デッドマン・ワンダーランド 第7話「原罪(レチッドエッグ)」

所長もデッドマンだったのね(汗)
戦うシロはいつもとは違う人格…!?
その歪んだ笑顔こそ、ガンタも見たあの笑い…。


▼ デッドマン・ワンダーランド 第7話「原罪(レチッドエッグ)」 

救いのない答えが出ちゃいましたね。
シロはレチッドエッグに見捨てられた卵?
10年前のレッドホールも、レチッドエッグも人災のようです。
ガンタの母もシロたちの実験に関わっていたのか。
 
 
 
シロがガンタに会ってたころは、まだ人間だったんでしょうか。
実験によってか 先天的なものか…シロにはもう一つの人格が生まれたのか。
それが喜々として殺意を放つ黒いシロですね。

ガンタが好きだったヒーローマン。
そのコスがあのレチッドエッグのスーツの元になったとは。
悪意に満ちたジョークですね…。
 

ガンタはDMWに対抗する反体制組織「自由の鎖(スカーチェイン)」に誘われますが。
あの玉木がそんなものを見逃すはずないよね…。

で、制裁のために超ボーズの東弦角が現れました。
罪の枝の攻撃も利かないって…。
こういう対抗手段があるから、玉木たちもあの余裕なんでしょうね。
 


(6話終っての期待度&評価) 

期待レベル 2(ふつう): +20点
ストーリー:3 キャラクター性:3 画:3 演出:3 声優:4 好感度:3 

(総合点:39) 前回39 

玉木のやり様に立ち上がったマキナさん。
泣かぬなら切って捨てる! とかカッコ良すぎますw
現実にもこんな人がいれば、すっからカOを切って欲しいですね(ぉ)


次回 第8話「自由の鎖(スカーチェイン)」 
 
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
 
関連記事

テーマ : デッドマン・ワンダーランド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する