スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語 第12話 「炎刀・銃」

とがめの死を持って完成した変体刀・虚刀流「七花」。
四季崎記紀の目論みとは、歴史の改竄。
尾張幕府の終わりであった…?


▼ 刀語 第12話 「炎刀・銃」 

最期に際して、とがめは、七花に言ってきたことは全て嘘だと語る。
七花を利用するために自分すらも駒だったのだと。
全てが終ったら七花を殺すつもりだった。
道半ばで倒れて、七花を殺さずに済んで良かったと…。 

「死んで当然の女だけれど…それでも私は、そなたに惚れても良いか?」 

死とともに契約は解除になる。自分を忘れ七花に好きなように生きろ…。
とがめの計算づくを表現していたスコープみたいなアイコンも最期の時は消えてましたね。
奇策士とがめは、最期は人間とがめとして、七花の腕の中で逝ったのでしょう。


「俺はあんたがホントに好きだったのに――」 

契約から解除された七花の虚刀流は真の力を発揮!
待ち構える変体刀を持った鳴将軍家御側人十一人衆をバッタバッタと倒していきます(笑)
もう刀を壊してもいいですからね。

この鳴将軍家御側人十一人衆がもう数合わせみたいな、やられ要員なのが(^^;
戯言シリーズの13階段みたいに集団が好きですねこの作者はw 


最後の障害として炎刀・銃、左右田と対決。
自身を守れってとがめの命令ももうない…。
捨て身の七花は、銃弾を受けつつも左右田を撃破するという壮絶な結末…。


そして天守に辿りついた七花は、とがめの人生を狂わせた家鳴将軍を誅する。
ちぇりお! とがめの残した掛け声でw

家鳴将軍は倒されましたが、幕府は息子が継いで歴史の改竄は起きず。
幕府って組織が完成してる限り、将軍だけを討っても体制は変わりませんね。
 

たとえば、関が原合戦で家康だけ討っても徳川は残ったでしょう。
その後の歴史を変えたいなら徳川に関わる主だったものを全て殲滅しないとダメ。
一度出来上がった組織とはそれくらい強度があるのですよ。

七花は生きて残ってましたねw
否定姫もちゃっかり七花についてきています。
彼女もまた四季崎の血の呪縛から離れられたのかもしれません。


その後、七花のいくえは杳として知れず。
日本地図を作って後に、海外に渡ったとかってのもありえそうですね(笑)


1年かけたシリーズも幕。
原作1冊を1話、毎月って放送がちょうど言い感じの分量でした。
これは24話とかぶつ切りにすると興がそがれたでしょうね。
原作ものは、ある程度まとまったボリュームでアニメ化するのもいい方法かもしれませんね♪


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : 刀語(カタナガタリ) - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎咎狗の血第10話「結脈/ilre」

リンがタグを全て集め、イルレに挑戦する。イルレはやっぱりシキだった。アキラは屋敷に侵入する。拳銃もったキラボシの人を倒しつつさきにすすむ。リンはイルレと戦うがあっさり負...

刀語ーカタナガタリー第12話

サブタイトルは「炎刀・銃」 実在したかも知れない虚刀流の存在を容赦するか、あり得たかも知れないもう一つの歴史を否定するか。 この「刀語」は実在したかも知れないもう一つの ...

刀語 第十二話(最終話)「炎刀・銃」

左右田右衛門左衛門の放った炎刀・銃による銃弾を浴びて倒れる尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督・奇策士とがめ。驚く鑢七花に、右衛門左衛門はとがめの真の名が容赦姫であると語る。全てを否定する否定姫と対立していたとがめの名前が容赦姫。否定姫がとがめは全て...

(アニメ感想) 刀語 第12話 「炎刀・銃」

刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将 ...

刀語 第十二話 「炎刀・銃」 

十話、十一話を見逃したので、ついていけないかな?と思ったんですが、最終回は最終回として楽しく・・・いや、感慨深く見させていただきました。 もう最後の来宮さんのナレ ...

刀語 第12話(最終回)

(すっごくショボくれたとがめ…ではありません) 刀語 第12話(最終回)の所感です。

刀語 (最終話)

刀語 第12話「炎刀・銃」 右衛門左右衛門に撃たれてたとがめ。しかし、とがめはこれでよかったのだと安心して絶命してしまう。 とがめ死亡 「私が死んだら、チェリオを気合いを入れるためのかけ声として日本中に流行らせてくれ」 「...

刀語 第十二話『炎刀 銃(エントウ・ジュウ)』(最終話)

『七花、私が死んだら“ちぇりお”を気合を入れる掛け声として、日本中にはやらせてくれ』 『“ちぇりお”を間違った意味ではやらせるなんて、俺一人じゃ出来ないよ』 まさかの流れに…途中まではこれも奇策の一環かと信じてた(涙) 刀語 第十二巻 / 炎刀・銃 【完全生…

刀語#12(最終話)「炎刀・銃」感想

炎刀・銃によって撃たれたとがめ!尾張幕府に献上される12本の刀。「拳銃VS無刀」あらすじは公式からです。最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙...

刀語 第12話 「炎刀・銃」

【刀語】最終話「炎刀・銃」視聴終了。まず、尺的には2クールですけど、一年に渡る長丁場お疲れさまでした。月1回1時間モノを12回という手法ですが、この作品の様な「12」という数が ...

刀語 12話レビュー

もりあがんねー。一年も続けてきた割には盛り上がりに欠けます。そして、将軍本人を倒したところで幕府は倒せないんじゃないのとは思いましたが、やっぱりその通りでした。オチとしてはそれなりに面白かったし...

刀語 12話(最終回)

第十二話 「炎刀・銃」 とがめは死に、 否定姫の野望は成就せず、 歴史は本来あるべき姿にも正されず、 右衛門左衛門の素顔は見る事が出来ませんでした(これはワタシの希望)不忍の仮面は取られたと言...

刀語 【評価 / レビュー】

アニメのレビューです。評価の仕方についてはこちらを参照。 刀語【 2010年 : 全12話 / WHITE FOX 】TVアニメ公式サイトへあらすじ地図にも載っていない小島・不承島に、刀を使わない剣術・虚刀流の当主で...

刀語 12話(最終回)

歴史とは作られるものではなく、紡がれるもの。というわけで、「刀語」12話(最終回)容赦姫よ安らかにの巻。とがめさんは死んだ。最期の会話は少々長かったが、あっさり死んだ。 ...

刀語 第12話(最終話)「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」

とがめ最後の奇策

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

とがめ~。゚(゚´д`゚)゚。 こんな終わり方のアニメ珍しいですね。 やっぱりハッピーエンドの物語の方が多いのかな? 理不尽な運命に翻弄されて、人間1人の力なんてとてもちっぽけ。 誰の願いも叶わない、誰も幸せになれない、そんな世界だとしても。 だけど?...

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

刀語終幕---------------。いよいよ1年に渡って放送されてきた大河アニメも最終回。後半は放送時間が週末に変わったので視聴が後回しになってしまい感想もすべてはかけなくなってしまい...

刀語 第12話「炎刀・銃」

「私が死んだら、ちぇりおを気合を呼び覚ますための 掛け声として日本中に流行らせてくれ」

刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 感想

まさに圧巻。拍手喝采の最終回。刀語 第12話(最終回) 『炎刀・銃』 の感想です。

刀語 12話 「炎刀・銃」 感想!

その刀身はただ真っ直ぐに行く末を見つめるのみ

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」&シリーズ感想

なんたる名作!! 歴史ドラマに特有の面白さ・感慨深さが、ぎゅっと濃縮された物語だった!

[アニメ]刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

最後までたまに歩きつつも走りきった刀語は素晴らしい作品。

『刀語[第12話(最終回):第十二話 炎刀・銃(じゅう)』豹変した七花は必見です(アニメ視聴感想/レビュー)

『刀語』第12話(最終回)「第十二話 炎刀・銃(じゅう)」の視聴感想/レビューです。 これまで11話を見続けてきた甲斐がありましたね。思いもよらない結末をむかえた最終回、テンション上がりました、泣けました。これまでの刀語はどこへやらでしたね。『とがめ』の死とい?...

刀語 第12話「炎刀・銃」

最強の刀 虚刀「鑢」 刀集めの旅、これにて終わり 刀語最終回

『刀語』第12話感想

一年間に及ぶ大河アニメ、ここに完結。 ◇とがめの死 思っていた以上に悲しさを感じず、淡々と受け入れてしまいました。 とがめが余りにも自分の死に対して受け入れていたからですね。 むしろ死ぬことで...

(アニメ感想)刀語 第12話(最終話)「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」

あらすじ 拳銃 VS 無刀 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。 そして、七花ととがめの旅の行方は、果たしてどこへ辿り...

刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃」 感想

 1年続いた刀語もいよいよ最終回…!1話がなんかもう昔のようです…。右衛門左衛門にとがめが撃たれるという、衝撃な展開で終わった前回…一体七花ととがめはどうなってしまうのでしょうか…?最後の戦いが七花を待ち受けていました。  ラストの七花対右衛門左衛門の...

刀語 12話『炎刀・銃』

そもそもきみは歴史とは何だと思う

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」

私(たかむね)はアニメ「 刀語 」のファンです。 ついに最終回を迎えたのですが、冒頭でとがめが…。「これは助からない」と思いましたが本当に助からず…。あとは鑢七花が 北斗神拳伝承者並みの強さ で11人を瞬殺し、防御を捨てて12人目の銃使いを倒し、残る力で...

刀語 第12話「炎刀・銃」(最終回)

刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る  10分ほど使用した七花ととがめの別れのシーン。第6話で先取りしていたのですね。右衛門左衛門が急所を外してくれたおかげか...

刀語 第12話 最終回 感想

 刀語  第12話 『炎刀・銃』 感想  最終回    次のページへ

刀語 最終話 炎刀・銃

チェリオオオオオオオ!!

刀語 第12話(最終話)

刀語 第12話(最終話) 『炎刀・銃』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇...

刀語 第12話(最終話)『炎刀・銃』

生きるという命令を守るつもりも無い。自らを守れと言う命令を守る気も無い。 右衛門左衛門はとがめに致命傷を与えたものの即死はさせず、七花に「何と言って死ぬのか」聞くように促します。 自身の死を理解したとがめは七花に遺言を託します。「自分が死んだら『ちぇりお...

アニメ「刀語」 第12(最終)話 炎刀・銃

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)(2007/12/04)西尾 維新商品詳細を見る いるかそんなもん!ちぇりお――!! 毎月1話放送、「刀語」第12話の(ほぼ)感想です。 天下など。 (感想...

刀語 第12話「炎刀・銃」

刀語、文字通り刀に関わった人達の物語だった訳ですが。

刀語 第12話「炎刀・銃」

『最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、尾張幕府へと謙譲されてしまう。そしてその場で、現将軍・家鳴匡綱語られた完成形変体刀の真実は、誰もが驚愕するものであった。そして、七花ととが...

『刀語』#12「炎刀・銃」(最終回)

「七花、私が死んだら『ちぇりお』を気合を入れる 掛け声として、日本中にはやらせてくれ」 拳銃 VS 無刀 前回、右衛門左衛門に炎刀『銃』で撃たれてしまったとがめ。 どうやら最期の言葉が聞けるよるようにと、急所を外してくれたようだが、 とがめはこのシリアス...

刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃」

刀語 第12話 「炎刀・銃」 一年越しの物語もいよいよ最終回―――

刀語 第12話(最終回)「炎刀・銃」

これにて『完了』 それは12本の不思議な刀をめぐる戦いの記録 刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2(2010/12/22)岩崎琢商品詳細を見る

刀語 第12話(最終回) 「炎刀・銃(エントウ・ジュウ)」 感想

黒歴史ならぬ嘘歴史。 全ての物語の結末を今宵。 全ての視聴者にありがとう。 拳銃 VS 無刀 最後の完成形変体刀である炎刀・銃が、ある者の手により、 尾張幕府へと謙譲されてしまう。 そし...

【刀語】最終話 あっという間の1年だったな

刀語 #12 炎刀・銃 771 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/11(土) 02:34:04 ID:HbBdAe3uP これはいい新婚旅行EDだった 773 名前:風の谷の名無しさん@実況は実...

刀語 第十二話 「炎刀・銃」

終幕。

刀語 第十二話 炎刀・銃

 まさかそういう終わり方をするとは……

「刀語」第12話(終)

  第12話「炎刀・銃」(終)十二ヶ月かけて集められた変体刀は、尾張幕府に献上されていた。時の将軍、家鳴匡綱との謁見は、変体刀蒐集を成し遂げた褒美として与えられる、とが...

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~ 第12話 炎刀・銃(エントウ・ジュウ)

刀語(カタナガタリ) 第1話   ~第12話 炎刀・銃(エントウ・ジュウ) 最終回 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめが征く! アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログラン?...

刀語  第12話(最終回) 「炎刀;銃」 感想

「言葉は嘘でも 気持ちは・・・嘘では、ない」 刀語 オリジナル・サウンドトラック Vol.2 (2010/12/22) 岩崎琢 商品詳細を見る

刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」

■刀語 第12話(最終話) 「炎刀・銃」 脚本:上江洲誠 絵コンテ・演出:元永慶太郎 作画監督:池上太郎、中村和久、又賀大介、板垣敦、中田正彦 とがめの死。10話で自分はとがめのために戦っている、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。