プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」

私の命にかえて守る――。
倭の国から来た護衛の巫女・神楽。
使命だからとプリーシアにストーカー状態でずっと監視状態。
苛立ったプリーシアは、離れて護衛させるために神楽に決闘を挑む…。

ってことで巫女の神楽ちゃんの話し。
ハヤウェイの妹・フィーリアも登場、ブラコンでプリーシアのライバルに(?)

▼ EPISODE-04 『騎士たちの誇り』

神楽は護衛の使命に忠実すぎ…
無口・無表情系の巫女さんです。

もう一人のフィーリアは、ハヤウェイにブラコン(?)な妹。
だらしない兄が放っておけないと強引に学校に住み込むます。
料理の方は見た目はグロいけど味はいいものを作るみたい。

決闘を前に激励パーティーを開き、神楽のために倭の国の料理を作るけど…
タコや魚の刺さったカラフルなアレは…オニギリなのか?(^^;

プリーシアと神楽の決闘は、魔法を使わず、武器だけのもの。
弓の神楽の方がふりで追詰められるが、プリーシアが足をくじいてしまう…。
それでもプリーシアは戦うことを止めない。

その時、決闘場所の体育館(?)が火事となる。
プリーシアの正体を確かめようとしたブリジットが放ったもの…いちおう任務覚えてたのか(笑)
 
 
火事でも決闘をつづけるプリーシア。
ハヤウェイは、決闘をつづける二人を助けに火事の中に飛び込む。
助ける方法も考えてないし、さらに犠牲が増えるだけのような。

「私の命にかえて守る」
火事の中でもプリーシアを守ろうとする神楽。護衛の鑑ですが…。

華鈴先生が火事を鎮火して、3人は助けられる。
ムチャしたハヤウェイは叱られ、決闘場所にいた生徒全員が罰の掃除をさせられる。

神楽は、傷ついても戦うプリーシアに感服したと、距離を置いて守ることにします。
ちょっと離れただけですけど(^^;

次回 第5話 『騎士たちの試練』
 

■TB先リンク■
たこの感想文

http://mikage17.blog15.fc2.com/blog-entry-2586.html
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
【要注意】トラックバック受信がミラーのみのブログからのTBはご遠慮ください。 →注意事項はこちら


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリズム・アーク 。。。。 EPISODE 04 騎士たちの誇り

神楽の選んだ決闘の得物は 弓。レイピアは突く剣。弓は 飛び道具。そもそも 一対一の決闘に 持ち出す武器には 不釣合いなのは 判っていますが、これが リアルだったら 神楽は プリーシアに勝つのはいいですが 怪我させないつもりで 望んだ、と思えたりします。まぁ...

プリズム・アーク 第4話

今回は、プリーシアと神楽が魔法なしで勝負をするお話でした。使命による護衛らしい神楽ですが、確かにあれだけつきまとわれると流石にねぇ。弓対レイピアの勝負はなかなか見ごたえがありました。ハヤウェイの部屋を掃除するフィーリア。今日こそお片づけ、モップ....

プリズムアーク4話「騎士たちの誇り」

冒頭のモモーイのインパクトが中々凄かった。と思ったら、ハヤウェイの妹なんですね。ハヤウェイって作品内で浮いてる存在だと解釈してたけど、妹の存在で地に着いてる部分もあるんだなぁとか勝手に思った。今まで

プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」

プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」

『PRISM ARK』第4の回想

PRISM ARK『騎士たちの誇り』個人的な感想等

プリズム・アーク 第04話「騎士たちの誇り」

俺の愛した作画よカムバァァァック!。・゚・(ノД`)・゚・。ベルカ式よりは良かったんですが、所々結構崩れてたのが残念orzハヤウェイの妹が登場しました。フィーリア@モモーイ。しかも奨学生として学園に編入、なかなかのブラコンのようですw ハヤウェイはちょ....

プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」

いきなり新キャラ登場。彼女はハヤウェイの妹のようです。あのハヤウェイですら妹のフィーリアには頭が上がらない様子。なにかとんでもない力でも秘めてるんだろうか。それにしてもこの世界のキャラはどの子もあり

プリズム・アーク#04

「騎士たちの誇り」 桃井参入。【関連商品】 ゲーム「プリズム・アーク」オープニング主題歌/TVアニメ「プリズム・アーク」エンディグテーマ 「悠遠のアミュレット/オペラファンタジア」【初回限定盤】(

みなみけ 第4話「恋もよう」

「みなみけ」第4話はサブタイ通りに三つの恋模様を描くが、春香への保坂の勘違い恋慕の様はマキの言うように確かに「気持ち悪い」キモイと切り捨てずに、「気持ち悪い」と丁寧に蔑むのがミソなのだろう。子持ちと勘違いされたままの春香にとっては、奥手だし恋に至る要素が

プリズム・アーク 第四話

 プリーシアの護衛として呼ばれたらしい神楽。その常時監視にプリーシアは辟易。常に

プリズムアーク 第4話

[プリーシアは、四六時中護衛のために監視している神楽をうとましく思い、これ以上近づくな、と神楽に求めるが、神楽は聞こうとしない。思い余って決闘によって譲歩を引き出そう、とプリーシアは提案してきた。これを受ける神

■プリズム・アーク 第4話「騎士たちの誇り」

 むー、お話がちっとも進まないなあ。  登場人物は増えて行ってるから、一応進んではいるのでしょうけど、どうにも実感が伴わないとゆーか。  プリーシアもハヤウェイ