スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ C ]  第10話 「COLLISION (衝突)」

未来がお前なんだよ――。
公麿が守りたかったのは未来そのものである真朱でした。
近くにいる親しいものを守りたい…
至ってシンプルで、でも大事な思考ですね。


▼ [ C ]  第10話 「COLLISION (衝突)」

回避したCはアメリカにより跳ね返され、再び日本へ!
FRBにアントレが居たのね。 北米は金融街でも優秀なアントレが多いでしょうねw
三國は再び輪転機を動かそうとするが…。
公麿はサトウとともに、これ以上未来が奪われるのを止めようと動く。
ダークネスカードを三國から奪い、輪転機を逆転さられれば…。
サトウが三國と対決し、公麿が堀井と戦って時間を稼ぐ作戦。
 

一方、現実世界では竹田崎が、公麿の資金で円を暴落に導く。
日本が消えるが先か? 金融街が消えるのが先か?
竹田崎は情報を操って楽しめればどっちでもいいんでしょうね(^^;
 

公麿は 異変を起こしてる真朱を使わずに単独で戦い苦戦。
「お前が未来なんだよ 未来がお前なんだよ!」 

真朱のマクロ攻撃で堀井を撃破するが、負担が大きそうで大丈夫なのかな…。

三國の・・・Qの強大な力にサトウさんは敗北。
ジェルジュを公麿に託します。
  

アセットは他人に渡せるのですね…
三國が複数のアセットを持ってるのも、倒れたアントレの想いを引き継いだものなのかな。

公麿は また輪転機をまわそうとする三國を止めようとしますが。
その力はない…。
って、真坂木がダークネスを公麿に渡しちゃいましたよ(^^;
 

公麿に渡したのも 金融街の上の意思?
いったいどういう結末を望んでるのか…。
真坂木の邪悪な表情を見る限り、公麿が勝っても 三國が勝っても いい結末はないような(汗)
 


(10話終っての期待度&評価)  

期待レベル 3(おもしろい): +30点
ストーリー:4 キャラクター性:4 画:3 演出:4 声優:4 好感度:4 

(総合点:53) 前回53  

サトウさんあっさり倒されちゃったね(^^;
輪転機逆転で未来を取り返せても、Cで消えちゃいそうですが。
はたして公麿と三國の戦いの後にどういう未来が待ってるのか…。


次回 第11話「control(未来)」 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : 『C』(アニメ) - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

> ダークネスカード
やっぱり日本国民全体から搾取した未来でしたね。。。

> 輪転機逆転で未来を取り返せても、Cで消えちゃいそうですが
そうかもしれませんし、全く違う解釈が出来るのかもしれません。最も私が考え付く事を三國が見落としていたらチョット違和感を感じるワケですがww

> 日本が消えるが先か? 金融街が消えるのが先か?
つまりそういう事で。私の考えた妄想はまさにこの一言に集約されていまして、輪転機を正方向に回せば国民全体の未来搾取の見返りとしてミダスマネーを作り出す事が出来ます。でも、決済前にこれを逆回転させれば三國が発行したミダスマネーを回収する代わりに搾取された国民の未来を取り戻す事が出来る・・・いや、このような説明は今更ですねwでも、これはサトウさんが予想した事で確定では無いと思うのです。竹田崎はその先の事を言っていて、私もそれを元に妄想してみました。要するに、輪転機の逆回転を永遠に逆回転させ続けるとどうなるか?輪転機にミダスマネーを返し続けると次第に日本金融街の電光掲示板に表示されている数値がどんどん、どんどん減っていくのではないか?そして、最後にはゼロになるのではないか?と思ったのです。ミダスマネーに変換した未来を取り戻す代わりに、です。少し回りくどい説明をして来ましたが、東南アジアが消滅した理由を思い出して下さい。あれは、東南アジアの財政を支えていた金融街が崩壊した為に起きました。恐らくは全ての財政をミダスマネーで支えていたのでは無いかと予想しています。だから金融街の電光掲示板がゼロになった事で連鎖的に東南アジアが消滅した。それは、東南アジアには既に搾取する未来が無くなっていたからだと思うのです。その為に国民が消え、国民の作った建物や文化、そして土地も・・・。今、公麿が行おうとしている輪転機逆転を金融街資産がゼロになるまで行ったとします。その時、金融街資産はゼロとなり、日本の金融街は消滅するのでは無いかと思ったのです。でも、日本国民の未来は沢山残るのでは無いでしょうか?ミダスマネーの代わりに、ですv

もしかしたら、サトウさんは自分でも気付かないうちに本当の答えを見つけていたのかもしれません。金融街が無くなり、日本経済を支えるミダスマネーが失われれば確かに日本経済は破綻し、円がゴミになるのかもしれません。竹田崎も言ってましたが、通貨とは信用で成り立っているワケですからそれは仕方の無い事だと思います。でも、日本国民に未来が残っている限り、創造(creation)はいつでも出来るのかもしれないな~・・・と、まあ私が勝手に妄想した明るい『C』なワケですがww

> 金融街の上の意思?
意外に世界恐慌の危機を回避しようとした過去(未来?)の資産家達が作り出したシステムだったりしてwで、当初の目的では世界経済の安定化だったのがシステムが破綻して暴走している・・・というのが現在の金融街だったりしたらチョット納得出来るかも♪逆にどっかの魔法少女を勧誘する小動物みたいなオチはチョット嫌かもw

Re: No title

未来は取り戻せそうですね。
消えなければ、ボロボロからでも やり直すことはできますからね。
未来が残ってるうちにやらないと それもできないですからね(^^;

金融街がどうやって生まれたかは興味深いですよね。
そこまで明かされるといいですねw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。