薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

新撰組であなたと共に戦えたこと、誇りに思います――。
時代は明治へ…新撰組の戦いは今だ続いていた。
仙台に先発した羅刹隊からの連絡が途絶え。
城下での辻きりが横行し、山南への疑惑が深まります。
 

▼ 薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」 

平助くんが山南が綱道との密会して敵に回ったと伝えに現れるが。
追って来た綱道と羅刹により、千鶴が連れ去れてしまう…。
 

綱道は、千鶴に雪村再興と薫の願いを継ぐように説得しますが。
千鶴にとっては新撰組と土方さんのことが大事ですよね。
育ての親と感謝はしていても天秤に掛けられない(^^;
 

山南さんは仙台も戦う気なしと、人の争いに嫌気のさした綱道と組んだ?
鬼と羅刹の力が合わされば新政府軍と戦えると。

俺たちの戦に羅刹隊は必要ねぇ! 
平助くんと一緒に乗り込んできた土方さんは、否の答えです。

すると、山南さんも羅刹を斬るって!?
敵を欺くにはまず味方からって、土方さんの答えしだいでは協力する気もあったんじゃないかな。

ともあれ新撰組の長が決めたことには従うのみ。 

戦うことしかできない私たち羅刹隊に、戦いの場所も残されていないというなら
ここで終わりに…。
 
悪く思うなよ。どの道、俺もお前らと同じ運命さ――。 

山南平助くんは寿命の最後の炎を燃やしつくし最期を…。
綱道も最期は千鶴を庇って逝きます。育てのといえ千鶴の親らしい最期を。

土方と反目することもあったが認めていたと山南さんの最期の言葉。
「新撰組であなたと共に戦えたこと、誇りに思います…」

離反したのにまた受け入れてくれたことを感謝していた平助くん。
土方を千鶴に任せていきます…。
 

羅刹からは解放されたが仙台は新政府にくだり。
旧軍は蝦夷地を最後の希望の地と転戦…。

土方さんに脱退を言われても、隊士はすべて最後まで着いて行くと決めていて…。
千鶴も、もちろんともに行く気だったのに。
土方さんは、ここに残れと。
 

これ以上新選組に縛られず自分の未来を探して生き延びろ…。
土方さんは最後を覚悟して、千鶴だけでもと残していったんでしょうね…。


まさかの千鶴まで置いて行かれエンドですか(^^;
千鶴は後を追って行きそうな感じですけどね…。

平助くんと山南さんもお別れ。
残るは土方さんだけですね…史実どおりの壮絶な終わりが持つのでしょうか。
ラスト2話…ってキャラの退場が早すぎます(^^;
 

次回 第21話「雪割草の花咲きて」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
 
関連記事

テーマ : 薄桜鬼 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

碧血録は全10話なので、残り2話なんです…せめて12話あればこんなに急展開にしなくても良かったのに、と思うと残念でなりません。

>ひなた様

ありゃ、後2話なんですか、それは残念です。
それで展開が早いんですね。
12話あってほしかったですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎薄桜鬼碧血録第二十話「散ずる桜花」

明治元年9月。仙台へ到着した。というか、慶応終わったのか。ヒジカタさんのところにエノモト副総裁がやってくる。新政府軍から8隻の軍艦を奪ったらしい。仙台藩主は、難色示して...

薄桜鬼 碧血録 #20.

「散ずる桜花」 次々と退場する新撰組の面々。今回はついに山南さんと平助君。そして

『薄桜鬼 碧血録』 (第8回)第20回  散ずる桜花【感想】

 泣いてしまった。  も、土方と山南の関係が上手いのよ。  お互いに気に食わない部分が結構あるけど、でも実力つかそういうのを認めてて、かといって素直になれないところがあって、と微妙な関係を短い...

薄桜鬼 碧血録 (第8話)

薄桜鬼 碧血録 第8話「散ずる桜花」 仙台入りした羅刹隊が行方不明になり、町では辻斬りが横行しているという。仙台城にも人の気配はなく、土方は山南たち羅刹隊が不穏な行動に出ていると推察するが・・・ 榎本武揚と土方歳三 「新政?...

薄桜鬼 碧血録 「散ずる桜花」

そして誰もいなくなった

薄桜鬼 碧血録 第20話 「散ずる桜花」

大門ダヨ 新撰組は遂に仙台に

薄桜鬼 ー碧血録ー 第20話 散ずる桜花

(薄桜鬼シリーズ 21話目) 本文はメインブログ(しるばにあの日誌)にて↓ http://yasu92349.at.webry.info/201011/article_32.html 注意事項 こちらからはメインブログでTBをお送りしますが...

薄桜鬼 碧血録 第20話 「散ずる桜花」 感想

毎回、登場人物が退場していく中、今回は山南さんと平助、そして生きていた綱道が! 山南さんの真意、平助の頑張り、綱道の千鶴に対する想い。 これは泣けてきますよ。  薄桜鬼 公式サイト 薄桜...

◆薄桜鬼 碧血録 第二十話 感想

燃え尽きたよ・・・・・ 今週は一気に2人脱落です。 そんな斎藤の安否が不明なままの第二十話感想。 今回も新選組トリビアを交えつつお届けします! (next ´ゝ∀・`)ノ**☆**:;;;;;:**☆ここからスーパー“今生き残ってんのって何人?”タイム

薄桜鬼碧血録 第8話(20話) 散ずる桜花

薄桜鬼碧血録  第8話(20話) 散ずる桜花       明治元年九月、仙台に到着するも、先行していた山南さんからの報告も無く、 連絡も取れなくなって居た…そんな中、土方さんは榎本武揚の訪問を受ける… 榎本さんの話...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

いやあああ。・゚(゜´Д`゜)゚・。 山南さんがぁ~! ん、このヒゲの人は誰?榎本さん? 仙台に先行した羅刹隊! 山南さん率いる羅刹隊が辻斬りを・・・? 山南さんが新政府軍に寝返った!? 「もし山南さんが辻斬りの首謀者なら、オレがあの人を斬ることにな...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

これで、これでやっと終らせられる 今回は羅刹隊のお話 仙台にやって来た新撰組ですが、 先行したはずの山南さん率いる羅刹隊からの連絡はなく 城下では特殊な軍隊と辻斬りの噂が・・・・

薄桜鬼 第20話「散ずる桜花」

平助と山南が死に場所と選んだ場所は仙台。 綱道、生きてたんか。 土方達より先に仙台に入っていた山南は、綱道と内通して鬼の王国を目指す動きを見せていた。一方その情報を耳にしての後から入藩してきた土方は、自分が山南を斬る事になるかもしれないと覚悟をしていた。

薄桜鬼碧血録#20「散ずる桜花」感想

仙台藩に入った千鶴と土方。けれどそこで待っていたのは辻斬りの噂!?「散ずる桜花」仙台藩に入ってから山南、羅刹隊と連絡が取れずに悩む土方。が、ある日平助が姿を現し、仙台城...

薄桜鬼碧血録 第20話「散ずる桜花」

薄桜鬼碧血録 第20話「散ずる桜花」「新選組局長の命令は絶対ですから」仙台入りした千鶴達先行して仙台入りしている筈の山南率いる羅殺隊しかし報告は無く、しかも連絡も取れな...

薄桜鬼 碧血録 #8(20話)

「散ずる桜花」 あ~山南さん、正気? OP見るといない人が沢山で切なくなってきます。 提供バック、ネタバレ自重(笑) 土方さんまた顔色が。。 榎本さんか。 すっかり嫁だなぁ千鶴ちゃん。 あぁ仲間を斬る。と。

薄桜鬼碧血録第20話「散する桜花」

OPの左之さん 美しいぃ~~~~~!!!!って 今さらなことを再度叫んでおきます。今回は 山南さんと平助ですね (p_q) つ 辛い 辛すぎる・・・山南さん アバンから飛ば...

(アニメ感想) 薄桜鬼 碧血録 第20話 「散ずる桜花」

薄桜鬼 碧血録 第三巻 〈初回限定版〉 [DVD]クチコミを見る 藤堂と山南の最後・・・。やっぱり前回の斉藤の死に様に比べるといまいちだったかな・・・。うーん、そもそも突っ込みどころがあまりにも多すぎるかな。 ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメント...

アニメ「薄桜鬼 碧血録」 第8(20)話 散ずる桜花

薄桜鬼 掛け軸 山南と山崎(2010/12/11)ブロッコリー商品詳細を見る これで、これでやっと。終わらせることができる! 「薄桜鬼 碧血録」第8話のあらすじと感想です。 幕引き。 (あらすじ) 明治元年九...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

仙台入りした土方さんを訪ねてやってきた旧幕府海軍の榎本さんによって齎された情報によると 藩主とも話しができず、城下では辻斬が横行し犯人が城へと出入りしているのだとか 先行していた羅刹隊とも連絡が...

薄桜鬼碧血録 第20話「散ずる桜花」

薄桜鬼碧血録の第20話を見ました。第20話 散ずる桜花――明治元年九月、私達は仙台に到着した。先代には山南さん率いる羅刹隊が先行しているはずであったが、羅刹隊からの報告は何...

『薄桜鬼 碧血録』#20「散ずる桜花」

「この手で幕引きするしかないのです!」 山南と新八たちが羅刹隊を率いて、 土方たちより先に仙台城下に入ったはずが、連絡が途絶えてしまう。 おまけに、仙台藩にはおかしな部隊が存在しているという噂があり、 ここらで横行する辻斬り犯も城に出入りする人物だと...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

榎本武揚登場。割とフランクな口調なのね。

薄桜鬼 碧血録 第二十話「散ずる桜花」  レビュー

明治元年九月  土方達は仙台に到着。先に先遣隊として仙台入りしているハズの 山南さん達からの連絡はなく、間もなくして土方を旧幕府海軍の 榎本武揚が訪ねてきた。 榎本から城下横行している辻斬りの犯人らしき者達が 城に出入りしている事を聞いた土方は、それに羅刹?...

薄桜鬼碧血録第20話「散ずる桜花」

時代は明治へ-------------!!新選組と土方さんたちは仙台へ向かうが、先に向かったはずの山南さんが率いる羅刹隊が到着していないという。連絡もないままだというのだ。そんな土方さ...

薄桜鬼 碧血録 #20 「散ずる桜花」

土方vs山南!?Σ( ̄ロ ̄lll) 「この手で幕引きするしかないのです」 ヤバイ、山南さんがカッコよすぎてシビレル  ↓  ↓

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

時代の仇花。

薄桜鬼  碧血録  第1話(13話)  ~第8話 天道の刃

薄桜鬼 第2期 碧血録  第1話(13話) ~第8話 天道の刃 幕末、文久三年から物語は始まる。主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父と...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

今回は羅刹として生きる二人の最後の戦いが始まる…

薄桜鬼 碧血録 第20話 『散ずる桜花』

第20話 『散ずる桜花』 今回は平助、山南さん、さらに綱道さんログアウトでした・・・ 仙台城下に流れる辻斬りの噂。山南との関係を疑う土方と千鶴。 千鶴の前に現れた綱道。やはり死んでいなか...

薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

薄桜鬼 随想録 原画集(2010/01/29)デザインファクトリー、 他商品詳細を見る  何と雪村綱道は生きていました。原田により自爆したかと思えば、水中を泳いで逃げてしまったようです。新羅刹隊を集め外道な行...

薄桜鬼碧血録 20話 散ずる桜花

羅刹の運命を背負った山南と平助の想いとは

薄桜鬼 碧血録 第二十話 「散ずる桜花」

 まさかの置いてけぼり……

薄桜鬼 碧血録 【20】 

“敵を欺くにはまず味方から”と。キラリン★ヤラレター!なんなんだ・・この山南さんのいい人っぷりわぁああ!!!!  。・゚・(ノД`)・゚・。眼鏡キャラの眼鏡が光る時あぁ・・...

「薄桜鬼碧血録」第20話

  第二十話「散ずる桜花」仙台入りしたばかりの土方を旧幕府軍の榎本武揚が訪ねてきた。彼から仙台で辻斬りが横行していると聞いた土方は、連絡の途絶えている山南たちが事件に関...