灼眼のシャナ III(Final)第7話 「神門」

嫉妬したヘカテーがシャナを討とうとしますが。
祭礼の蛇は、シャナを手元に置いておく理由を話して諭す。
炎髪灼眼の打ち手を滅ぼせば天壌の業火は別のものと契約してしまう。
なるほど考えてるんだw


▼ 灼眼のシャナ III(Final)第7話 「神門」  

一美もひさびさ登場♪
フィレスから渡された宝具なんてありましたね。
大事な人を守るための切り札なんですが…。
悠二にはフラれたようなものですから(汗)
なぜ使うかも分らないのに渡されたのか?
訊かれたカムシンが話したのは自分の過去ですね…。
愛し殺しあった怪物と王子の物語。
相手の望むことだけが愛ではない――。


祭礼の蛇は 本体を取り戻すべく三柱たちと神門の向こうへ。
シャナは見送るしかないのですが…



(7話終っての期待度&評価) 

期待レベル 3(おもしろい): +30点
ストーリー:3 キャラクター性:3 画:3 演出:3 声優:4 好感度:3 

(総合点:49 前回50)   

一美の出番がひさびさにあって良かったですw
すっかり宝具のことは忘れてましたが、今後重要なキーになりそうですね。


次回 第8話「開戦」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : 灼眼のシャナ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

なんか内輪もめしてるフレイムヘイズに比べると、バル・マスケは楽しそうですねw
金髪の吸血鬼っぽい美形は、原作に一枚も挿し絵がなかった「冀求の金掌(ききゅうのきんしょう)」マモンで確定のようです
なかなか厄介な自在法を使う、強敵です
いよいよ、次回からヴィルヘルミナたちの逆襲が始まるようで、燃えてきますね
アニメではちょっとわかりにくいですが、悠二についていったのはトリニティの他、教授、ドミノ、サブラク、ロフォカレ(スナフキン)です

>S様

そうそうバル・マスケは楽しんでますよねw

ヴィルヘルミナたちも復帰ですか。
楽しみです♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎灼眼のシャナIIIFinal第7話「神門」

ヘカテがシャナを狙ってくる。明主は、門を作ろうとしてた。ヘカテは、シュドナイが、お前が遊びの部分だといってた。明主の大命には不要。独断でシャナを狙う。明主は、タイメイシ...

灼眼のシャナIII -Final- 第7話

ヘカテーがシャナに襲い掛かる話。 現状のシャナではどうしようも無さそうな状態でしたが、流石に悠二が止めに入りましたね(笑)。 盟主が悠二と共にありシャナを生かしている理 ...

灼眼のシャナ III(Final)第7話 「神門」

嫉妬するヘカテーたんヾ(*´∀`*)ノ いやはや、能登さんボイスが素晴らしいです! 祭礼の蛇も一応の言い訳を言いますが、まぁ、悠二君の方は当たり前ですが私情バリバリですよねw 吉田さんの前に現れたの...

灼眼のシャナIII 第7話 「神門」

こんばんは、マサです。 遅くなりました・・・。 平日も休日もバタバタしとります。 ・・・って、そろそろ言っても良いかな。 今「引越し」のための準備で、休日がほとんどその対 ...

灼眼のシャナIII-Final-「第7話 神門」/ブログのエントリ

灼眼のシャナIII-Final-「第7話 神門」に関するブログのエントリページです。

灼眼のシャナIII 第7話

第7話『神門』[特典イラストブック付] 灼眼のシャナIII-FINAL- 第I巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]今回は・・・ヘカテーが暴走?

灼眼のシャナ?-FINAL- 第7話 神門

シャナ3期 第7話。 神門の開設、そして盟主本体を取り戻す旅へ―――。 以下感想

灼眼のシャナ〓-FINAL- #07 「神門」

再会と旅立ちの中で  どうも、管理人です。ここのところ、冗談抜きで深夜起きてるのが辛くなってきました。おかげで身体がバッキバッキになって、悪循環…。それでは感想です。 カムシン:「それも一つの愛……」  今回の話は、カムシン再登場&神門登場の話...

灼眼のシャナ? 第7話 悠二、面白顔芸演説を披露の末、神門へ!

■第7話 神門 さて前回は、ヘカテーが突発的にシャナ抹殺を実行に移して来た訳ですが・・・ 悠二、面白ポーズしている場合じゃ無いぞ!(><)

灼眼のシャナ〓-Final 7話

「神門」 今回より感想再開です。他の作品の感想をちゃんと書くかどうかは時間次第ですが。 祭礼の蛇が掲げる大命の第2段階は、久遠の陥穽に追放された祭礼の蛇本体を帰還させること。そのために追放された祭礼の蛇が最も近い座標を時間をかけてつき...

灼眼のシャナIII(Final) 第7話 神門 レビュー

おまえは… 要らない そう言ってシャナに襲いかかってきたヘカテー。 シャナが大ピンチだが、その頃、"祭礼の蛇"坂井悠二は尖塔の頂で 世界の狭間への入口の門を開けようとしていた。なんのこっちゃ…だが "祭礼の蛇"坂井悠二は秘法「久遠の陥穽」から放逐された真の 盟...

灼眼のシャナ III(Final) 第7話 感想「神門」

灼眼のシャナですが、シャナは襲われます。組織としてはシャナを生かしておくつもりですが、個人的に生かしておくげきではないと考えた独断専行のようです。組織の長である坂井悠二が止めますが、シャナをドレスアップさせて一緒にバルコニーまでエスコートします。(以下...

灼眼のシャナ?第7話「神門」の感想

 敵の本拠地・星黎殿に囚われの身となった我らがシャナたん。アラストールを取り上げられ、刀を奪われ、今は無力な一人の少女に過ぎないシャナたんにヘカテーが襲いかかる!しかしヘカテーは盟主の意に逆らってまでどうして?そこまで天壌の劫火と炎髪灼眼の討ち手を危険...

灼眼のシャナIII-FINAL- 第7話「神門」

灼眼のシャナIII-FINAL-の第7話を見ました 第7話 神門 「お前はいらない」 ヘカテーの思いが水色の炎弾となってシャナに襲いかかる。 「危険は取り除き、消し去ります」 炎弾で部屋の原型すらなくな...

灼眼のシャナIII 第07話 『神門』

ヘカテー突然どうしたの。折角捕まえたシャナを排除にかかる。女の嫉妬なのか、或いは単なる合理的判断か。ヘカテーがシャナを襲う↓悠二が助ける。↓シャナの悠二への反感が薄れる。泣いた赤鬼作戦?結果としてヘカテーナイスアシストって感じです。ヘカテーも一...

灼眼のシャナIII(Final) ~  第7話 神門

灼眼のシャナIII(Final) ~  第7話 神門 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(ぐぜ)の徒(ともがら)”という。自らを称して“渦...

灼眼のシャナⅢ 第7話「神門」

シャナのピンチに割って入るのはいいんだけど、 倒れたシャナの足元側に立ってしゃがんだら丸見えじゃん! そのポジショニング、絶対狙ってやってるよな?!

灼眼のシャナIII -FINAL- 第7話 神門

ヘカテーの襲撃の理由は、シャナの存在について、シュドナイは物事につきものの遊びの部分、ベルペオルは盟主の盟主の甘さも不可解も乗り越える事を自らに課しているが、自らはそ ...

灼眼のシャナIII(Final) 第7話「神門」

あらすじ・・・悠二は“祭礼の蛇”の本当の体を取り戻すために神門を開く。そこでベランダで燃えている枕に気付いた悠二はシャナが何者かに襲われていることを察する。悠二はヘカ ...

灼眼のシャナ?-Final- 7話

祭礼の蛇兄貴の超かっこいい決めポーズに痺れっぱなしです。 というわけで、 「灼眼のシャナ?-Final-」7話 徒決起集会の巻。 ヘカテーさんの屈辱。 何これ、完全にピエロなんですけど! 眼帯BBAと...

灼眼のシャナIII(Final) 第7話 「神門」 感想

大命詩篇 それは祭礼の蛇が祭礼の蛇自身の本体を取り戻すための自在法。 ―あらすじ― 人ならぬ者たちが、この世の日に陰に跋扈(ばっこ)している。 古き一人の詩人が与えた彼らの総称を、“紅世(...

灼眼のシャナ? 第7話 バーで酒飲む敵たちに癒されたぜ

独断でシャナを殺しにかかるヘカテー。

灼眼のシャナⅢ-Final- 第7話 「神門」

灼眼のシャナⅢ-Final- 第7話 「神門」です。 今週は、OPソングであるK

灼眼のシャナIII #7

【神門】 灼眼のシャナ SET1 〈期間限定生産〉 [DVD]出演:釘宮理恵ジェネオン・ユニバーサル(2011-01-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る いちいち悠二の顔に笑ってしまうのは何故? 

灼眼のシャナ? -Final- 第07話 感想

 灼眼のシャナ? -Final-  第07話 『神門』 感想  次のページへ

灼眼のシャナIII -FINAL- 第7話 「神門」

「似合ってるよ」 シャナが可愛すぎる(*´д`*) 間違いなくこれまでで一番可愛い^^ 悠二もこの可愛さにはご満悦なようですw この格好を悠二が選んだのなら、悠二はほんとイイ仕事をした! 悠二が盟主になって良かったなと思ってしまいました(つ∀`)

灼眼のシャナ?(Final)第7話感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/11/final-3efb.html

灼眼のシャナIII-Final- 第7話 「神門」 感想

悠二は、ネタキャラになっちゃたなぁ。 “紅世の王”ヘカテーの思いが水色の炎弾となってシャナに襲いかかる。 炎弾で部屋の原型すらなくなろうとしたとき、“祭礼の蛇”悠二が止めに入る。 彼の口からシ...

灼眼のシャナIII -FINAL- 第7話「神門」 感想

相手の望むことだけが愛ではない ヘカテーから襲撃を受けることになったシャナ。 仲裁に入った悠二からシャナは祭礼の蛇の目的を聞かされることになり。 一方御崎市に降り立ったカムシンと再会することになった一美。 自身の悩みとフィレスから預かった宝具についてカ...

【灼眼のシャナ?(Final) 第7話 神門 感想】

シャナのドレス姿が女神すぎて! いやー戦闘回前でもこういう武器があるのは強いですねー カムシンの語った王子の悲劇もなかなかに心に残る内容で、楽しめました。 シャナ三期良い感じです!