スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話「あの夏に咲く花」

見つかっちゃった…。
めんまは花火があがっても消えなかった。
お願いは花火ではなくて。
仁太はめんまが消えなかった理由を悟りますが…。
 

▼ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話「あの夏に咲く花」 

めんまのお願いをかなえるためでなく。
それぞれ自分の気持ちを優先していた。
超平和バスターズのみんなは、自分たちの本音を明かします。
 
鉄道にも めんまが死んだとき見ていただけって罪悪感があったのですね…。
みんなで ちゃんと めんまと向き合おう。
やっと一つに戻った超平和バスターズ。
仁太は めんまを迎えに行きますが、めんまが居れる時間は無くなりつつあった。

めんまの願い。
仁太の母に頼まれたこと… 無理して泣けない仁太を泣かせることだったのですね。
仁太に素直な感情をださせること。
その願いは叶ってしまい、めんまは消え初めてしまう…。
 

めんまを急ぎ基地に連れて行くが、仁太にも めんまが見えなくなる。
かくれんぼだって めんまを探しに行く 仁太たち。
その前に めんまから手紙が…それぞれに みんな大好きって書かれた。

「お前見つけなきゃ終われねーだろ!」 

めんまを見つけようとて呼びかけに、めんまが答えると…。
みんなに めんまの姿が見えるように!
 

みんなめんが大好きだってことを伝え…。
仁太もやっと大好きって本当の答えをできましたね。

もっとみんなと一緒にいたい、だから、生まれ変わりする。
ちゃんとお別れしようって、めんま…。
 

「めんま、みーつけた!」 
「見つかっちゃった…」 

めんまは涙をうかべて笑って。消えていきました…。

『超平和バスターズ はずっとなかよし』 

仁太は学校に通うようになり 鳴子と仲良くw
集は知利子もね。 鉄道も資格を取ろうと前向きに…。
めんまが望んだように ずっとみんなは仲良く。
 


(11話終っての評価)

期待レベル 4(良作): +40点
ストーリー:5 キャラクター性:5 画:5 演出:5 声優:5 好感度:5 

(総合点:70) 前回59 

めんまとみんなのお別れのシーンは泣けますね。
それでも最後にめんまが笑ってさよなら言えて本当に良かったって思える終わりです。
良い最終ですが、できれば10話と連続して見た方がよかった。
その方がよりバスターズの感情の爆発に感情移入できたからですね。
もう1度最初から続けて見直してみたいと思いますw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
 
関連記事

テーマ : あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。