スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

僕達の愛も、僕達の罰もみんな分け合うんだ――。
ピングドラムを巡る運命の輪の物語も終幕に…。
呪われた子供たちは やはり何者にもなれないのか?


▼ 輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

見終わった段階では 正直 完全に理解したとは言いがたいです(^^;
分らないけれど それでいいんだという感想(笑)
幾原監督らしい、監督の作家性のでた作品でした♪
晶馬と冠葉が出あった日、生き残る者を選ぶ 運命の林檎は冠葉にだけあった。
でも冠葉は 林檎を二つに割って 晶馬と分け合ったのでした。


高倉の兄弟と妹は お互いに救いあっていたのですね。
始まりから全て罰だったんだ…。
でも その罰であったいっしょに暮らした日々は 掛け替えのない大事なもので。

「楽しかった、ありがとう。
返すよ、あの日兄貴が僕に分け与えたもの――-僕にくれた命。
僕達の愛も、僕達の罰も、みんな分け合うんだ。
これが、僕達の始まり――運命だったんだ」


晶馬の言葉に全てが集約されてますね。
冠葉は 彼を救おうとした陽毬に命を与えて消えていく。
乗り換えの呪文を唱えた苹果の炎を引き受け 晶馬も消える…。

運命の果実を、一緒に食べよう。

かくして運命の列車は行ってしまう。
呪いの輪の中に残る眞悧、 桃香は輪からは降りて歩き出すのでしょうか。

晶馬と冠葉のことは うっすらした記憶だけ陽毬たちに残し消えてしまった。
でも残されたヌイグルミに挟まれていた手紙。
『大スキだよ!!お兄ちゃんより』


記憶は無くしたけど 想いはどこか残ってるのでしょうか。
涙が止まらなくなる陽毬

そして 家の外には子供になった晶馬と冠葉の姿とペンギンたちがw
歩き出していく…どこかへ。


 
(24話終っての評価) 

期待レベル 3(おもしろい): +30点
ストーリー:4 キャラクター性:4 画:4 演出:4 声優:4 好感度:3 

(総合点:53)前回51   

誰かに見つけられ愛された子供たちは救われる。
そういう愛がテーマだったわけですね。

抽象的で最後までいろいろ考察させてくれた展開。
なんだこれ?と驚かせつつ見ないでいれな映像・演出。
どれもが変わることのない幾原監督らしい作品でした!
ここまで作家性を出す監督さんも今は稀なので、また別の作品も作って欲しいですね。
今度は10年後とかでなくねw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ ← 押していただけると、次も更新やる気でます♪
 にほんブログ村
関連記事

テーマ : 輪るピングドラム - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎輪るピングドラム24THSTATION「愛してる」

ショウマとカンバの回想。二人は、檻に閉じ込められてた。そして、カンバとショウマが列車で対面。ヒマリがベットごと登場。死んでいた。カ:まだ間に合う。コレが成功すれば助かる...

輪るピングドラム  全24話

さて、遅くなりましたが見終わっていた作品ですので感想です 私自身はセーラームーンを見ていた世代ですし (一番記憶にあるのはSやSsだと思いますw) 少女革命ウテナも好きな作品だったので期待してい...

輪るピングドラム 第24話 (最終話) 「愛してる」 感想

愛してる、愛してるよ、愛してるわ。 ビートルズの曲に 「All You Need Is Love」 という曲がありますが、 作品終了後にこのタイトルを連想しました。愛かぁ… ふっ(遠い目)

「輪るピングドラム」の最終回をセーラームーンR劇場版、セーラームーンS、少女革命ウテナを交えながら振り返る。

  全ては「愛してる」。この為にあった! ついに「輪るピングドラム」最終回。 今回の記事は最後の冠葉と晶馬の描写について セーラームーンR劇場版とセーラームーンS 少女革命ウテナを交えて考えて...

輪るピングドラム 24TH STATION 愛してる レビュー 最終話

冠葉と晶馬の回想 箱の中 10年前 *僕たちは出会った。でも、もう時間は残されてなかった。  飢えと乾きが僕たちに襲いかかる… 晶馬の箱の目の前のもう一つの箱の中には冠葉。二人は箱から 出る事もできず、何日も過ぎ飢えと乾きで死にそうになっていた。 今度眠った...

輪るピングドラム #24

ついに「輪るピングドラム」も最終回です。最終回なんですが、このところいろいろと忙しくて流して見ていたせいか、すっかりお話に置き去りにされてしまった感じでした。(;

プロの仕事(アイマスとかピングドラムとか)

【UN-GO 第11話(最終話)】爆破事件の完結編。事件の犯人はともかく、別天王を手に入れていたのが、あの刑事さんだったのは意外でしたね。つか、この世界の特殊能力のルールは分か ...

輪るピングドラム 第24話(最終回)迄 感想

かんちゃん、これがピングドラムだよ!! 壮絶!!まさに壮絶と言って良いと思う最終回でした。 自分が思っていたことと全く違う、本当に・・・壮絶でした。 ...

2011年12月終了アニメ感想(5)「輪るピングドラム」

輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]幾原邦彦 キングレコード 2012-01-25売り上げランキング : 103Amazonで詳しく見る by G-Tools   今期終了作品の中では、「ホライゾン」「UN-GO」 ...

「輪るピングドラム」第24話 最終回

【愛してる】 何者にもなれなかった者たちへ。 Amazon.co.jp ウィジェット

輪るピングドラム #24 「愛してる」

愛、それは分け合う物である…。 どうも、管理人です。とりあえず、時間がある内に記事の雛型を作っておかなければ…。 苹果:「運命の果実を一緒に食べよう!!」  最終回ということで、今回は色んな事が明らかになる話。前回の記事を上げた後に、コメ...

輪るピングドラム 第24話「愛してる」最終回 レビュー・感想

「愛してる」、この言葉が全ての始まりであり、終結への合図でもあった。『運命の果実を一緒に食べよう』 桃果の残した運命を乗り換える呪文、これもまた一つの愛の形を表し、冠 ...

輪るピングドラム 第24話(最終回) 『愛してる』 感想

「生存戦略」をテーマに描き切った最終回。 輪るピングドラム 第24話 『愛してる』 のレビューです。

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 感想

初めから、抽象的に終わると予想していたので、あんまりショックではなかったのですが、やっぱりよく分からなかったです 選ばれた子である冠葉は現実か、抽象世界かよく分からないけど、幼い時に箱の...

輪るピングドラム 第24話(最終回)「愛してる」

とうとう迎えた最終回。冠葉と昌馬の選択は!? 陽毬の命は!? 運命の乗り換えは成功できるのか!?

輪るピングドラム 第24話

 二人兄弟が犠牲になって、ヒマリちゃんとリンゴちゃんは生き残るエンド。女子が犠牲にならないのは、少女マンガだからかな。  まどかはまどかが犠牲になって、全世界と魔法少女が魔女になるシステムを改変するという、ある意味、主人公が犠牲になって世界が救われるエ...

輪るピングドラム 最終話

愛されるために。愛するために。

輪るピングドラム 第24話 (最終話)「愛してる」そしてしつこい感想

では 最終話のしつこい感想いきます。 まずは  ざっくり感想から どうぞ。。檻の中で 餓死寸前の冠葉と晶馬。 今度眠ったら 目覚めないかもしれないと・・・。 どんな状況なのよぉ(><)この箱は ...

【アニメ】輪るピングドラム 最終回 一番大切な言葉なら知っている!!

輪るピングドラム 24話「愛してる」 の感想を 過去に呪われた、「冠葉」「昌馬」「陽毬」「りんご」の4人 とらわれ続けた運命の中で導き出した答えは… そして”ピングドラム”の正体は、やはりアレだったんだな 『 輪るピングドラム 』の公式ホームページは?...

「輪るピングドラム」 24話 愛してる

こういう終わりになったかぁ。冠葉と晶馬が最後に来てなんだか「魔法少女まどか☆マギカ」のまどかのような印象になってしまったけど(特にこれまで何も出来なかった晶馬は)これが2010年代の象徴的な終わり...

「輪るピングドラム」(感想)

輪るピングドラム 上(2011/07/04)幾原 邦彦、高橋 慶 他商品詳細を見る  高校生たちがドタバタしているなというのが、序盤での印象。話の輪郭がじょじょに見えてきて、何となく形が出来あがったぐらいで最終...

【アニメ】輪るピングドラム 第24話(終)   やっとピングドラムの正体が明らかに! いい最終回だった

4428 名前:名無しになるもんっ♪ 投稿日:2011/12/23(金) 02:09:52 ID:??? どこの収容所だよ 4429 名前:ベルフローレ・浮き袋 投稿日:2011/12/23(金) 02:10:16 ID:??? カレーを食べてる方が本当の...

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

結局、何を伝えたかったんだろう・・・ なんか演出と音楽でイクニさんの「思い」をごまかされた感が強いです。 生きると言うことは、罰。 愛とは無償のものではない。 犠牲の ...

輪るピングドラム第24話(最終話)感想

記事はこちら(TBもこちらへ) 元記事はhttp://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2011/12/post-9e60.html

【幾原監督らしいラスト】『輪るピングドラム』最終回『愛してる』と『オリジナル作品の奥深さ』について!(今回晶馬と冠葉の2人が運命を請け負うラストでしたが『幾原監督らしいオリジナル作品』でした!)

    陽毬が語る 『ピングドラムの正体』                 冠ちゃん・・・ これが『ピングドラム』だよ!             &nbsp...

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」(終)

長い物語の全てが決着する。「輪るピングドラム」の最終話。 箱に入れられた晶馬と冠葉、飢えと渇きと死の恐怖が迫る。 テロの準備を進める冠葉を追って来た晶馬。 目の前の陽毬はすでに死んでいるが「...

輪るピングドラム 第24話(終) 『愛してる』

訳分からないのが、カッコイイ。と勘違いしたアニメは「新世紀エヴァンゲリオン」以降1990年代後半から2000年代前半に一杯あった気がします。謎を作って視聴者の気を引き続ける。そして広げた風呂敷畳めない。 あれにもこれにもそれにも意味があるに違いない。視聴者は何?...

アニメ「輪るピングドラム」 第24(最終)話 愛してる

輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray](2011/11/23)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る ねえ、僕達どこへ行く? アニメ「輪るピングドラム」第23話の簡易感想です。 簡易であるためあらすじはありません。

輪るピングドラム 第24話(最終回)「愛してる」感想

 輪るピングドラム、いよいよ最終回。すべてが終わった後、高倉3兄妹はどうなってしまうのでしょうか…?タイトルが何故「輪るピングドラム」なのかも明らかにされていきます。正直1回観ただけでは何がどうなっているのかはっきり分からないところもあるので...

輪るピングドラム 第24話 「運命の至る場所」 感想

謎と不思議と目いっぱいの愛と。 堂々の完結でした。

【輪るピングドラム】最終話 さて、もう一度1話から観返すとするか

輪るピングドラム #24 愛してる 841 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/24(土) 03:22:46.47 ID:pREMy6I20 何かもう分け分からないけどすごかった 953 名...

輪るピングドラム 第24話「愛してる」

十年前、箱の中で出会った冠葉と晶馬―― 空腹のまま長い時間をすごし精神的にも追い詰められていた… 何とか生きていたのはお互いに呼びかけ話をしていたからですかね… 次に眠ったらもう目覚めないような気が...

アニメ 輪るピングドラム 第24話「愛してる」(最終回) 感想

映像、音楽、ちりばめられたメタ表現、意味を求めてはいけないのかも知れません。考え

輪るピングドラム #24

【愛してる】 輪るピングドラム 4(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2012-01-25)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが僕達の始まり、運命だったんだ! 

輪るピングドラム 24話感想(終)

やっぱり最終回は想像してた以上に難しかったです。でもこの作品は凄い綺麗で、素敵な作品でした・・・

輪るピングドラム 第24話(最終回)「愛してる」

あらすじ・・・帽子に導かれて運命を乗り換える電車に乗り込んだ昌馬。そして帽子は陽毬の頭に乗ると生存戦略を開始する。一方、運命を乗り換える電車に遅れて乗り込んで来た苹果 ...

『輪るピングドラム』#24「愛してる」(最終回)

「運命の果実を一緒に食べよう!!」 黒いウサギが世界を壊すのをとめられるのは、冠葉と晶馬しかいない。 そう桃果の声のペンギン帽に言われて、 運命の至る場所へと向かう列車に乗り込んだ晶馬。 だがそこにいた冠葉は、陽毬を救うための眞悧の作戦に否はなかった。

輪るピングドラム 24話感想・後半

前半感想(運命列車のなかで晶馬・陽毬兄妹が冠葉を救うまで)の続きです。 ここからは苹果ちゃんも登場します。 涙腺爆発のクライマックスから、アニメ史に燦然と輝き続けるであろう、美しすぎるエンディ...

輪るピングドラム 24話感想・前半

運命の子供たちをめぐる不思議な物語も、今回でついに最終回を迎えました。 毎回楽しく視聴していたので、とても名残惜しい…、でも(前回感想に冗談で書いた)劇場版に続くみたいな中途半端な終わり方じゃな...

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」

第24話 「愛してる」 見終わってすべてを理解できたとは思いません。分からない部分の方が多いんじゃないかしら? でもそれでいいのかな、と。結末の捉え方は見た人それぞれが感じたままでいいのではな...

輪るピングドラム:24話感想&総括

輪るピングドラムの感想です。 悲しい物語だったなあ…。

輪るピングドラム 24TH STATION(最終回)「愛してる」

10年前、箱の中。飢えと乾きに苦しむ高倉晶馬は、目の前の箱の中にいる高倉冠葉と言葉を交わす。このまま眠ればもう目覚めない気がすると感じる二人。黒いテディを配置するKIGAの会の男たちと行動を共にする冠葉の下へとやってきた晶馬は、高倉陽毬を返せと詰め寄る。天蓋...

輪るピングドラム 第24話・最終回 感想「愛してる」

輪るピングドラムですが、陽鞠をめぐって冠葉と晶馬の対決となるようです。苹果も重要な役割を果たしますが、最初の方の頃と違って一番まともなキャラになりつつあります。(以下に続きます)

輪るピングドラム 24話

見事なまでの、大団円!

【幾原監督らしいラスト】『輪るピングドラム』最終回『愛してる』と『オリジナル作品の奥深さ』について!(今回晶馬と冠葉の2人が運命を請け負うラストでしたが『幾原監督らしいオリジナル作品』でした!)

    陽毬が語る 『ピングドラムの正体』                 冠ちゃん・・・ これが『ピングドラム』だよ!             &nbsp...

輪るピングドラム 第二十四話 感想

運命の果実を一緒に食べよう! 「輪るピングドラム」第二十四話感想です。 輪るピングドラム 上(2011/07/04)幾原 邦彦、高橋 慶 他商品詳細を見る

輪るピングドラム 最終回

箱の中に閉じ込められている幼い冠葉と晶馬。 二人は、何日も飲まず食わずで限界に達していた。 運命の列車に乗る冠葉と組織の人間たち・・・ そこに晶馬が現れる。 冠葉は晶馬に言われて、陽毬の姿を見せる。 そこには、ベッドに横たわり、生命維持装置も死亡を知ら...

輪るピングドラム 24TH STATION 「愛してる」 感想

「運命の果実を一緒に食べよう」 つまりジョバンニとカンパネルラがパージでコクーンという事だろ? ピンドラも遂に最終回。 が、抽象的すぎてちょっと理解が及ばないぜ。 林檎は命とか愛のメタファーで...

愛してる

二人の願い(大切な人に伝えて欲しい言葉→大スキだよ)が叶ったことを考えれば、この結末はハッピーエンドなんでしょう。 ピングドラムとは林檎のこと。 つってもこれはさす ...

「輪るピングドラム」第24話(終)

運命の乗り換えに、成功… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230003/ 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray] 幾原邦彦 キングレコード 2011-12-21 売り上げランキング : 81 Amazonで...

輪るピングドラム 第24話 愛してる

晶馬と冠葉が出会った時、死を目前にした2人ですが、生き残る者を選ぶ事になる運命の果実は冠葉にだけあった。 ですが、冠葉は運命の果実を2つに割って、晶馬と分け合った。 高倉 ...

【総評】 輪るピングドラム

輪るピングドラム    放送開始:2011年07月

輪るピングドラム第24話(最終回)『愛してる』の感想レビュー

予想の斜め上というか、想像すらしていなかった凄いラストでした。 運命の乗り換えがそこまでの変化を暗示していたとは…なんという鳥肌生存戦略…!! 正直、Aパートが終わった段階では、めちゃくちゃ盛り上がってるけどどう解釈すればいいのかよく判らないなぁ…と思っ...

輪るピングドラム 第24話(最終話)「愛してる」感想

イマージーン!ご想像にお任せします。 これは見る人ごとのピングドラム解釈が生まれそうですね。 最終話までこうして見終わった訳ですが  暗喩が多用されていて 毎回色々想像出来て凄く楽しかったです。 例えば この作品ではいくつかのキーワードが出てきましたが それ…

輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 (最終話)

どうしたのものかな、これ。

輪るピングドラム 24話(最終回)

開始当初から頭を抱えさせられたこの作品もついに最終回。 運命の果実を分けることの意味。高倉家の運命。 全てが語られたわけではありませんが、後は視聴者に委ねられたと言う印象。 というわけで、自分なりの解釈という名の妄想を書き連ねたいと思いますw 冠葉?...

輪るピングドラム 24話(最終回)

ありがとう、ございました! というわけで、 「輪るピングドラム」24話(最終回) ぶっ生き返すの巻。 大逆転。それもまた、運命。 さすがに全員生存ルートまでは辿り着けなかったけど、 転生でき...

輪るピングドラム 第24話(最終回) あらすじ感想「愛してる」

毎回色んな考察をさせてくれて、予想の斜め前を行く展開を楽しませてくれた今作も最終回。 果たしてどんなラストになるのか? 楽しみで仕方ない反面、終わってしまうのも寂しいというアニメでした。 10年前の檻の中-----。 ここで何日過ぎたのか? 何も食...

輪るピングドラム第24話(最終回)あらす...

毎回色んな考察をさせてくれて、予想の斜め前を行く展開を楽しませてくれた今作も最終回。果たしてどんなラストになるのか?楽しみで仕方ない反面、終わってしまうのも寂しいという...

輪るピングドラム 24 「愛してる」

輪るピングドラム 24th STATION 「愛してる」 です。 『輪るピングド

輪るピングドラム 第1話 ~第24話 愛してる

輪るピングドラム  第1話 ~ 第24話 愛してる 最終回 両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の陽毬。陽毬は不治の病に冒されており、担当医の鷲塚医師から余命が長くないと宣告される。数日後、自宅へ帰って?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。