやぁ、面白かったです。目にも脳にも汁が出ました。

バクマン。第6話 「アメとムチ」

さて次回の引きから、今回は持ち込みですよ。 中学三年なんだよね。 本当に行動力があるよな。 伊達にアニメ化→結婚とか言っているわけじゃないわ。 目標がある分行動が早いんだろうけどね。

バクマン。 第6話 「アメとムチ」感想

夢への扉を開いた先に。 門番の様に立ちつくす編集者ですが たらこ唇に悪い人はいない、良い所・悪い所をキチンと 最高と秋人に伝えていたのは好感が持てますね。 門番では無くて夢へのナビゲーターの様にも感じました。 今回もやってきましたバクマン。で学ぶ自己啓発の…

【バクマン。】 第6話 「アメとムチ」

服部さん、当たりだと思うサイコーとシュージンの初めての漫画の持ち込み!!待ち合わせの時間より1時間も前に来ちゃうとか、受付でのアタフタっぷりとか、笑えたwww 落ち着い...

バクマン。 第6話 『アメとムチ』 感想

サイコーとシュージンは、本当にいいペアだなと。バクマン。 第6話 『アメとムチ』 の感想です。

バクマン (第6話)

バクマン 第6話「アメとムチ」 初めて作品を書き上げて、ジャックの編集部に持ち込んだ最高と秋人。二人の作品を見た服部は、荒削りだが中学生にしては出来すぎな作品に興味を持ち、今後も自分が見ていきたいと感じる・・・ 秋人の過去 ...

バクマン。 #06 アメとムチ

テレビ版の 『バクマン。』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 夢の第一歩 (11/6 その2)  

バクマン。 第6話 「アメとムチ」

最高と秋人が持ち込み仕掛ける話。 ついに語られることとなる秋人のバックボーンながら、漫画家目指すことで家族とそれ相応のドラマを繰り広げた最高と違ってなんともあっさりとした描写。 いわゆるエリー...

バクマン。 6話感想

最近の中学生のしっかりさは異常。

二人は金の卵というよりは原石だね。 -バクマン。 第6話

■前回シュウジンが編集部に電話するところで  終わりましたが  今回は、その電話を受ける側、  編集部から始まりました。   サイコー&シュウジンコンビの担当となるであろう  ...

『バクマン。』 6話「アメとムチ」 順調だね。

原稿を評価してもらっている時のサイコーとシュージンの緊張感が、こっちまで伝わってきてドキドキ。 服部さんの評価は、的確な事を言ってるように思いました。 説得力があって、....

バクマン。 第6話 「アメとムチ」

いよいよ出版社に持ち込みをする日が来た。 緊張しまくりな二人。 普段はしっかりものなシュージンもここばかりは中学生らしくたどたどしい感じに受付してます。 さて、今回二人の原稿を見てくれる...

バクマン 第6話 「アメとムチ」 感想

あらすじ 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。 そんな中、2学期が始ま?...

バクマン。 第6話「アメとムチ」

いざ編集部に漫画を持ち込むことになった最高と秋人。

バクマン。 第6話 感想「アメとムチ」 

バクマン。ですが、真城最高と高木秋人は週刊ジャックの編集部に漫画「ふたつの地球」を持ち込みします。受付で秋人は緊張しまくりですが、最高は冷静です。担当の服部は二回くらい漫画を読んで、将来性があるとメールアドレスまでくれます。(以下に続きます)

バクマン。 06話『アメとムチ』

シュージンは遊栄社に電話をし、翌日の15時に持ち込みの約束をする。 二人は13時に駅に集合することに決め、それぞれ緊張の夜を過ごすことに。

「バクマン。」第6話

  第6話「アメとムチ」「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部か...

バクマン。#6.

「アメとムチ」 いよいよ作品を出版社へ持ち込むことになった、最高と秋人。今回は、

バクマン。 第6話「アメとムチ」 レビュー キャプ

出版社にアポを取り、ドキドキで、向かうシュージンとサイコー。 待ち合わせ場所に二人して早く来すぎたので、途中で雑談なんか したりしながらゆっくりと編集部へ向かう。そこで、シュージンが 小学生時代に、母親とぶつかって、自分の将来は自分で決めると 宣言し、それ...

バクマン 6話 とジャイアントキリング7話も

二つとも毎回安定してるアニメだよなあ。 この時間帯はいい時間帯ですよ(笑)。 今回も面白かった。

バクマン。 6話 「アメとムチ」 感想!

2つが1つになるとき

バクマン。第6話(11.6)

15歳の新妻エイジがジャックの手塚賞に入選したのに触発された 真城最高と高木秋人がジャックへ原稿の持ち込みをしたという話 「ほかの出版社には持っていったりしないでほしい。 できれば、君たちはこの先も僕が見ていきたい。 ジャックで一緒に頑張りましょう。」 最?...

『バクマン。』第6話『アメとムチ』&『GIANTKILLING』7話の教育テレビ土曜18時枠レビュー♪(今回バクマンは『編集が考える作品作りの方法』、ジャイキリは『過去の自分との決別』が主眼です!)

今回は NHK教育テレビ土曜18時枠 の 『バクマン。』&『GIANT KILLING』 についてお話を♪     『バクマン』は第6話『アメとムチ』 で 『ジャイキリ』は7話 でした!     見終わった後にすごく考えさせられる2作品で・・・ 面白い...

(アニメ感想)バクマン。 第06話「アメとムチ」

あらすじ 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を教えてもらうことになる。 そんな中、2学期が始まり?...

バクマン。 第6話 アメとムチ

いよいよ出来上がった「ふたつの地球」の原稿を持ち込みます。 そして編集者の当たり外れを見極める為に相手を観察します。 的確な意見に色々とぶっちゃけた事まで話してくれる服部さんは当たりだと判断する2人。 しかし、それよりも今回の見所は漫画では全て見る事が出来...

バクマン 第06話 感想

 バクマン。  第06話 『アメとムチ』 感想  次のページへ

バクマン。 6話「アメとムチ」

編集部の方と初対面した時の緊張した空気が視聴者側にも伝わってきたのは見事! バクマン。 10 (ジャンプコミックス)(2010/10/04)小畑 健商品詳細を見る

バクマン。第6話 「アメとムチ」

第6話 「アメとムチ」

アマガミSS第18話

あらすじ(第18話 桜井梨穂子編 第二章 テツダイ) 創設祭が近づいてきたある日の昼休み、梨穂子は備品を借りようと実行委員会室へと向かう。 一方で純一は突然茶道部で梨穂子の先輩である夕月琉璃子と飛羽愛歌に声を掛けられ、茶道部部室まで荷物を運ぶことに。 注?...

バクマン。第6話

あらすじ(第6話 時と鍵) 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分...

「バクマン。」第6話【アメとムチ】

新連載がすぐ終わる理由。 「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自...

バクマン。第6話「アメとムチ」

 遊栄社に持ち込みに行ったサイコーとシュージン。待ち合わせの時間よりかなり早く着いてしまった2人はファーストフード店で時間潰し。そのの間にシュージンは自分の家庭の事情を話しました。  銀行員だったシュージンの父は仕事が忙しく、高校教師の母は自分たちに勉...

バクマン。 6話 「アメとムチ」

編集部キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!  ガッチガチに緊張しまくる最高と秋人w受付の用紙に名前とか書くだけで(((( ;゚д゚))))アワワワワしてますwww 以下ネタバレです

バクマン。 第6話「アメとムチ」

バクマン。の第6話を見ました。第6話 アメとムチ夜中にトーン貼りの練習をしていたシュージンはサイコーと共に遂に原稿を完成させ、ジャック編集部に電話をかける。「いよいよだな...

バクマン。第6話「アメとムチ」

いよいよジャックへ原稿の持ち込みへ-----------!!ここから始まる一歩。さぁ、最高と秋人の担当は当たりか外れか!?でも、完成したってのに、なんだか落ち着かないふたり。これでい...

バクマン。 第06話 「アメとムチ 」

持ち込み!

バクマン。(アニメ) 第6話の感想

今回は編集者とのバトル。 実際の漫画家の持ち込みがどうなっているかは知りませんが、 服部さんの反応を見ると良かった方なのかなという気はします。 (彼がいい人だっただけかもしれませんが。 彼以外の編集者だったら、どういう反応になるのか気になります。) ...

バクマン。 第6話

※ちょっち取り込んでいたので、あとで追記します  編集者の人に突き放されないと嬉しいけど これで良いの? と疑心を思ってしまう不思議  まぁ、持ち込みしたこと...

バクマン。 #06

 「アメとムチ」 オレ 服部さん当たりだと思う… あぁ オレもそう思う… 三年後には新妻エイジを追い抜いてると思いますよ! 最高に対して期待があるようですね(*´ー`) 続きはこちらへ…

バクマン。 第6話「アメとムチ」

持ち込み用である為淡々と進んでいきましたが、二人が考えた「ふたつの地球」なかなか面白かったです。「真実の地球」と「我々の地球」っていう設定が房二心に揺れました。是非単行...

バクマン。 第6話「アメとムチ」

バクマン。 6 (ジャンプコミックス)(2010/01/04)小畑 健商品詳細を見る  ついに最高と秋人は1作品を描き終え、出版社に連絡を入れました。さすがの秋人もこういう時は緊張してしまうようですね。持ち込みは...

バクマン。 第6話「アメとムチ」

タラコ唇がダンディな服部さん。「パクマン。」主要キャラクターの1人がようやく登場しましたが、一声を聴いた瞬間は、イメージと違っていたので違和感を感じたけど、終わる頃にはその違和感も軽減。「まぁこれでもいいかな・・・」な感じで、どうでも良くなってましたw

『バクマン。』第6話 感想

「僕たちだって何が当たるか分からないしね。分かったらあんな直ぐに新連載は終わらないさ。ハハ」 笑えねぇ…。 「ジャック」を発行している遊栄社。 集英社を捩ったものですが、なかなか面白い名前...

バクマン。 #6

原稿を完成させた最高と秋人は、それをついに少年ジャックのある遊栄社に持ち込むのでした。今回は、最高と秋人が原稿を持ち込む様子が丁寧に描かれていて、見ているこちら

バクマン。 第6話  「アメとムチ」

 服部哲が意外と渋かったです。

バクマン。第6話「アメとムチ」

  ジャック編集部に電話した最高と秋人は遊栄社へ 原稿を持ち込み、編集部員の服部と会う。 原稿を見てもらい、緊張する二人。 「もう一度読ませてもらうね」 「良く出来てい...

バクマン。 第1話 ~  第6話 アメとムチ

バクマン。 第1話 ~  第6話 アメとムチ 何となく毎日を過ごしていた中学生・真城最高は、ある日、同じクラスの秀才・高木秋人から「俺と組んでマンガ家になってくれ!」と声をかけられる。だが、3年前...

バクマン。第6話 「アメとムチ」

シュージンママン・・・ イケるっ!!(爆 ドストライクだよ~。すげぇ~タイプだよ~。 すみません・・・取り乱しました(汗。 シュージンの家族の話って、あったっけ?と思ったんですが、「仇をとって!」で思い出しました。 この話以降、...

バクマン。 第6話「アメとムチ」

『「ふたつの地球」を編集部へ持ち込んだ最高と秋人は、そこで編集部員・服部哲と出会う。 服部から作品の感想を聞かされ、一喜一憂する二人だったが、服部から最後に「今後も自分が見ていきたい」と連絡先を...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。