スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第8話「I wonder」

超平和バスターズはいっつも仲良しです――。
めんまの母の怨嗟を知った仁太たち。
集はもう止め様と訴えるが、仁太はひとりでやると…。


▼ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第8話「I wonder」 

めんまだけは もう居ないのに、他のメンバーがいっしょの姿を見れば。
イレーヌさんの神経逆なでもマックスでしょう(汗)
ずっと娘を亡くしてから家に引きこもり…。
でも、残されためんまの弟・聡志は放置気味で可哀相だよね。
 
倒れるほどバイトする仁太に、鳴子は思いを告白…。
あの時だって、本当は行って欲しくなかったと――。
 

めんまを好きじゃないと言ったとき喜んでしまったこと。
でもあんな風に出て行ったら仁太がめんが大好きって言ってるようなもので…。
そして めんまがいなくなった…。

「じんたんを好きだった自分が許せなくって…」 

願い事を叶えれば、めんまはいなくなるのではないのか?
それでもいいのか?
引き止めても仁太がまた行ってしまい泣きじゃくる鳴子が(涙)

仁太も 願いを叶えればめんまが消えるだろうって分ってる。
みんなも めんまを失った過去の傷があるのに 自分だけが見えて救われてしまってる。
その自責があるから、めんまの願いを叶えるのは自分の役目だと…。 


めんまの前で泣いてしまい、そのまま次の朝。
その日は母の命日で、いっしょに墓参りに行くことに。

学校にも行かないことを謝ろうとする仁太ですが。
父はバイトやめんまの家に行ったこともしっていたようです。
見てないようで何でも知ってる父には敵わないなと、仁太も思い知る
w 

めんまは一人で鉄道のバイト先に行き、そこでバスターズが分裂状態なのを知る。
家に戻ってメンバーに電話するのですが…無言電話になっちゃうのね(汗)
めんまの存在を知らないとホントに怪談だよね(^^;

電話の時間は仁太はバイトしてるはず。
めんまからなのか? 知利子や集たちもさすがにそう思わずにいれない。
 

鳴子が休んだバイト先に、めんまの弟・聡志が現れ。
仁太に母のことを謝りますが…。
めんまに捕らわれてる母を疎んでるようで。

聡志のめんまの思い出は少ないが。
いっしょに連れて行ってと頼んだ時、家を守ってと言われたことを覚えている。
話を聞いた仁太は何かを聡志に頼んだようですが…。
 

で、鳴子に謝ろうと仁太は基地に行くと、そこに集や知利子たちも来ていた。
集は無言電話のことを問い詰める…。
そこに めんまが入って来て。

めんまが見えない集はもうやめてくれと訴える。
「頼むからもうやめてくれ。 めんまが俺達を許すことは、あるわけないんだから…」
 

すると、日記帳がひとりで落ち。
ページには新しい記述が!

『今日は大きくなったみんなと秘密基地であそびました。
 ケンカはしちゃだめです。
 超平和バスターズはいっつも仲良しです』
 

…筆跡がめんまの字と断定できる集が ちょっとコワイです(^^;


(8話終っての期待度&評価) 

期待レベル 3(おもしろい): +30点
ストーリー:5 キャラクター性:5 画:3 演出:5 声優:4 好感度:4 

(総合点:56) 前回56 

EDの入り方が今回もすごく良かったですね。
歌詞とのシンクロ率がすごいなぁと(^^;
ついにバスターズに語りはじめた めんま。
これで めんまのことを皆信じてくれそうですが…。
いっしょに居ても見えないって めんまにも辛いでしょうね。


次回 第9話「--」 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。