スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOOD-C 第12話「わすれじの」

劇場版なんかなければ良かったんじゃね?
ラノベ1巻分でこの内容なら面白かったかもしれないけど。
アニメ1クールではぜんぜん足りなかったかなw
劇場版の内容まで含めて1クールなら良かったかもね?


▼ BLOOD-C 第12話「わすれじの」 

身もふたも無い結論を先に言っちゃいましたが。
1クールかけて茶番を描いたらから。
この最終話の不条理さ、無情さ、やるせなさは出てますけどね。

もう少し戦闘シーンとかにキレがあれば 印象良かったのにねー
黒幕、文人さん登場。
最初みんな黙りこんだので 放送事故かと思ったよw

役をこなせなくなった慎一郎と双子は処理~。
香奈子も食われそうになるのを助ける小夜さん。


あの刀とか無くても小夜さん強いのね!
小夜の強さは その血。
同類の人外、古きもの血を糧とする存在。
小夜の血は 古きものを従わせる力もあったのか。


唯芳さんは 古きものと人のハーフ。
だから小夜も親近感があって親と思えたのかもね。
小夜の血で本性を出した唯芳さんに 香奈子も食われて終了~。

小夜には人が食えない暗示がされていて。
文人は 小夜が賭けに勝てたら暗示を解くって約束し、この茶番ゲームをしたと。


なんとも悪趣味なシナリオですね。
そしてグロシーンは 最後なのでやけくその域に(^^;
うさぎの古きものだから 街の生き残りを餅つきって趣味悪すぎ(苦笑)

虐殺の場と化した街の最期…。
ただこの嘘ばかりのゲームの場所にも少なからぬ真実はあったのか?
唯芳さんは小夜に父性のようなものを抱いていた。
委員長も小夜を好きになった気持ちもあって庇って息絶えて…。


小夜は 全てを思い出し、元凶である文人を追うが…。
その銃弾に左目を撃たれ落下…。

再び文人を追って走り出す小夜。
次の小夜の願いって何ですかワンコ?



(12話終っての期待度&評価) 

期待レベル 1(あんまり): +10点
ストーリー:3 キャラクター性:1 画:3 演出:2 声優:4 好感度:0 

(総合点:23) 前回21 

やっぱり1クールかけた映画の予告だったね(笑)
ちょっと茶番を引っ張りすぎて退屈だったかなって感想。

これでもかってグロシーンは嫌悪感しかなかったです。
衝撃シーンがあればウケるんでしょ? って日5枠の悪いところを強められ嫌な感じです。
絵力がないので、グロを通り越してギャグに見えてたけどね。
戦闘シーンも迫力なくて、単調な展開とともに前半でうんざりしました(^^;

何でこんな終りなんだ!って終わり方は、『魔法騎士レイアース』の第1部みたいでしたねw
いつ終るともしれない死闘に身を投げていくってのはオリジナルのBLOODのイメージには近いかもね。

続きが劇場版で幸いだったかもですね。
分割2クール目とかあったらさすがもう見れないかったですからね(^^;
劇場版では本気を見せてくれると期待しましょうかね。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : BLOOD-C - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「BLOOD-C」12話(fin)の感想

「BLOOD-C」12話(fin)、観ました。 黒幕は、カフェ・ギモーブの店主、七原文人だった。すべての謎を明かし、真実を語る文人。それは、よみがえる記憶と共に、小夜の心を大きく揺さぶった。。そんな小夜の横で文人が呼んだ巨大な『古きもの』に襲われる時真、のの、ねね、そし

BLOOD-C 最終話 「わすれじの」

ついにBLLODーCも最終回。 今までの行いを無駄にしない為にも 全力でヨペチコがレビューします。

(アニメ感想) BLOOD-C 第12話 「ひとをもし」

BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/09/28)水樹奈々、藤原啓治 他商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック...

「BLOOD-C」第12話 最終回

【わすれじの】 記憶を取り戻した小夜。これで実験は中止。必要のなくなったキャストは一掃しなければならない。過去最大の大虐殺が始まる。 Amazon.co.jp ウィジェット

BLOOD-C 第12話 「わすれじの」

TV版最終話。 面白かった。劇場版が楽しみです。 【朱食免】 結局この漢字が正解という認識で良いんだろうか。 朱食免とは政府の極秘文書の名。 「国が手に入れた」という言い回しだったので、国が...

BLOOD-C -ブラッドシー- 第12話(最終回)「わすれじの」

あらすじ・・・全てを思い出した小夜。そして全てが真実の姿を現し、全ての時間が動き出す。「己のままでいたいと言う小夜の願い、叶いはしたが・・・」

BLOOD-C 第十二話「わすれじの」

劇は終わり、物語は次なる舞台へ。

BLOOD-C 第12話 わすれじの

完成する、真実という名のジグソーパズル。 そこに描かれる絵は、一体? TBは基本的には、本館にお願いします。 本館にある続きを読む。

■BLOOD-C【第十二話】わすれじの

BLOOD-C #12の視聴感想です。 真相。 混血。 想い。 虐殺。 願い。 でもきっとキミの一部でもあるんだよ。 ↑さぁポチッとな

BLOOD-C 第12話 「わすれじの」

評価 (5最高w 4イイ 3普通 2イマイチ 1…) ストーリー 2 作画 4 萌え 1 総合 3 合計10

BLOOD-C 第12話 10/1 あらすじと感想

結末は劇場で!w。 遂に正体を現した文人さんの話では、小夜ちゃんと古き者は同類。そして、朱食免とは古き者と小夜ちゃんを指す言葉らしいです。小夜ちゃんは、その古き者を食 ...

BLOOD-C 第12話(最終話) 「わすれじの」

え、なにこれは(ドン引き ここまでグロいだけで意味不明なまま終わった作品もそうそうないだろうと思わせる最終回。 ・・・・いやまぁ正確には始まってすらいなかったわけですけどね(苦笑 股裂き、...

アニメ BLOOD-C 第12話 (最終回) 感想

第12話 「わすれじの」

BLOOD-C 第12話「わすれじの」(最終回)

BLOOD-C 1 【通常版】 [DVD](2011/09/28)水樹奈々、藤原啓治 他商品詳細を見る  8頭身というキモイAAキャラがいましたね。>>1さんを追いかけている奴。後半の大虐殺で、2ちゃんのお祭りを連想しました...

BLOOD-C 第12話「わすれじの」と全話通しての感想

BLOOD-C 第12話「わすれじの」と全話通しての感想 ただ一言 劇場版なしでやってほしかった。 詳しくは続きから

BLOOD-C#12

第12話 『わすれじの』 ――チョイ拾い!!

BLOOD-C第12話(最終回)『わすれじの』の感想レビュー

行くか、小夜!は良いんだけど、結局肝心なところは全部劇場版に投げてしまうとか、もうね…。な、茶番の終焉回でした。 先週の???感よりはかなり説得力があった気がしましたが、これだけザクザク人が殺されているのを見ても全く悲しくならないのは、流石に悪趣味とい?...

BLOOD-C 第12話 「わすれじの」

第12話 「わすれじの」 1クール掛けた壮大な茶番劇劇場版予告? 見終わった後のモヤモヤ感をどうしてくれよう・・・ 人を喰らう異形のものに手を焼いた人間側が、一定量の生贄を差し出すことで他の...

BLOOD-C 感想と考察

この作品、映画やらなければ・・・いや、映画だけだったら、とっても受けたのではないでしょうか・・・ CLAMPがこの脚本を書いたとき映画がきまっていたかどうかはわかりませんが、映画の分?...

BLOOD-C第12話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/10/blood-c-fffd.html

BLOOD-C 第12話(最終話)「わすれじの」

第12話(最終話)「わすれじの」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

BLOOD-C 第12話「わすれじの」(完)

BLOOD‐C (角川ホラー文庫 ふ)(2011/10/04)藤咲 淳一商品詳細を見る 続きは劇場版で 総監督・文人から告げられた事実 あの古きものと交わした「約定」とは 一定数の人間を生贄に差し出すこと...

「BLOOD-C」第12話(終)

東京へと、走り出す・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109300000/ BLOOD-C 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.27 アニプレックス (2011-10-26) 売り上げランキ?...

BLOOD-C 最終回

ねね、のの、慎一郎、香奈子たちの裏切りでシナリオが終了することに。 文人が彼らを雇って、この茶番劇を繰り広げていたのだった。 裏切った者たちは、書庫から出てきた「古きもの」に食われてしまう。 意識が朦朧としていた小夜は、襲われる人たちを見て、正気に返り...

BLOOD-C 第十二話 わすれじの

BLOOD-C 最終話。 すべての黒幕と小夜の正体、そして実験の行方は―――。 以下感想

BLOOD-C   ~第12話  わすれじの

BLOOD-C (ブラッドシー)  ~ 第12話  わすれじの 『BLOOD THE LAST VAMPIRE』『BLOOD+』を手掛けたProduction I.Gと『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』『xxxHOLiC』などのヒット作を生み出したCLAMPが...

【BLOOD-C】最終話 劇場版はレンタルDVD待ちで良いかな・・・

BLOOD-C #12 わすれじの 269 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 03:45:54.32 ID:9Z8lXEBZ0 大阪のと比べて規制キツイのね(´・ω・`) 331 名前:風の...

BLOOD-C第12話感想 ~復讐の旅路~

第12話「わすれじの」

BLOOD-C 12話感想(兼・総括)

この夏屈指の問題作「BLOOD-C」が最終回を迎えました。 私は視聴のみで各話感想はやっていなかったのですが、色々と興味深い作品だったので、本作を通じて感じたことを簡単に記しておこうと思います。 ち...

BLOOD‐C 第12話 「わすれじの」 簡易草子・総評

「そうだね、演じられない役者には舞台を降りてもらおう!」by七原文人 「初めて会えた、己に近い者。嬉しかった、共にいられて。それは偽りでねえ。だからこそ、苦しかった。」by更衣唯芳 「あの男に囚...

BLOOD-C #12「わすれじの」

( ゚д゚)ポカーン みなさん随分と簡単に死にますね。 ・グロさ前回だよ! 先週生き返った時真さんも双子さんも死亡。 つか、あの殺し方えげつねぇぇぇえええ! モザイクと白光の意味ないよっ!全然モザイク...

BLOOD-C 第十ニ話 「わすれじの」 感想

小夜の周りの人間は死んではいなかった、その人間は何か自身の目的のためにクラスメイトを演じているだけだった。 ある者は犯した犯罪を無かった事にもらうために。ある者はお金のために。ある者は自身の探求心を満たすために。 最終回、全ての謎が明らかになる?

BLOOD-C 第12話(最終回)「わすれじの」

ルールを破り更衣小夜に全てが仕組まれたものだった事を教えてしまった筒鳥香奈子、求衛ねね、求衛のの、時真慎一郎の4人の前に現れた全ての仕掛け人・七原文人。文人の姿に怯える香奈子たち。姿を見ただけで怯えるというのは、文人の権力がどんなに凄いのか、という事の...

BLOOD-C #12

【わすれじの】 BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:水樹奈々アニプレックス(2011-09-28)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 敗者になる?それとも勝者? 

BLOOD-C #12 最終回

『わすれじの』

BLOOD-C 第12話「わすれじの」

「殺したいのか、僕を  でもね まだその時じゃないんだ、小夜」 新たな戦いの幕開け――… 小夜の記憶が戻った事で実験は終了、この町を去る文人さん!    小夜を追い詰める香奈子先生たちの所へ現れ...

BLOOD-C 第12話「わすれじの」

BLOOD-Cの最終話を見ました。 第12話 わすれじの 「いいんですか?この状態で現れて」 「うん、まぁここまでになっちゃうと、ね…。小夜」 「文人、さん…」 「ハハッ、戻っちゃったかな…。コーヒー飲ん...

BLOOD-C 第12話(最終回) 感想「わすれじの」

本当の戦いはまだ始まったばかり---------!! 最後はまぁ予想通りの、映画に続くという前振りでしたけど、ひとまず分かったことと、明確になった敵の存在と思惑。 願いを込めた小夜の戦いと、その裏に隠れたもうひとつの存在。 こりゃ、映画を見ないと全体の評価...

BLOOD-C第12話(最終回)感想「わすれじの」

本当の戦いはまだ始まったばかり---------!!最後はまぁ予想通り映画に続くという前振りでしたけど、ひとまず分かったことと、明確になった敵の存在と思惑。願いを込めた小夜の戦いと...

BLOOD-C 12話(最終回)

メガネ探しの旅が、ついに始まる! というわけで、 「BLOOD-C」12話(最終回) さよなら絶望少女の巻。 わっしょいわしょしょい、グロ祭り。 何だろう、乾いた笑いしか出てこないや。 この全然う...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。