スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOG DAYS 第13話「約束」

悲しいお別れなんて絶対嫌なのであります――。
リコは送還で記憶を無くさない方法を懸命に探す。
しかし無情にもシンクが送還される日が来てしまう…。


▼ DOG DAYS 第13話「約束」 

シンクはみんなに形見(?)となるアイテムを渡してまわる。
エクレはシンクがもう帰って来れないって気付いてました。
リコのあの深刻な様子を見ればわかりますよね(^^;
 
「忘れて欲しくないなら、貴様も忘れるな!」 
エクレはいつもわかりやすいツンデレですw

そして遂に送還の時。
絶対また会える、全体忘れないと約束しあうシンクとミルヒですが…。

「帰っちゃ嫌です! もっとシンクと一緒にいたいです。
 大好きです、シンク!」
 

「姫さま、僕は…僕だって姫さまが好きだ!
 だから、きっとまた会いに来るって約束するから――!」
 

でも元の世界に帰ったシンクの記憶は消失。
ただどこかに行って楽しかったことは覚えていて。
ベッキーや七海たちといても何か忘れてると思いつづける…。

一方、フロニャルドでは リコが勇者召喚に関する書に挟まった書状を発見。
送還は勇者がフロニャルドとの関わりを拒んだ際のものでと注意が書かれていた!
 

送還された勇者の記憶が完全に失われるには約半年かかる。
それまでに再召喚は、条件が叶えば可能だという(^^;

なんという偶然(爆)
シンクはことごとく条件を満たして帰っていたw
 

と言うことで、再びタツマキがやって来てシンクに指輪状態のパラディオンを渡すと。
シンクの記憶は復活♪(笑)
次の夏休みはベッキーたちもいっしょにフロニャルドですか(^^;

『春休み、僕は勇者でした。
 夏休みにはまた、勇者になりに、あの場所に帰ります――』
 

待て、夏休み編ということですねw
最後でやっと出てきた七海はキス魔とか…コミケで薄い本のネタにされそうですね(^^;


(13話終っての評価) 

期待レベル 3(おもしろい): +30点
ストーリー:4 キャラクター性:4 画:4 演出:4 声優:4 好感度:4 

(総合点:54) 前回52点 

冒険に出ても 軽く日常に帰っていける。
そういうお手軽感がこの作品の好きなとことでしたねw
魔法バトルが面白いからって 魔法を職業にして魔法世界に行っちゃった魔女少女よりはこっちが好きかな(^^;
熱いバトルもあるけど、必ずゆるい日常に戻るって安心感がありますから。
あまり大風呂敷も広げずに、ちょっと勇者して帰るってだけのお話が1クールではちょうど良かったかな。
都築真紀さんらしい得意分野を活かした構成だったと思います♪
 


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : DOG DAYS - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。